ブログBLOG

冬や梅雨の結露カビを防ぐにはまずサッシの排水口を掃除する

UPDATE:2016.06.16
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅の窓も言うなれば「壁の一部」

なので、壁と同じくらい断熱性があれば

結露などある程度防げるのですが

古い戸建てやマンションなどの窓は

ガラスが一枚だけのことが多いです。

 

1 (156)

 

そうした窓は冬や梅雨にどうしても結露が発生し

窓周りがいつも濡れていて

カーテンや窓枠、ガラスやサッシについた

ホコリにまでカビが発生することもあります。

 

こうした断熱性の低いサッシのカビ対策は

まずサッシの排水口を清掃しましょう。

 

サッシには水抜き機能がある

サッシには水抜き機能がある

 

アルミサッシは結露をするので

溜まった水を受けて外に流す

構造になっているのをご存じですか。

 

古いサッシですと、レールが切れていて

そこから自然に流れます。

 

ちょっと前のサッシだと

溝自体に穴が空いていたり

レールの底に穴が空いていたり

 

いずれもサッシが結露して

水が下に流れたあと

うまく外部に排出される構造に

つくられているんです。

 

サッシは掃除するもの

サッシは掃除するもの

 

この排水の為の穴が

ホコリやゴミでふさがっている

ことがたまにあります。

 

ホコリと結露の水で固まってしまったり

ペットの毛が詰まってしまったり。

 

そうなると結露した水は

レールをあふれ出し、

窓枠やカーテンなどを濡らして

カビを生やせてしまったりするのです。

 

なので結露のシーズンになったら

まずはサッシのレールを掃除して

排水穴が詰まってないか確認して下さい。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

サッシはもともと結露して水がたまる

前提で排水できる構造になっています。

 

しかし、ホコリやペットの毛などが

結露の水分を含んでしまい

排水部分が詰まってしまう場合があります。

 

結露によるカビが気になるシーズンに

なるまえに、ご自宅のサッシのレールの

掃除をしながら排水を確認してみては

いかがでしょうか。

 

関連ブログ

喘息とカビの関係

カビやダニの季節ですね

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.06.16
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029