ブログBLOG

家づくりは家族で話し会う絶好の機会です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家づくりを始めるきっかけは

結婚だったり、同居だったり

子供が出来たり、子供の成長だったり

様々ですが

 

家づくりで一番失敗するのは

一緒に住む人を抜きにして進める家づくりです。

 

たとえば、ご主人が忙しいからと

奥様だけで話しを進めてしまったり

ご主人が性能やデザインにこだわり過ぎて

奥様が打ち合わせにうまく参加できなかったり

色々です。

 

こうした住まい作りは

どうしてもあとで歪みやしわ寄せが出てきます。

また、当時は出てこなくても

住まい始めてから少しずつおかしくなる事もあります。

 

せっかく家族が一つの目的に向かって

幸せのゴールを目指し進むプロジェクトなのに

みんなで話し会わないなんてもったいないと

思いませんか?

 

今日は「家づくりにおける家族の話しあい」

についてお話しします。

 

なぜ家づくりにおける家族の話し合いが大事か

なぜ家づくりにおける家族の話し合いが大事か

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

極論をいうと、夫婦とはまったく別の生い立ちがあり

違う生活をへて大人となり、結婚をするものです。

なるべく近い価値観の相手を探すものですが

そうでない場合も沢山あります。

 

そしてお互いを尊重し、思いやり、歩み寄ることで

よい夫婦関係が築けるのだと思います。

 

しかし、

家づくりは、その後の人生を過ごす場所

すなわち

「これからの家族の生い立ちを一緒につくる場所」

をつくる作業です。

 

それは、それぞれに

違った生い立ちを過ごしてきた人が

はじめてそれぞれの価値観や理想をもちよって

お互いの想いをあつめてつくる

これからの「生い立ちの場」なのです。

 

そんな大切なものを、一緒に住むみんなで考えず

誰か一人の考えや、一部の家族だけで

進めると一体どうなってしまうのでしょうか。

 

当然ながら、家族の歯車はうまくかみ合いませんし

家づくりに関わらなかった人には

その家に愛着が持てるわけがありません。

 

そこまで言わなくても

関わったほうが確実に愛着が持てるし

満足度も上がるのは間違いないことです。

 

家づくり羅針盤

家づくり羅針盤

 

家づくりを住宅会社に相談すると

家族の想いをまとめるシートのようなものを

渡されることがあります。

 

これは「家族の夢」を棚卸ししたり

設計者が家族の想いをくみ取るためや、

まとめたりする為のシートなのですが

家族で一枚のことが多いと思います。

 

しかし、家づくりには関わる人それぞれの

想いや生い立ちがあるものなので

それぞれが一枚ずつ書くことが

一番、深掘りできますし、一人ひとりの棚おろしも

しっかりすることが出来ます。

 

このシートを家族で一枚となってしまうと

家づくりの主導権をもっている人が

結局、書き込むかたちとなってしまい

完成したシートを他の家族に見せるだけ、

もしくは一人で記入して進めてしまう

ということにもなりかねません。

 

そこには家族全員が参加する家づくりは

まったく感じられないものになるでしょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しかし、

家族の一人一人がシートを記入することで

いままで家族が知らなかった、個人の想いが

浮き彫りになってきたります。

 

たとえ夫婦で全てわかっているつもりでも

「そんなことを思っていたんだ!」

「そんな夢があったんだ!」

ということが一つや二つではなく見つかることがあります。

 

これこそが、家族の距離を近づけることになり

全員が家づくりに参加するということであり。

こうした内容をひとつひとつお互いに理解しながら

家づくりというものは進めなければ

よりよい住まいは出来ないのです。

 

場合によっては、小学校低学年でも

一人一枚書いて頂くこともあります。

 

そうしたシートに書いたこと

全員の理想を少しずつで結構なので

全部否定せずに盛り込んであげて下さい。

 

最後にまとめあげるのは設計士やプランナーの技量ですが

家族みんなが家づくりに関わったという満足感は

なにものにも代えがたい思い出となりますし

完成した住まいも、より満足いくものとなるでしょう。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

なんだか一気に書き綴った今日のブログですが

文章が多少滅裂なところはお許し下さい。

 

なにより家づくりは住まう家族全員が

関わることがとっても大事です。

 

家族が忙しいとか、関心がないからとかで

一人で進めるのではなく、

家族が関われるように考えて進めることが大事です。

 

完成したあとの住まいでは

家族全員の「生い立ち」をつくる大切な場所です。

是非、全員が関わって、

「みんなでより幸せになる」という夢に向かって

とことん話しあうことがとっても大事です。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

新築やリフォームのご相談の方には

「家づくり羅針盤」というシートをお渡ししておりますが

このシートこそ、家族みんな、それぞれがじっくり取り組んで

書いて頂きたいシートです。

 

一見、家づくりには関係ないような質問もありますが

それは住まう家族がお互いを知る上で大切な質問だったりします。

 

家づくりは一つの目標にむかって

家族でじっくり話し会う絶好の機会です。

 

そうした話し合いを大切にしながら

家づくりを大成功させたいですよね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ちなみにこれ

何にみえますか?

 

先日、起き上がりこぶしをつくるワークショップに参加したのですが

 

ダルマと富士山です。

誰ですか!茄子って言ってるのは!

 

そうそう、この富士山を作った日に

なんと、富士山の山頂の浅間大社の例祭に

誘われて、8月に登頂することになったのでした。

 

不思議ですね~!

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。