ブログBLOG

床暖房対応無垢の木のフローリングは結局なにがオススメなのか

UPDATE:2016.04.02
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代住宅では欠かせなくなりつつある床暖房。

しかし、

自然素材である無垢のフローリングで選ぶとなると

まだまだ選択肢が少ない素材となってしまいます。

 

今日は無垢の木のフローリングのなかで

床暖房でも使える無垢の木のフローリングについて

お話しをしますが、結局僕が一番だと思う

床暖房対応フローリングについても書いてますので

是非最後まで読んでみてください。

 

床暖房対応フローリングとそうでないもの

床暖房対応フローリングとそうでないもの

 

床暖房対応フローリングとは

温度上昇によるソリや伸びたり縮んだりする

「動き」や「暴れ」などを極力少なくなるように

加工されたフローリングのことを言います。

 

一般的には杉や桧などの針葉樹よりも

クリやタモなどの広葉樹のほうが多く

樹脂を注入したり、油分を抜いたり

燻煙乾燥をしたり、防湿処理をしたり

何らかの二次加工をしてるものが多いです。

 

そうしたものは、木本来の持っている

香りや調湿などの効果が落ちていたり

自然素材であっても自然素材ではない

工業生産品と思って良いかもしれません。

 

床暖房対応フローリングの含水率は

5%以下であることが望ましいとされ

通常の無垢のフローリングについては

15%程度で良いことを考えると

乾燥度はかなり高いと言えます。

 

床暖房の種類

床暖房の種類

 

床暖房には温水式、電気式、蓄熱式などがあり

温水式といっても、低温水式と高温水式があります。

 

しかし、低温水式の場合でも、作動直後の

立ち上がりに温水が高温になるものもあり

そうした床暖房の特性を確認をしながら

そうしたものに対応出来るか見極めなければなりません。

 

電気式の床暖房でも種類があり

電気ヒーター式とカーボンフィルムヒーター式がありますが

カーボンフィルムヒーターのほうが設定温度が低いので

選べるフローリングの幅が広がります。

 

床暖房におすすめの無垢のフローリング

床暖房におすすめの無垢のフローリング

 

ここまで色々と書きましたが

一般的に床暖房対応の無垢のフローリングは

市場に「納得できる素材」はほとんど見当たりません。

 

「納得できる素材」とは、無垢の木本来の艶や香りが

しっかりと残っているものという意味です。

 

「床暖房用無垢フローリングにそんなものはない!」

という専門家もいらっしゃると思いますが、

私もなかば諦めかけておりました。

 

しかし、奈良の製剤所で丁寧に作られた

無垢の桧のフローリングに出会ってからは

床暖房をご希望されるお客様には

必ずこちらをオススメして採用しています。

 

PA140235

 

香りや色つやがしっかりと残っている

美しい桧の無垢フローリングです。

 

なぜこうしたものが作れるのかというと

秘密はこちらのブログをご覧下さい。

 

ブログ

無垢の木で床暖房対応フローリングは手間ひまかければここまで美しい

自然素材無垢のフローリングの代表選手、杉と桧の特性を知る

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.04.02
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029