ブログBLOG

残雪の白毛門から巻機山 途中敗退

UPDATE:2016.04.15
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日は残雪の春山を満喫すべく

白毛門から巻機山まで縦走に挑戦してきました。

 

結果は雪の状況と天候で途中敗退でしたが

久しぶりに春の日差したっぷりの残雪の山を

満喫することが出来て大満足でした。

 

ルート

ルート

 

今回のルートは群馬県の谷川連峰の

馬蹄形東側をまっすぐ北に突き抜け、

新潟県魚沼市の巻機山にたどり着くコース

 

P4080006 - コピー

 

このコースはいわゆる一般登山道がなく

ヤブに覆われて、雪のない時期は

進むことがほぼ不可能です。

 

また、豪雪地帯のこのエリアは

天候も不安定で厳冬期に入ることも許されず

まさに、春に天候が安定したタイミングで

尚且つ、雪崩れの危険性が低い残雪の

限られた期間にしか入れないコースです。

 

でも雪があれば良いわけではなく

雪が少なく腐ってくると雪を踏み抜いて

ヤブに足を取られる「踏み抜き地獄」に陥り

距離を稼げなくなったりします。

 

なので、天候、雪の状況、体力など

様々な要素を複合的に検討して行かなければなりません。

 

WS000000

 

これは計画した地形図のデータです。

(実際は1/25000まで拡大して持参)

東側の赤いコースが本来のコース

西側の赤いコースは有事の際のエスケープルートです。

 

斜め左に傾く直線は磁北線で

磁石が実際に指す北の方向です。

間隔は1kmに設定しているので

全行程水平距離は16kmになります。

 

日程は3日+1日(予備日)

入山は土合駅に車を停めて

巻機山から清水に降りたらタクシーを呼び

タクシーでJR上越線の塩沢駅まで行き

そこから上越線で土合駅まで戻る計画です。

 

 

準備

準備

 

計画書、食料計画、装備はこの通り

 

WS000001

 

WS000002

 

昼食や予備食は軽量化の為に

ゼリーやエネルギーバー系です。

 

P4060002

 

初日と2日目は豚肉と野菜の鍋と

アルファー米で朝食はラーメンと餅

最終日の夜はサラスパペペロンチーノです。

 

なぜサラスパかというと、ゆでる時間分

燃料のガスがもったいないからです。

 

水も雪を溶かして調達するので

ガスも少し多めに持参(3コ)持参です。

 

春山で忘れてはいけないのがコレ

 

P4060004

 

晴れて気温が上がると食べたく成る

練乳かき氷をつくります。

カロリーが高いので遭難時には食料となります。

 

初日

初日

 

前日は級友と久しぶりに二人で食事でした。

友人は調剤薬局を多店舗展開している社長ですが

子供の教育の関係で奥様と子供はハワイに住んでます。

 

その為夕飯はいつも外食。

ついに肝臓の数値が上がり、

お酒を控え気味にしなければならないと言っていました。

 

僕も今日はあまり呑めないので

二人でビール数杯であとはお茶にするという

普段ではあまりないことでしたが

おかげで翌日は3時に起床して出発しました。

 

装備は4日分なのでザックの重さは25kgくらい

かなり重いですが、頑張って登ります。

当然初日が一番重く

なおかつ稜線上へ上がるまでキツイ登りが続きます。

 

白毛門まで計画通り4時間でしたが

もうへろへろ状態。

久しく重い荷物を担いでおらず

身体が慣れていないのでギシギシきしんでます。

 

P4080021

白毛門山頂で自撮

 

天候は初日の午後から回復し

明日は快晴のはずですが

明後日から下り坂。

 

これからどう天候を読んで

朝日岳から先につっこむか戻るか決めます。

 

P4080026

少しずつ天候が回復

 

P4080047

 

今日は笠ヶ岳に宿泊予定でしたが

頑張って檜倉山まで行こうとしてたのですが

とんでもないです。

 

P4080046

今日は笠ヶ岳で行動終了としました。

 

P4080051

 

ここは避難小屋があり、

翌日からの工程を考えると

テントを濡らして重くしたくないので

ちょっと気持ち悪いですが避難小屋に

一人で泊まることにしました。

 

P4080034

 

避難小屋なので、過去に様々な出来事が

ここで繰り広げられたはずですが

遭難騒ぎや死亡事故等を考えると

あまり落ち着かないと思われますが

疲れからか、とっても居心地よく過ごしました。

 

ウイスキーは750ml持ってきたので

今日は250mlまで呑んで良い日です。

ちびちび一人で飲みながら鍋をつつきます。

 

P4080057

 

そういえば山で一人でいるときに

一体何を考えているかなぁと思うと

実際には何も考えていません。

完全に解放されてリセットしてます。

 

P4080041

 

好きな本を一冊もってきて

酒を呑み、本を読み、風の音を聞いているだけです。

 

昔は山で単独行者と会うと

「友達がいないのか?」と思っていましたが

実際に自分が一人で山に入っていると

ものすごく気楽で解放されます。

危険がなければどこでも一人で行きたいくらいですが

やはり、山はなるべく複数で行った方が安全です。

 

夜中に一人で寝袋の中で寝ていましたが

なんどか寝袋に入って寝返りをうつ音を

隣で聴いた気がして、気になってしまいました。

 

もしかしたら遅くに入った人がいるのではないかと

電気をつけて内部を確認しましたが

誰もいませんでした。

 

2日目

2日目

 

今日が一番しんどい日です。

このまま北上し、朝日岳を越えてジャンクションピークに向かいます。

 

天気図の予想からいくと今日は快晴。

しかし明日から下り坂です。

今日の快晴で温度があがれば雪が溶けて腐ります。

ジャンクションピークまで行った時点で考えることにして

朝6時に出発しました。

 

P4090068

 

天候は予報通り良さそうです。

朝のうちは雪にアイゼンがしっかり効いて

心地よいですが昨日の疲労が

しっかり両足に残っています。

 

P4090081

 

雪の状態も安定しており

しっかりと尾根を歩けば危険がありません。

しかし、随所で踏み抜きが始まり

風が強くなってきました。

 

1時間程度で朝日岳を越えて

ジャンクションピークまできました。

 

ここから先へ進んだら戻ることは

あまり考えられないので慎重に

状況判断をします。

 

今日の天候は好天ですが風がなり強く

気温はこれからどんどん上昇する模様

明日は終日ガスか降雪のはずです。

 

気温の上昇で雪が溶けて

今よりさらに踏み抜きが始まると

身動きが出来なくなることと

明日からの天候悪化を考えると

一人で行くのは危険と判断し

残念ながら撤退を決めました。

 

P4090092

ジャンクションピークでピッケル自撮り

 

行けば良かったかな~とか

戻って正解だよな~とか

考えながらルートを戻ります。

 

P4090100

こんなとこ乗って落ちたらひとたまりもない

 

P4090101

ウツボギ沢原頭部

ここから山スキーで下れるコース

今度は山スキー担いで来よう。

 

どうも暑いと思ったら

気温は15度近くまで上昇していました。

 

せっかくなので練乳かき氷を食べます。

 

P4090104

 

うまい!ですがすぐに頭がきーんとなり

一杯だけで終わってしまいました。

 

最後に

最後に

 

今回は残雪期の単独縦走でしたので

1ヶ月まえから想像してはニヤニヤしていました。

 

残念ながら途中敗退となりましたが

2日目の好天で天上の絶景を

一人で満喫することができて大いに満足でした。

 

GW前に残雪の山にもう一度くらい

入りたいなぁと毎晩計画を練っています。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

今日は大安吉日でT様邸の地鎮祭でした!

実は今日は僕の誕生日だったのですが

地鎮祭後の「あざない式」でまさかのバースデーサプライズ!!

 

IMG_7023

 

感動で泣きそうになってシマイマシタ・・・。

お祝いしたつもりがお祝いして頂けるなんて・・・

本当に幸せもんだと思います。

ますます周りに幸せを届けられるような大人、会社になれるよう

また一年頑張ります!

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.04.15
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029