ブログBLOG

狭小住宅に関するよくある質問

UPDATE:2016.04.16
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土地は広くないと良い家が出来ない

そう思っていませんか。

 

1 (92)

 

たしかに広ければ余裕ができますが

広い収納に物が溢れるように

広い家は広い家なりに狭くなります。

 

なので狭い家、つまり狭小住宅でも

住まい方で快適に暮らすことは

不可能ではありません。

 

今日は狭小住宅についてお話しします。

 

何坪以上なら家が建つか

何坪以上なら家が建つか

 

狭い敷地でも計画によっては

ちゃんと住むことが出来る

家を設計することが可能です。

 

10坪でも可能という建築家もおりますが、

やはり15坪はあると良いと思います。

 

小さい家でも地震に強くできるか

小さい家でも地震に強くできるか

 

細長い建物は安定しづいらですが

地下室をうまく活用して安定させることが出来ます。

地下室があるということは

基礎が地中深く入っているということなので

建物としてはかなり安定させることが可能です。

 

狭小住宅は価格が割高か

狭小住宅は価格が割高か

 

住宅として機能させる場合には

当然ながらお風呂や洗面、トイレ、キッチンなど

必要な住宅設備を設置しなければなりません。

 

その為、小さな建物の全体予算に占める割合は

どうしても高くなってしまいます。

 

そのせいで坪単価が上がりますので

割高な感じはあります。

 

しかしどうしても面積が限られるので

通常の坪単価などとは比較対象になりません。

 

まったく違うものだと思って

ご自身の予算と費用対効果を考えて下さい。

 

構造は何でも出来るか

構造は何でも出来るか

 

狭小地での建築は

敷地をめい一杯使うとなると

やはり木造となります。

 

理由は鉄筋コンクリートだと

敷地からの距離を木造よりも

広くとらないと施工が難しいからです。

 

敷地が狭いと具体的に施工可能な

寸法というものまで影響してきますので

コストと施工技術のバランスを見極めながら

決定していくことが大切です。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

狭小住宅は最低限の広さで15坪あれば

住宅を計画することが可能です。

それ以下ですとかなり割り切りが必要ですし

プライバシーを確保することも

少々難しくなってきます。

 

また、敷地境界線からの距離なども

施工方法でシビアに変化してきますので

施工技術や知識をもっている建築家や

施工会社でないと少しでも広い設計は

難しいかもしれません。

 

いずれにしても敷地が狭いから無理だと

諦めるのでは無く、どうしたら出来るのかを

設計、施工といっしょになって知恵を絞ることが

狭小住宅を成功させる秘訣です。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

今日は久しぶりにこの記事を見直したら、

編集後記が書かれていないことに気づきました。

 

実は今日は2017年7月16日(日)です。

午前中は高校球児の息子の応援に、

大田区の野球場まで応援に行ってきました。

 

初戦はなんとか勝って、今日は2回戦目です。

互角のチームだったのですが、立ち上がりに失敗し

1回に先行で1点とるも、相手チームに5点を入れられ

少しずつ取り返していきましたが、

逆転にはなりませんでした・・・・。

 

まだ2年生なので、また来年があります。

試合終了のサイレンが鳴り響き

選手が整列する後ろ姿で、三年生の涙ぐむ背中を見ると

なんともこみ上げてくる物がありますね~・・・。

 

僕は格闘技かスキーや登山などのスポーツしか出来ませんが

集団で戦う球技もいいなぁなんて思ってしまいます。

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.04.16
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029