ブログBLOG

珪藻土ならなんでも同じは大きな間違い。後悔しない珪藻土の本物を選ぶ肝心なこと2つ

UPDATE:2016.07.27
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

珪藻土はもともと住宅建材ではありませんでした。

しかし、珪藻土の特徴である

 

断熱性

調湿性(吸放湿性)

保温性

吸臭性

不燃性

 

などが、現代の住環境にピッタリだったことから

急速に普及しました。

 

1586288

 

このブログでは何度も珪藻土について

触れておりますが、今日も少しお話しします。

 

珪藻土とは何か

珪藻土とは何か

 

珪藻土とは、長い間に海底や湖底などに

堆積して化石化した泥土で

珪酸質をおもな成分としており

木炭などの数千倍もの多孔質な素材です。

 

つまり、細かい穴が無数にあいており

これによって保温や断熱性や吸放湿性が

あるということです。

 

珪藻土の用途

珪藻土の用途

 

こうした性質から、古くは七輪から

耐火レンガ、飲料の濾過材

脱臭剤など

または土木作業のぬかるんだ地盤を

固めるようなことに使われてきました。

 

産地は四国以外の日本各地で

中でも秋田や能登、岡山、大分などで

沢山とれる素材です。

 

また、こうした本州以南で採れる珪藻土と

少し性質が違うのが北海道の稚内で採れる

稚内珪藻土というものがあります。

 

珪藻土は産地によって違う

珪藻土は産地によって違う

 

IMG_1384

稚内珪藻土の採掘現場

 

本州以南で採れる珪藻土と

北海道の稚内で採れる珪藻土は

多孔質の穴の大きさが違っています。

詳しくは以前のブログで説明していますので

割愛しますが、

 

要するに穴の大きさが違うことで

住宅建材として考えた場合に

より適した性能があるのが稚内珪藻土です。

 

また、本州以南の珪藻土は

もともと七輪、濾過、土木等に使われていて

需要が圧倒的に多いので価格が安いものです。

 

なので、稚内で採れた珪藻土以外のものは

価格が安いので、各社採用しやすいのです。

 

私は山形大学の地質学の先生が友人におり

以前、珪藻土の論文を沢山読みましたが

住宅に使うのに適しているのは

稚内珪藻土であると結論に至りました。

 

なので、珪藻土なら何でも良いというふうに

安易に素材を選んでしまうと

あとで、本来期待した性能を体感出来ない

ということも考えられるので注意が必要です。

 

珪藻土選びで注意するもう一つの事

珪藻土選びで注意するもう一つの事

 

珪藻土などはシラス(鹿児島で採れる火山灰)と

同じように、自ら固まることが基本的に出来ません。

 

なので、漆喰や石膏、セメント、合成樹脂、糊

などを混入させて固めるものがほとんどです。

 

こうしたものは、珪藻土のせっかくの多孔質の

性能を妨げるように、穴をふさいでしまうことがあります。

穴がふさがると、吸放湿性能を期待していたにも

関わらず、期待した性能が発揮されないことがあります。

 

なので、珪藻土を固める方法に関しては

そうした物質を混入させて作っていないものを

選ぶことがとても大切なのです。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

珪藻土とはもともと住宅用の素材ではありませんでしたが

現代住宅の高気密高断熱住宅には

とても相性の良い特徴があります。

 

なので現代住宅では積極的に使うという

ふうになってきておりますが、

産地は本州以南のものが多く

そうしたものはコストが安いですが

より住宅に適した性能とは言えません。

 

また、珪藻土は自分で固まることが出来ないので

何らかの混入物を入れることが一般的ですが

そうしたものを入れると、せっかくの多孔質の穴が

ふさがれることもあり、期待した性能が

うまく発揮されない材料もあります。

 

珪藻土えらびはこうしたことを踏まえ

より、性能をちゃんと発揮する素材を

選ばなければならないのです。

 

関連ブログ

珪藻土で後悔しない為に「本物」と「偽物」と「裏側」を知って正しく選ぶ。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

先ほど山形大学の地質学の先生は僕の友達です。

一緒に山に入ることも多く、特に沢に一緒に入り

岩石のサンプリングを担いで降りてくる手伝いをします。

 

P6240215

 

僕の登山用のハンマーは真ん中

 

友人の岩をサンプリングするハンマーは両脇なのですが

さすが専門職の道具はすごい!

右のはハンマーだけで2kgです。

 

 

彼が大きなハンマーで岩を割っているあいだ

僕は釣竿をもって先に釣り上がり

前回はこんなイワナを毛針でつっちゃいました。

 

P6240208

 

両手にあまる40㎝クラスのオス岩魚で

鼻先が鮭のように曲がり始めてます。

 

今回も沢に入るのですが

彼の砕いた岩石を担いで降りてくると

1人20kgくらいになるので結構大変ですが

地質関係の相談や論文を見せてもらったりと

自然素材を扱う僕としては、自然素材の先生でもあるのです。

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.07.27
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029