ブログBLOG

花粉症を緩和するために住宅で出来る対策4つ

UPDATE:2016.02.20
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉が原因でおこるアレルギー疾患、花粉症。

今更その発症メカニズムをどうこう言う気はありませんが

今日は住宅において、どのようにしたら

より花粉を遠ざけ、花粉症を緩和させることが出来るのか

というお話しをします。

 

24時間換気システム

24時間換気システム

 

105201703

 

現代の住宅は、住宅をつくる合板フローリングや

ビニールクロスなどの新建材と呼ばれる素材で

つくられている住宅がほとんどです。

 

こうしたものは人体に影響が出やすい

化学物質を含んでおり、閉め切った室内では

良い状況とは言えません。

 

また、住宅内部に持ち込む家具や

その他生活用品である芳香材、消臭剤、除菌剤

防虫材などなど、

こうしたものからの影響も懸念されます。

 

さらには調理や入浴による湿気や

人体からそもそも排出される二酸化炭素

暖房器具からの一酸化炭素、

家電やパソコンからのオゾンの発生など

 

住宅内部にはいろいろな汚染物質があります。

その為、どんなに良い環境をつくったとしても

換気は必ずしなければなりません。

 

その為に2003年に建築基準法が改正されて

24時間換気システムの設置が義務づけられました。

(新築のみ)

 

こうしたことから、住宅は常に換気をしなければなりません。

 

しかし

 

換気をするということは、内部の空気を外部に排出しながら

外部の空気を住宅内部に取り込むということです。

 

花粉フィルター

花粉フィルター

 

外部の空気を取り込む為にもうけられている

「吸気口」ですが、壁に丸や四角の穴が空いていたり

していませんか。

ここが吸気口です。

 

shopping (1)

 

そこは外部と筒抜けになっているようでしたら

フィルター付きのものに変更して下さい。

 

外部の空気を取り入れる入口なので

ここでしっかりと花粉や汚染物質をキャッチします。

 

全館換気システム

全館換気システム

 

plan_losscent_ume_shu

 

図のように、マンションで当初から換気システムが

採用されている物件もありますし、

 

戸建て住宅であれば、新築時に全館換気システムを

設計して設置することが可能です。

 

これは大きな換気の動力部を天井内部に埋め込んで

外部からの新鮮な空気を取り込んで

各室に供給するシステムですが

 

本体内部に大きなフィルターを設置できるようになっており

ここのフィルターを定期的に清掃、交換することで

外部から来る、花粉や汚染物質を出来るだけ除去することが出来ます。

 

帰宅後に花粉を落とす

帰宅後に花粉を落とす

 

外出すると、衣類に花粉が付きますが

このまま自宅に入ると、せっかくの換気も無駄になります。

そこで有効なのが、小型の掃除機です。

 

shopping

 

帰宅後すぐに玄関で、充電式のハンディー掃除機で

衣類を掃除すれば、室内に持ち込む花粉の量も

抑えることが出来ます。

 

北国のように、玄関そのものを前室として

内部と独立させると、なお良いでしょう。

 

室内干しを可能にする

室内干しを可能にする

 

花粉の時期に洗濯物を外に干すのは

花粉をわざわざ衣類にまとわりつけているのと同じです。

 

花粉の時期はなるべく部屋干しが出来る工夫をします。

 

浴室乾燥機付きユニットバス

 

img_scene

 

最近のユニットバスは、オプションで

浴室乾燥機が付けられます。

 

壁にはランドリーバーも取り付けることが出来

浴室を乾燥室として利用して

洗濯物を乾かせることが可能です。

 

また、後付けの浴室乾燥機もありますので

ユニットバスであってもなくても設置は可能です。

 

住宅内部を調湿機能を高くする

 

_DSC5520

 

自然素材と言われる無垢の木や珪藻土の壁は

余分は湿度を吸収し、乾燥時には排出するという

吸放湿機能があると言われています。

 

こうした素材で室内を仕上げることで

室内干しでもカラっと乾く部屋になりますし

乾燥しがちなエアコン暖房でも、加湿の必要がなかったり

それでも結露がしないという、

部屋干しでも室内の湿度が比較的安定した部屋になります。

 

住環境も快適になるので一石二鳥と言えるでしょう。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

住宅で花粉を遠ざける方法は

やはり室内に入れないということ。

 

現代住宅で換気は必須なので

換気扇本体や外気を吸入する入口に

フィルターをつけて防ぎましょう。

 

また、帰宅時にはまめに衣類の花粉を落とす為に

ハンディータイプの掃除機が有効です。

 

さらには、洗濯時に花粉を衣類に付けないために

部屋干しの工夫がとっても有効です。

 

お風呂の乾燥機機能を利用して洗濯物を干したり

室内を自然素材で施工することで

室内の湿度を無垢の木や珪藻土がうまく吸ってくれて

乾燥しがちな今の時期、上手にコントロールしてくれます。

 

自然素材の調湿効果、吸放湿効果を体感した

U様のインタビュー映像はこちら

東京都在住 U様邸インタビュー

 

関連ブログ

花粉症などのアレルギーから子供を守る1つの方法

花粉症対策はインナーマスクと珪藻土と無垢の木の部屋干しで乗り切る

なぜ植林には杉が多いのかという花粉症の人の疑問に答える

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.02.20
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。