ブログBLOG

車の中の芳香剤も化学物質なのでシックカー症候群に注意

UPDATE:2016.05.05
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの車の中には

芳香剤を入れていますか?

 

2012-03-25 09.01.40

 

芳香剤は社内の匂い消しですが

どんな匂いを消すために入れていますか。

 

実はこの芳香剤は化学物質なので

人体には良いものではありません。

場合によってはシックハウス症候群ではなく

シックカー症候群になる可能性もあります。

 

自動車の中

自動車の中

 

P9080883

 

社内で使われている部品は

様々な化学物質が使われています。

 

特に新車の時期は部品からの

化学物質に揮発が盛んなので

中古車と比較してかなりの量が

室内に充満しております。

 

特に夏場には揮発が促進されるので

夏場の社内の化学物質の濃度は

かなり高くなっているので

乗車直後は一旦換気をすることが

とても重要です。

 

車用芳香剤

車用芳香剤

 

社内に芳香剤を入れている人は

結構いますが、あれも化学物質です。

 

市販の芳香剤には、レモンライムやラベンダーなど

自然の香りのようなイメージですが

これらは化学物質の固まりです。

 

化学物質の揮発する性質を利用して

人工的な香料を社内に放散しています。

 

その正体は

酢酸ベンジルをつかったベンゼン系合成香料、

Lメントールを使ったテンペル系合成香料

だと言われています。

 

芳香剤を車に入れるということ

芳香剤を車に入れるということ

 

換気をしないと社内の空気は

つねに循環することになるので

車の内装材から放散される

化学物質にプラスして、

 

芳香剤の化学物質も社内に

充満していきます。

 

なので、適宜換気をしながら

車に乗るようにオススメします。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

シックハウスは新建材などからの

化学物質による影響による疾患ですが、

 

車の内装材や芳香剤で

具合が悪くなることを「シックカー」と言います。

 

特に新車のころは濃度が高く

夏場に駐車してある車は

さらに濃度が高くなりがちです。

 

車内の芳香剤は極力なくして

夏場は特に換気をしてから

車に乗るようにしましょう。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.05.05
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029