お客様の声VOICE

スペシャルインタビュー

東京都 墨田区 M様ご家族

自然素材は、住むとますます良さを実感します。壁も床も畳もぜんぶ好きです。

Mさまご家族について
M家は、お母様(60代)、息子さんご夫婦のご主人(30代)、奥様(30代)、そして子供さんお二人(7歳と4歳)の5人家族で、墨田区の二世帯住宅にお住まいです。お母様は、元保育園勤務(今は定年退職)。趣味は旅行と絵画鑑賞で、「先日はパリに旅してゴッホやユトリロなど絵画鑑賞を楽しんできました!」とのこと。ご主人、奥様はお二人とも放射線技師、職場で出会い、8年前に結婚なさいました。ご主人の趣味はスポーツ観戦で、ひいきチームはヤクルト「神宮球場には今年も子どもたちと10回以上通いました」とのこと。奥様の趣味はお菓子作り、ケーキ作り。「最近はなかなか自分の時間が取れませんが、また復活させたいです」とのことです。

5人で暮らす2世帯住宅

今回、駿河屋でどんな家を建てたのですか?

ご主人
夫婦と子供2人、母がみんなで暮らす家を建てました。二世帯住宅ですが、玄関は一つだし、5人で一緒に暮らす家です。

一階の様子

一階はどんな感じですか。

お母様

一階は、玄関、お風呂、そして私の部屋です。

わたしの部屋は角の和室、畳敷きです。昼は障子を閉めて外から見えないように、だけど光は入るようにします。

ミニキッチンもあります。お茶やコーヒー程度なら2階に上がらず、ここで作れます。キッチン一つあるだけで「自分の城」「自分の空間」という気持ちです。お風呂が同じ階にあるのも助かります。

お母様

一階の床は杉です。そして、お風呂場は「竹」です。竹が床材に使えるなんて知りませんでした。水をはじくので良いです。

階段はやや幅広に作ってもらいました。理由は、以前の家で、階段が狭いせいで家具や電気製品が二階に上げられなかった経験があること。そして私が孫と手をつないで、並んで階段を上がりたかったから、です。

二階の様子

二階のことを教えてください。

ご主人

二階は仕切り無しの大空間です。家族の食卓、リビングとして使います。

ちまちま仕切った狭い空間はいやです。母は「廊下っていらない」と言っていました。「寒いし、そのぶん部屋が狭くなるし、廊下って意味がない」と。確かにそうですね。

将来は3階が子供部屋になります。子供が3階に上がるときは、必ず居間を通ることになります。家に帰ったのに、家族と顔を合わせず、そのまま自分の部屋に直行、じゃあダメでしょう。

奥様

食卓の大テーブルと椅子、TVの前の半円テーブルは、前の家のを持ってきました。

2畳ほど「小上がり」を設けています。子供のおもちゃや本はここに置いています。こういうスペースがあると、子供も自然に、そこに置くようになります。

最初は、来客の時はカーテンを締めて、小上がりは見せないようにすることも考えました。でも、それ、かえってわざとらしい。あっさり開放した方がかえって気になりません。

ご主人

ここは畳敷きで、座れるし、寝転がれるので、気に入ってます。

奥様

台所は、食卓と対面するように作りました。横にはパントリーを設けました。

奥様

私用の小スペースも作りました。子供の学校関係の書類、家の書類などひとまとめに整理したいと思いました。

ご主人

パントリーには「洗濯物シュート」があります。フタを開いて服を落とすと、一階の洗濯かごに服がストンと落下する、というしかけです。

家に帰ったら、とりあえず二階のリビングに上がります。靴下とかはすぐ脱いで、早く素足で木の床を歩きたい。でも、そしたら脱いだ靴下はどうするの、という。床にポイしてそのままにもできないし、かといって、また一階に持って下りるのもバカバカしい。

というわけで洗濯物シュートを作りました。すごく便利です。あと、こういう忍者屋敷ぽい仕掛けって、やっぱり作りたくなるんですよね。

お母様

床材は、1階と3階が杉ですが、2階だけ檜です。2階は床暖房を入れているので、柔らかい杉だと歪む可能性があるからです。

三階の様子

三階のことを教えてください。

ご主人

三階は私たち夫婦の部屋、そして将来の子供部屋です。

ご主人

二つの部屋を行き来する通路からは、リビングが見下ろせます。寝室には小窓をつけました。各部屋が孤立しないつくりにしています。

こちら天窓です。天窓、つけたかったんですよね。北向きなので暑くないです。洗濯物の部屋干しも早く乾きます。

自分で切った木を使う

階段には、自分で切った木を使っているんですよね。

ご主人

はい、そうです。駿河屋さんから「建築まで時間がありますし、何でしたら、自分で切った木を使うことも可能ですよ」と案内がありまいた。だったら是非!と思い、お願いしました。

三重県の山奥に家族で出かけて、自分でチェーンソー持って、杉の木を2本、切りました。チェーンソー初体験です。それから1年、自然乾燥させて、階段の踏み板に使ってもらいました。

自然素材の家に決めた理由

今回、みなさんが自然素材の家を建てようと思った経緯をお聞かせください。

ご主人

結婚してしばらく、都内の賃貸で暮らしていましたが、子供が小学校に上がるのを機に、実家を建て替えて二世帯住宅を建てようと。

とりあえず近くの住宅展示場に妻とに行きました。大手ハウスメーカーの家はどれも立派で、単純にいいな、すごいな~と思いました。でも母は別の意見でした。

お母様

実は姪が建築関係者なんです。いろいろ聞くと、やっぱり○○ハウスとかはめたほうがいいといいます。そして私は、やっぱり自然素材がいい。無垢の木や、漆喰や。

息子は昔アトピーでした。孫にも健やかに育ってほしい。私も楽しく暮らしたい。今回は建て替えで、土地代はかからないので、ここは予算をかけてでも自然素材の家にしたいなと。

奥様

わたしも合板の床の、あの歩いてペタペタする感じはキライでした。

ご主人

僕も、家という「自分の本拠地」を持つなら、とことん納得のいく家にしたいと思いました。自然素材で家を作ることに決めました。

駿河屋の第一印象

駿河屋はどう知ったのですか。

お母様

駿河屋は知人を通じて知りました。まずは息子夫婦と3人で話を聞きにいきました。お店の第一印象は「やっぱり木ね~」でした。

ご主人

もと材木商で、材料にこだわりがあるんだなと思いました。

お母様

「壁が水を吸ったり吐いたりする」という調湿実験も見せてもらいました。「へぇ~、こんなに吸うのか」と感心しました。

奥様

二階のショールームはキッチンがいいかんじでした。3人とも「うん、いいね」という感想で家に帰りました。ただ、やっぱり他の工務店も知っておくべきだと思ったので、別の自然素材派の工務店にも行きました。

最後に駿河屋に決めた理由

その工務店はいかがでしたか。

奥様

有名な工務店で、魅力もありましたがが、バリエーションが少ないのが気になりました。「この中から選んでください」というかんじで、建て方がパターン化していました。

ご主人

仮の平面図も書いてもらいました。でもウチは台形の特殊な土地なのに、平面図では「ただ四角い家を置いただけ」というかんじで「土地の形を生かそう」といった気概は感じられませんでした。

お母様

2階の床板に杉を提案してきたのが気になりました。「ここ、床暖房するのですが、変形とか大丈夫ですか」と聞いても、「大丈夫ですよ~」と根拠無く軽い返事でした。また木材も自然乾燥しているわけでもないようでした。

いま言ったような点は、駿河屋さんはしっかりしていました。3人で話して、駿河屋さんにお願いすることに決めました。そして、何度も相談したり、三重に木を切りに行ったりして、ついに今年の*月に、待望の新居に入ることができました。

漆喰の白い壁、本当に大丈夫?

ちょっと実用的な質問です。漆喰の白い壁は確かに素敵です。しかし、子供さんはまだ悪戯盛りの4歳と7歳。今後、この壁の白さを維持するのは大変なのでは?

奥様

少しの汚れなら、消しゴムかければキレイに消えるから心配ないです。

お母様

漆喰壁の表面は、つるつるの平面ではなく、ランダムなキズ模様が入っています。だから、ちょっとキズが入っても、地の模様に溶け込むので問題ありません。

ご主人

今のところ、コーヒーぶちまけるような大事故は起きていないですね(笑)。将来、そういう事故が起きたらですが…、それはまあ、そのとき考えます。

これから家を建てようとする人へ

最後に、いま自然素材の家を検討している人向けに「先輩ユーザーとしてのアドバイス」などあればお聞かせください。

お母様

自然素材は、住むとますます良さを実感します。壁も床も畳もぜんぶ好きです。

ご主人

期間に余裕がある人は、ぜひ「木を切りに行く」のをやった方がいいと思います。チェーンソーふるって木を切って、その木を乾かして自分の家に使うなんて、そうできる経験ではありません。子どもたちにも語り草にできます。

奥様

「自然素材の家」は、素材がいいぶん、「格安」とはいきません。だからこそ、「とことん相談できる」「いろいろ注文できる」工務店を選ぶのがいいと思います。だって、せっかく自分の家を作るのに、「このパターンの中からお選びください」じゃ、味気ないです。

家の「こうしたい、ああしたい」って設計図段階では分からなくて、建てていく途中で思い浮かんだりします。そういう希望を受け入れてくれる工務店さんが良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
宿泊体験型モデルルーム 他とは違うこだわりの「自然素材」を泊まって体験!
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
宿泊体験型モデルルーム 他とは違うこだわりの「自然素材」を泊まって体験!