地震対策EARTHQUAKE RESISTANT

地震対策の耐震、制震、免震のメリットデメリット

地震大国と言われる日本に居住する限り、揺れに対する備えは必須です。地震対策は、耐震、制震、免震の3つに大別されます。駿河屋のおすすめの組み合わせは、「耐震×制震」です。
免震は、大掛かりな装置が必要で、広い土地を必要とする免震は、一般住宅では取り入れにくいものとされています。

震動の防ぎ方 メリット デメリット
耐震 パネル式耐力壁や筋かい耐力壁で建物自体を強固にし、震動に耐えられるようにする。 免震や制震に比べ、コストが安い。 大規模地震では、合板を固定する釘や、間柱などが地震エネルギーに耐えられない。地面からの揺れを建物全体にダイレクトに伝えてしまう。
余震などに対して強度が落ちることがある。
制震 建物の壁に組み込んだ制震装置が震動を軽減し、建物に伝わりにくくする。 中規模から大規模地震まで効果があり、建物に復元力を持つ。コストも免震の1/10程度。余震に対しても強度を保つことが出来る。 耐震に比べると、コストアップとなる。
免震 地面と建物の間に設置した免震装置が震動を吸収し、建物に伝わらないようにする。 震動を大幅に軽減する。 小中規模地震では免震装置が作動しにくく、液状化する地盤には不向き。コストが高い。

1. 天然砕石パイル工法

駿河屋・地震へのおすすめ安心技術〜地震と大雨に強い

地震と大雨に強い

駿河屋では、全ての住宅に対して、地盤調査を行っています。その調査の結果、地盤改良が必要な場合にこの工法を採用します。
駿河屋が採用している天然砕石パイル工法は、この日本において、100年に一度、あるかないかの大地震と記録的な大雨を想定して考え抜かれた、信頼性の高い工法です。大地震時には図のように地層の境目に沿って、せん断力がかかります。セメント柱状杭や鋼管杭などでは、杭が折れてしまい家の重さに耐えきれなくなり、
家が傾いたり沈んだりします。これが、天然砕石パイル工法だと、せん断に対して追随することで、杭自体の破損はおこりません。また、地盤そのものを強くしますので、地盤の揺れによる共振をやわらげる効果があります。
駿河屋・地震へのおすすめ安心技術〜液状化に強い工法です

液状化を抑制する工法

砕石パイルはそれ自体が水を通すため、地震の揺れにより上昇した水圧(水)水圧を逃す効果があります。何本も造られた砕石杭によりその効果はとても高く、地震による液状化を事前にくい止めることができるのです。

2. 一体打ちべた基礎

駿河屋・地震へのおすすめ安心技術〜液状化に強い工法です

家の傾きと沈下を防ぐ

建物の外周部の立ち上がり部分(布基礎)と、それに囲まれた建物の下部全体を鉄筋コンクリート造りの板状にして一体化させます。打ち継ぎではなく一体基礎となるため強度・防湿効果に優れているのです。また、接地面積が増え、地盤の過重負担が減り、基礎全体の剛性も高めます。従来工法に比べ、継ぎ目がないことから浸水や湿気から守り、建物の防水、防湿性を高めることができます。
※耐震性に優れていることは、破壊実験により立証されています。
駿河屋・地震へのおすすめ安心技術〜液状化に強い工法です

メリット

  • ・基礎が丈夫で打ち継ぎがなく、仕上がりが綺麗
  • ・土間の養生期間も一体打ちにより工期短縮
  • ・打ち継ぎ面の補修が必要ありません
  • ・止水、防蟻対策に効果があります

単位:キロニュートン

状態 二度打ち 一体打ち
基礎の反り 20KN 60KN
クラック発生 65KN 変化なし
爆裂 80KN 変化なし
破壊 90KN 90KN以上でも変化なし

3. 耐震・制震金物

駿河屋・地震へのおすすめ安心技術
駿河屋・地震へのおすすめ安心技術

耐震・制震機能をもった「ガルコン」

耐震効果と制震効果の機能をもった、ガルコンを建築用金物で使用します。激しい揺れに対しては、建物の変形を抑えたり倒壊を防止したり、建物内部に伝わる揺れを抑え、家具などの転倒を防ぎます。
駿河屋・地震へのおすすめ安心技術

揺れをおさえ、ゆるみを出さない

接合部分の金物と壁(耐力壁)の強さが構造体の強度を決めます。壁はご合板(構造用合板)を釘で取付け、金物はボルトやビスで留められることで強度を保ちます。しかし、本震の揺れに耐えた建物でも、その揺れによってボルトや釘が緩み、その後の余震で倒壊にいたるケースもあります。ガルコンならば、揺れをおえることで、ボルトや釘などの緩みを防止できるので、余震にも安心です。

地盤調査で地耐力

地盤調査の目的は、「地耐力」を調べることです。地耐力とは、地盤がもつ固有の強さを数値化したものです。住宅を立てるときの地盤調査は、戸建て住宅の場合、大きく2つあり通常、表面波探査式地盤調査と、もう一つはSS式試験(スウェーデン式サウンディング式試験)で行われます。駿河屋では、地域の特性や過去の地盤データをもとに、より安心で信頼性の高い方法の「表面波探査式地盤調査」を標準として行いながらも、「SS式試験」を併用しながらより地盤の特性にあった方法を選定してい調査いたします。
駿河屋・地震へのおすすめ安心技術

表面波探査式地盤調査

表面波探査法は地面をゆらして、その「揺れ」の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。 データの変化から、地層の境界を判別し、各層ごとに支持力がどのくらいあるかがわかります。
駿河屋・地震へのおすすめ安心技術

SS式試験

先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。 この回転数により、地盤の硬軟を判断する方法です。25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかがわかります

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029