ブログBLOG

まずは断熱と気密。でないと省エネの意味がない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この数年で、省エネはこれまで以上に切実な問題となっています。

 

震災や原発事故によって、原油価格の引き上げに応じなければ

ならなかった時期を過ぎても、なおガソリンは高いままですね。

 

原因は、世界的自動車保有台数の増加が原因のようです。

 

特に中国の自動車保有台数の増加率は高く、2005年以降、

毎年20%前後で上昇を続け、2012年には1億台を突破しました。

 

アベノミクスで景気は多少良くなったと言われても、

原油価格は下がりません。

 

原油の高騰はあらゆる業種業態を圧迫しますので、一般家庭に

とっても、省エネ対策はますます重要になってきますね。

 

さて

 

住宅の省エネとはどんなものでしょうか。

 

大きく分けると以下の4つになります。

 

「断熱化」「高気密化」「設備」「創エネ」

 

省エネ家電などの「設備」と蓄電池や発電パネルなどの「創エネ」

が注目されがちですが、実は「断熱化」「高気密化」が先でないと

穴の空いたバケツにせっせと水を足している状態になってしまいます。

 

まずは断熱化がとても大切です。

以前も高断熱住宅は身体によいという

ことをブログやメルマガで書かせて頂きました。

 

ブログ★本当に良い住まいの省エネとは

http://surugaya-life.jp/blog/president/295/

 

 

その中でも今日は「窓」についてお話し致します。

 

冬、家から失われる熱の50%、夏に入る熱の70%が窓からと言われています。

 

窓を複層ガラス(二重のガラス)、エコガラスなど高性能ガラスにする

とともに、機密性の高いサッシに切り替えたり、二重サッシ(内窓)をプラス

するのもよいでしょう。

 

窓・サッシ製品では、複層ガラス+LOW-Eガラスを「エコガラス」と呼びます。

 

その品質認定をする「エコガラス制度」、窓とサッシの断熱性能を

一本化した「省エネ建材等級」の二つが、製品を選ぶ際の目安になります。

 

さらに断熱リフォームは助成金を出している行政もあるので、

是非ご自宅のある行政への確認をしてみてください。

 

千代田区や墨田区では40万~50万円を上限として助成金を出しております。

個別に問い合わせまたはHPで確認してみてください。

 

住宅に付随する機械は故障やメンテの必要性が出てきますし

新しい器機も年々進化しております。

 

「省エネ」と「健康」には「断熱」がとても重要になります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

自然素材住宅についてもっと知りたい!という方は

 ★メルマガ「社長の厳選素材住宅論」に是非ご登録下さい。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。