ブログBLOG

日頃の疲れを持ち越さない回復できる家(リカバリーハウス)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

一級建築士、一級建築施工管理技士、宅地建物取引士、厳選素材アドバイザー、駿河屋の九代目 一桝です。

 

皆さんは日々、どの空間で過ごすことが多いですか?

長時間労働気味だとしても、休日まで考えると、やはり自宅にいる時間は長いものです。

 

滞在時間の長い自宅。

ここにいるだけで、疲れが回復できるとしたら、人生は益々充実してくると思いませんか?

今日は日頃の疲れを持ち越さない回復できる家(リカバリーハウス)についてお話しします。

 

 

快適な家とは

 

 

「快適な家」というと、皆さんはどういった家を想像しますか?

人それぞれ感じ方が違うので、一概には言えないかもしれません。

でも、暑かったり、寒かったり、ジメジメしてたりしてたら嫌ですよね。

 

涼しいのが好きだったり、暖かいのが好きな人もいますし、すごく明るいのが好きな人や、ちょっと暗いくらいがいいという人もいます。

デザインや色なども多種多様な好みが存在しますし、流行のデザインに合わせたい人もいます。

洋風や和風でも全くちがいますよね。

 

人はそれぞれ好みや感性がありますが、それによっても「快適」かどうかも変わってきます。

 

 

長い時間過ごす場所

 

 

感性や好みは様々ですが、それとは別で知っておかなければならないことは、家は人生で一番長時間いる場所であるということです。

一般的な例をあげますと、7時に起床して8時に家を出て仕事に向かいます。

夜6時に仕事を終わらせて7時に帰宅するとします。

会社に8時間、ランチのための外出や通勤などで3時間は会社と家以外にいます。

そうすると、13時間は家で過ごすことになります。

仕事が早く切り上げた日や、休日などを考えると、平均して1日15時間くらいは家にいるのではないでしょうか。

 

それほど長時間連続して過ごすのはまさに自宅くらいです。

仕事をしててもそれぐらいですので、子供やお母さんはそれ以上を自宅で過ごすことになります。

 

なのでシックハウス症候群などは、男性が耐性が高いとしても、女性や子供がなるケースが多いのです。

 

家で過ごす目的

 

 

家で過ごす目的は何でしょうか。

家族の団らんであったり、睡眠であったり、勉強や趣味の時間を過ごすこともあると思います。

しかし、一番の大きな目的は「じっくり休息をとり身体を回復させること」です。

 

日々の仕事や家事、育児など、日々様々なことに追われ1日が終わります。

この1日の疲れが最近の「睡眠負債」のようにどんどん蓄積していくと、週末に布団から出られなかったり、なんか疲れが溜まったり、最悪は病気になってしまったりします。

その為に大事なのが、「家で身体を回復させる」という事です。

 

身体を回復させる家

 

 

日頃の疲れをしっかりと回復させることが出来るという事が、家に求められる重要な機能です。

この重要な機能を可能な限り高めることが、人生の質を上げるうえでとても重要だと思います。

 

極端な例を言いますと、古い賃貸住宅などは断熱が不足しています。

コストを抑えるためにコンクリートに直接、床材が貼ってあったりすると、冬の底冷えはひどいものです。

 

冷える家は冬場に結露によるカビが生えてしまい、ダニも集まりやすい。

カビの胞子やダニの死骸や糞などで喘息やアレルギー体質になります。

 

冷えることで平熱が下がり、免疫力も低下して風邪をひきやすく、長引きやすい体質になります。

平熱が低すぎると癌にもなりやすいと言われています。

特に睡眠の質を上げていくことは、日頃の健康管理でもとても重要なことがわかっています。

 

長時間過ごす家の質が悪いと、健康に影響し、その結果人生の質にも大きく影響を及ぼしてしまうのです。

そうした事にならないように、家は身体の疲れを回復させる機能、体調不良におちいらない機能がしっかりと備わった家に住むことが、人生を充実させることになるのです。

 

 

回復機能の高い家(リカバリーハウス)

 

日々の疲れなどを良い状態まで回復させてくれるような家とはどんな家でしょうか。

 

快適な室温

 

暑すぎず寒すぎず、一年を通して快適な気温はストレスも無く、病気にもなりづらい環境です。

寒くない室温であれば、結露なども発生しづらく、それによって菌や虫などの繁殖を防ぐことが出来ます。

その結果、菌由来の疾患、アレルギーなどに悩まされることも減るでしょう。

 

ブログ【冬の体調不良~その原因は「家の寒さ」だとしたら?

ブログ【冬の女性の美しさは住環境がおおいに関係するワケ

 

快適な湿度

人間が室内で快適に感じる湿度は50%前後と言われています。

この湿度50%という数値は室内環境において、とても良い目安の数値です。

下の図をみてください。

 

ブログ【健康的な住環境には湿度とウイルス、カビ、ダニなどの関係を知る】より

湿度50%という目安は、様々なウイルスやバクテリア、菌などの繁殖が少なく、かつ感染も防ぐ丁度良いバランスのとれた基準値です。

 

 

快適な空気

 

 

人間が生活をするだけで空気は汚染されていきます。

炊事洗濯、入浴などによる湿気、ゴミの臭気なども不快要員です。

室内にある様々な洗剤や雑誌などから化学物質が揮発します。

家電やパソコンからオゾンが発生します。こうしたものを速やかに排出するために建築基準法では換気量が決められています。(24時間換気設備)

ブログ【家の空気は意外と汚れる。暮らしに大切な換気の話し

 

また、新建材と呼ばれる一般的な住宅で使われる建材は石油由来のものが多く、建材から常にVOC(揮発性有機化合物)が揮発することで、シックハウス症候群の原因になったりします。

 

ブログ【国も認めるシックハウスとアレルギーの関係。法令基準では家族を守れないワケ

 

 

快適な明るさ

 

 

 

一昔前の住まいは、あかりを煌々と照らしているような照明がほとんどでした。

しかし本来人間は、炎を取り囲む暮らしをしてきたので、あの蛍光灯のような白い光よりも、暖かい色のあかりに心地よさを感じます。

また、日中のように上から煌々と照らされるよりも、夜は低い位置の照明に落ち着きを感じます。

それは、焚き火や囲炉裏の生活が、いまもなおDNAに残されているからかもしれません。

 

ブログ【自宅の照明でリラックスできてますか?照明配置のコツは上中下

 

就寝前の照明を工夫することで、睡眠の質もあげることが出来ます。

寝る前にはスマホなどの灯りも刺激が強すぎるので控える事もおすすめです。

 

快適なその他

 

上記以外にも、暮らし方を工夫する、習慣を見直すことで、家での生活は身体を回復させることに効果が高まります。

休日でも決まった時間に寝起きすることが健康には良いとされていますが、毎日の疲れを週末に持ち越すような住まいだと、週末の起床時間が遅くなったりして、生活習慣が乱れてきます。

 

また、環境もとても大切です。

交通機関や幹線道路、高圧線など、なるべく生活のストレスにならないような環境を選ぶことが重要です。

私が電磁波測定士の資格を取得した、電磁波の専門組織である日本電磁波協会(EMFA)の講習会では、電磁波の無い状態を体験するために、「家の電気ブレーカーを全て落として就寝してみると、その影響がわかります」と言っていました。

 

ブログ【高圧線からの電磁波の影響はグーグルマップで確認する

 

 

今日の「わかった!」

 

 

自宅は人生の中で一番長く過ごす場所。

日々の仕事や家事のストレスや疲れを取り除き、本来に身体に回復(リカバリー)させる場所であれば、毎日が健康で快適に過ごせ人生も充実してきます。

 

逆に自宅では日頃の疲れを回復できないとしたら、病気やストレス、不眠など、人生の質を低下させることになってしまいます。

 

当社の「宿泊体験型モデルルーム『空まめの木』」はこうした影響を一切受けない室内空間を実現しましたので、宿泊体験された方は口々に「よく眠れた」「眠りの質が違う」などお話し下さります。

布団もイギリス認証のオーガニックの寝具を置いておりますので、とても心地よい眠りが体験でき、住まいでストレスや疲れを取りのぞき、本来の身体に回復(リカバリー)されるのを体験できると思います。

 

自宅は想像以上に長く過ごす場所です。

この場所を快適で安心な場所とすることが出来れば、健康はもちろん、人生も充実してくるのです。

当然ながら、こうした家に住めば不摂生をしても良いということではありませんよ。

 

ブログ【睡眠の質に不満・心配なら寝具とともに寝室の環境対策に重要なこと3つ

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

本格的な寒さはこれからの1ヶ月!

例年はこの時期になるとバックカントリースキーでワクワクしていたのですが、今年は山はお休み。

 

 

口腔内の治療が6月に終わるので、それまで山はガマンです。

 

 

 

 

その為、去年は久しぶりにカヤックで釣りばかりしてました。

 

 

そのカヤックもこんな寒くちゃやる気がしません!

 

バイクも寒くて乗る気がしない!

 

 

3月までは無理でしょうね~・・・暇だな~・・・。

 

最近はバイクのメンテをしたり、リールの分解清掃したり。

リールなんて小学校の時にかったものです。

 

ABUというスェーデンのメーカーなのですが、これがシンプルな構造でメンテさえすればかなり長持ちします。

デザインも素晴らしく味があります。

良い道具を買って、長く手入れをして使うというのは、本当に豊だな~と思います。

 

 

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

 【お問い合わせ】  【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリフォーム 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声


お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
宿泊体験型モデルルーム 他とは違うこだわりの「自然素材」を泊まって体験!
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
宿泊体験型モデルルーム 他とは違うこだわりの「自然素材」を泊まって体験!