ブログBLOG

新築したあとにかかる費用はどれくらいなのか?

UPDATE:2017.03.31
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築工事が順調に進み、工事が完了し、検査も引き渡しも終えたら、最終金の支払いです。

追加工事が発生したら、その分の支払いも発生します。

 

それとともに新生活をスタートさせるために、必要な費用がいくつかあります。

 

今日はそんなお話しです。

 

引越と同時にかかる費用

 

いよいよ引越です!

荷物が多ければそれなりに引越費用もかかってきます。

また、カーテンや照明器具を工事に含めていなければ、その費用が発生します。

家電もこの際に買い換えたい!ということであれば、家電の費用もかかってきます。

 

引越後にご近所さんに挨拶するばあいには、菓子折なんかも必要でしょう。

お祝いを頂いた場合には、お返しの費用も出てきます。

小さいですが必ずかかってくる費用です。

 

 

インフラ契約の変更

 

また、インターネットの環境やシステムや契約先の変更などが変わったり、テレビの視聴方法がケーブルテレビに変更になったり、そうした生活に直接かかわる費用などが変わってくると、金額も増えたり減ったりすることがあります。

それぞれは小さい変化かもしれませんが、まとまると結構な金額になることもあります。

 

 

将来にわたりかかる費用

 

家は新築してから確実に老朽化してきます。

まめにメンテナンスをすれば、それなりに維持可能ですが、メンテナンスが遅れ気味になると、費用も思いの外かかることになってしまいます。

 

内装のリペアでしたら、5年、10年スパンで数十万の予算があると安心です。

屋根と外壁は定期的に点検をしてもらい、10年くらいたったら、精密診断をしっかりしてもらうのが安心です。

 

意外に見落としなのが、雨樋です。

雨樋は毎年点検するほうが安心できます。

雨水を綺麗に流せていないと、家は傷みやすくなるからです。

 

住宅設備機器の寿命は10年です。

給湯器は早い場合6年くらいで故障しはじめます。15年たったら交換でしょう。

ガスコンロも15年もてば優秀です。

器具の値段だけでなく、それぞれに交換や廃棄の費用がかかります。

 

また新居にかかわる税金も規模に応じてかかってきます。

固定資産税や都市計画税などもありますので、事前に調べておくことで準備しましょう。

 

火災保険は加入しますが、家財保険にも加入する場合には、それぞれ費用がかかります。

地震保険なども最近は出てきていますので、火災保険に加入する場合にはオプションで入ることが出来ます。

費用は火災保険の30%から50%の費用がかかってきます。

 

 

今日の「わかった!」

 

新築工事の費用は全体の予算の中で当然把握しているものですが、入居後の費用もそれなりにかかってきます。

この部分をしっかりと事前に調べて計算しておかないと、家は手に入ったけどメンテナンスまで手が回らないなど、もったいないことになってしまいます。

 

融資限度額ギリギリでの借り入れという方もおりますが、全体の収入と支出のバランスと、将来かかる費用も念頭において計画をすすめましょう。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

たいがい休日は山に行っているか、自宅にいる場合には会社にきて仕事をしてしまうのですが、昨日はバイクを修理したら軽く都内を流したあと、本とコーヒーと弁当を買って、屋上で読書をしていました。

 

今年は雪のシーズンが終わったら、ちょっと長いトレッキングをやってみようと、道具の軽量化やルートなどをあれこれ妄想もしています。

トレッキングの軽量化は、将来の海外でのロングトレイルやバックパッカーの時に生きてくると思って準備してます。

英語も隙間時間や歯磨き、入浴時にちょこちょこやっています。

 

思いの外、早くデビューできるかもしれないと感じて来ました。

やはりやりたい事が明確になると、最短直線距離で進めるので、将来の姿を具体的にイメージすることは、夢でも仕事でも大事なんだと思います。

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.03.31
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029