ブログBLOG

二世帯住宅は親のスペースが空いたあとも考えてプランニングする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2世帯住宅において

親のスペースはいずれ空いてしまいます。

悲しい事実ですが、空いた部屋の

その後の活用方法を考えてプランニングするか

全く考えないでプランニングするかでは

大きな差ができた2世帯住宅となります。

 

123-1

 

賃貸として貸せるように

賃貸として貸せるように

 

完全分離タイプであれば

賃貸として貸し出すことも視野に入れても

良いかもしれません。

 

賃料が入ることは若い子世帯にとっては

とっても大きいと思います。

賃貸として貸せるようにするには

当然ながら設備はすべて分離です。

 

玄関も当然分離しなければなりませんが

将来的にリフォームで分離できるということでも

よいです。

 

特に玄関アプローチは独立性が保てる

プランの方が借りる側としても良いです。

 

しかし、二階建て2世帯住宅の場合

親世帯は1Fであることが多いので

そのまま1Fを貸し出すことは

庭を明け渡すことになりますので

子世帯が子育て世代のうちは

1Fへの引っ越しをして2Fを賃貸に

ということが必要になるかもしれません。

 

また、親世帯を貸し出すには

親の荷物を全部片付けなければならず

これは大きな負担となります

 

親世帯を孫に

親世帯を孫に

 

親世帯が空いてくるころ

孫もそれなりに成長してくる頃です。

 

その頃は高齢者に配慮した1Fに

子世帯が移動し

孫が立派な大人になっていたら

孫世代が2Fに残るという形も良いかもしれません。

 

時代的にリフォームが必要になることも多いですが

二世帯住宅なので仮住まいの心配はいりません。

2階に住みながら1Fの工事を行い

工事完了後に子世帯夫婦がリフォーム後の

1Fに移り住むということが可能です

 

住まいとしてはこうした循環が理想的です。

なので間取りが変更できない構造だったり

ハウスメーカーによる独自工法だったりすると

汎用性がとても狭くなってしまいます。

リフォームしやすい木造軸組構造で建てることが

将来の世帯が受け継ぎやすい家となります。

 

子世帯が活用する

子世帯が活用する

 

二世帯住宅はよっぽど恵まれた敷地でない限り

それぞれがゆとりある部屋を確保できているわけではありません。

 

限られた空間でお互いが融通しあいながら

上手に生活することが多いです。

 

なので親世帯が空いた頃に

自分たちの子供世代がどれくらいの年齢かによって

活用の仕方も代わってきます。

 

まだまだ小さい場合には

親世帯の空いた空間を

子世帯が有効活用をすることが

一般的かもしれません。

 

水回りなどが別にあること

特にトイレなどは便利です。

 

その中でも比較的使わなくなるのが浴室なので

一時的に収納などに改築することもあります。

 

孫世代が成人したら世帯を明け渡し

あらたに住み次いでもらうのも良いでしょう。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

二世帯住宅は現在だけを考えて

プランニングするのではなく

将来、親世帯が空いたこともある程度

想定しながらプランニングすることが必要です。

 

また、住み継ぐタイミングだけは想定できないので

賃貸として完全に貸し出すと決めていなければ

ある程度曖昧にして融通が利くようにしておくと

良いでしょう。

 

特に間取りは変化させることが可能なように

特殊な構造で建てないことです。

 

ツーバイフォーやハウスメーカーのオリジナル構造の場合

間取りの変更が出来ないか

その依頼したメーカーにしかリフォームが出来ないという事もあります。

 

そうしたメーカーとの関係も

新築時や親世帯は良かったとしても

将来、孫世代に自由度は残してあげたいものですね。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 実家の両親が二人とも風邪でダウンしたようです。

すでに高齢の二人なので心配です。

今晩から出張ですが、その前に様子をみてこようと思います。

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。