ブログBLOG

ビニールクロスの影響を考える

UPDATE:2015.10.11
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの住まいの根幹となる法律

建築基準法の最初に書かれていることを、

ご存じですか?

 

「建築基準法」

目的 第一条 この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。

 

と書かれています。

 

ここで述べられている通り

「最低の基準」が定められているのが

建築基準法なんですね。

 

なので、

食品で言えば、低品質の加工食品

とでも例えられるかもしれません。

 

こうした「最低の基準」をもとに

決められている建築基準法の

住宅と健康に対する考え方も

非常に低い基準で決まっています。

 

今日は、そのなかでも内装材として

一般的に広く普及している

ビニールクロスについて

詳しくお話しようと思います。

 

日本で広く普及しているビニールクロス

日本で広く普及しているビニールクロス

 

アメリカやカナダでは、

ドライウォール工事、

つまり壁の下地に石膏ボードを貼り

ボードとボードの突き合わせの

ジョイント(接合)部分に

パテと呼ばれる隙間を埋める処理をして

 

その上に水性塗料などで

壁を仕上げるのが一般的です。

 

しかし日本では、

工事がしやすく早くできるということから、

ビニールクロスと呼ばれる

壁紙が広く普及しております。

 

湿気を閉じ込めるビニール

湿気を閉じ込めるビニール

 

ビニールと書いてある通り、

ビニールなので湿気を閉じ込めます。

なので、結露がしやすく、カビが生えやすい。

 

そもそも石油から出来ている物ですし、

化学性物質を沢山含んでおります。

 

ベニヤなどの合板の上から貼ることも、

施工会社によってはあるようです。

 

ビニールクロスの成分

ビニールクロスの成分

 

ビニールクロスには、溶剤・可塑剤(かそざい)

・防腐防黴剤(ぼうふぼうかびざい)

難燃剤・塩化ビニルモノマーなど、

健康上問題があると言われる

VOCが含まれており

ゆっくりゆっくりと室内に放散します。

 

ちなみに塩化ビニルモノマーは

発がん性物質と言われています。

 

こうした物質に可塑剤や防腐防かび剤や難燃剤、

それから着色剤や発泡剤、安定剤など

沢山の薬品を添加して

つくられたのがビニルクロスです。

 

可塑剤は環境ホルモン作用があると言われていて、

それは隔世遺伝するとも言われています。

 

可塑剤(かそざい)の効果

可塑剤(かそざい)の効果

 

可塑剤とは、物質もやわらかくするもので、

プラスチックを生産することに必須なものです。

 

可塑剤がなければ、

現代社会はなりたたないと言って

よいかもしれません。

それだけ生活に密接にとりこまれています。

 

古い住宅でビニールクロスが

バリバリと手で簡単に

剥がれてしまうのを

見たことがあるでしょうか。

 

これはビニールクロスの中にある

可塑剤が長い年月をかけて

クロスから抜けてしまい、

硬化してボロボロと崩れてきたのです。

 

つまり、

それだけの年月をかけて、ゆっくりゆっくり

放出され続けるということなんですね。

 

このような化学物質は

建材では塩化ビニル壁紙、

酢酸ビニル樹脂系接着剤、

押出発泡ポリスチレンなど

ごくごく一般的な

住宅建材に使われています。

 

 

燃えたガスにより死亡する住宅火災

燃えたガスにより死亡する住宅火災

 

ビニルクロスは燃やすとガスが発生します。

試しに切れっ端を燃やしてみてください。

すごく強烈な匂いがします。

 

現代住宅は火災で焼け死ぬのではなく、

こうしたガスで死んでしまうのです。

 

火災を防ぐために

難燃剤などを添加して

住宅建材はつくられますが、

 

逃げる間もなく煙に巻かれて

焼死するのが現代住宅です。

 

では、

エコ壁紙や紙クロスにすればいい!

という問題でもありません・・。

 

主素材が51%以上であれば、

塩化ビニルが49%使われていても

表示は紙クロスでいいんです。

 

正しく知って自ら選択することが大切

正しく知って自ら選択することが大切

 

現代の住宅に使われる素材は、

経済と効率を優先する為に

大切な「私たち自身の健康」を

あまり考えていないもので

つくられることが一般的になっています。

 

経済や効率はもちろん大切ですが、

私たちは、正しい知識を知った上で

自ら選択するということがとても大切だと思います。

 

自分自身の優先順位を正しく見極めて、

コストを考えながらバランス良く判断して行くには、

専門家のアドバイスが必要です。

 

建築基準法で定められていることは

「最低の基準」だということを忘れないで下さい。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

今日は山形に恒例の薪割りに行っています。

山形の小屋は豪雪地帯なので

冬支度をしなければなりません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

窓が雪でつぶされたりしないよう

雪の吹きだまりで扉を開けられなくならないよう

水道管が凍って破裂しないよう

いろいろとやってきます!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

夜は焚き火とお酒を楽しんできます♪

 

 

 

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2015.10.11
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。