ブログBLOG

中古住宅を購入しても耐震補強とデザインリフォームを両立出来る会社は少ないわけ

UPDATE:2016.05.17
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ, 耐震
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古住宅を購入して

耐震補強を行いながら大規模リフォームをし

理想の住まいを手に入れたいという方が増えています。

 

1 (135)

 

しかし、耐震補強は設計から施工まで

よく分かっている専門家でないと

非常に手を出しづらい領域です。

 

なので、設計と施工になれている会社に依頼するのが理想ですが

そうした会社は少ないといって良いかもしれません。

 

それはなぜでしょうか。

 

耐震補強の一般的流れ

耐震補強の一般的流れ

 

通常、耐震補強は行政の補助金が使える為に

行政を窓口とした簡易診断を実施してから

行政の指定した建築士による精密診断を行い

耐震補強計画を設計します。

 

WS000006

 

この耐震補強設計に基づいて

工事見積もりを行い、実際に施工するのですが

実は、耐震診断や耐震補強設計は

一般社団法人建築士事務所協会が

行政から委託されて行っているケースがほとんどです。

 

設計と施工の両方できる会社が少ない

設計と施工の両方できる会社が少ない

 

あるいみ、建築士事務所協会のメンバーは

行政の書類のやりとりや耐震設計になれているので

非常に安心だと言えます。

 

DSC000481

 

しかし、設計と施工が出来る人は少なく

また、行政への依存度が高くバランスのとれていない

設計事務所もあります。

 

リフォームと耐震補強をしたい場合には

耐震補強は信頼できても、リフォームのセンスが合わない

ということもありがちです。

 

耐震は耐震だけ

リフォームはリフォームだけにすると

工事が二重手間になりとても効率も悪くなりますし

コストも割高になってしまいます。

 

耐震設計だけではわりに合わない

耐震設計だけではわりに合わない

 

また、気に入った設計事務所に

リフォーム設計の依頼をしながら

耐震診断や補強設計も依頼したい

ということもあると思いますが、

 

一般の設計事務所は耐震診断や

耐震補強設計などはやりたがりません。

 

そもそも慣れていないということと

行政との書類のやりとりが面倒なのと

耐震補強のノウハウが少ないので

見えない部分の設計はリスクが高く

あまり手を出したくないからです。

 

また、耐震補強設計の手数料は

だいたい均一化されており

その価格は弱者保護や税金を使うといことから

比較的安く設定されています。

 

事務所協会など委託されている

設計事務所が慣れたなかで多くをこなせば

安いコストでも出来るかもしれませんが

慣れていない設計事務所が

手を出したがらないのはそうした理由からです。

 

デザインリフォームと耐震補強を両立させるには

デザインリフォームと耐震補強を両立させるには

 

中古住宅を購入して、

カフェのような自宅を手に入れながら

地震に強い家にしたいというような方もおります。

 

1 (8)

 

しかし、耐震のノウハウは慣れていないと

なかなか手を出しづらく、やりたがらない専門家もいます。

 

両立させるには、耐震補強設計、施工の経験も多く

デザインリフォームの施工経験も多い会社に頼むしか

現状では方法はありません。

 

その他の方法としては

行政から委託された耐震補強設計になれている

建築士事務所協会などの専門家に

耐震補強設計を依頼し

 

525eff20c1dedfeb183fd36d632617c4_s

 

行政から紹介された耐震補強の施工になれている

工務店に依頼をして工事を行ったあおとに

 

改めてご自身のセンスにあった設計・施工会社をみつけて

デザインから依頼するしかありません。

 

しかし、その場合には施工費などは

二重にかかってくるような無駄が生じる可能性が高いです。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

中古住宅を購入して耐震補強を行いながら

素敵なリフォームを実現させたいと思っていても

 

20130906_004

 

耐震補強設計や施工は行政の補助金に異存する場合

建築士事務所協会などを通さなければならない場合が多く

その場合にはご自身のセンスにあったリフォームを

同時に提案できるような設計・施工会社が少ないです。

 

それでも耐震補強とデザインリフォームを実現させたい場合には

そうした実績のあるところを探さなければなりません。

 

行政の補助金を使うとしても

場合によってはその地域の会社ではない施工店

設計事務所でも許可が下りる場合があるので

 

まずは耐震補強設計や施工、

デザインリフォーム等になれている会社に

一度相談してみることが良いと思います。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.05.17
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ, 耐震
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029