ブログBLOG

丹沢大倉、塔ノ岳、丹沢山、烏尾山、三ノ塔登山

UPDATE:2015.11.19
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の雲取山で不完全燃焼だったので

今回はさらに近場の丹沢で

みっちり登ってこようと

大倉⇒塔ノ岳⇒丹沢山

を計画しました。

 

ルートはこんな感じです。

ちょっとぐるっとまわります。

 

WS000000

 

大倉から塔ノ岳へまっすぐに北上する尾根は

通称「バカ尾根」と呼ばれていて

とにかく登っていきます。

 

この間の北アルプスの燕岳に向かう

合戦尾根も日本三大急登の1つですが

荷物も軽いので難なく登れました。

 

WS000002

 (ヤマレコ)

 

この図は登山道の急登を表していますが

ツライのは荷物をばっちり背負った時だけで

日帰り登山程度であれば

それほど負荷がかかりませんでした。

 

今回「バカ尾根」を登るルートも

そこそこ急登で累積標高も2350m距離21km

高負荷トレーニングにはちょうど良い感じです。

 

WS000004

 

通常タイムで12.5時間かかるルートですが

だいたい、6割程度の時間で下山できるので

7.5時間を想定して

朝6時半出発で午後2時に下山計画をたてました。

 

秦野中井インターで降りて登山口の大倉まで

車で20分程度です。

 

PB110001

朝靄の丹沢の山々

 

秦野は学生時代住んでいたのですが

当時は波乗りばかりしていて

山には1度くらいしか登ってません。

 

それも、なぜか鹿の角が欲しくなり

それを探しに丹沢の山に入ったのでした。

 

それにしても奥多摩と違って

インターから近くアクセスの良さも

改めて実感しました。

 

チョイ登山はこれから丹沢に行こう

とブツブツいいながら歩き出します。

 

天気予報では昨日までの雨もあがり

今日は晴れ間が覗く予報です。

 

朝日がドラマチックで心を揺さぶられます

 

PB110003

 

朝からガシガシ登っていると

あっというまに見晴茶屋が見えてきました。

 

PB110006

 

朝日も少しずつ山あいに入ってきます。

 

PB110011

 

標高の低いところは

少しずつ紅葉が始まっていますが

中腹にいくと真っ盛りの感じで

まだまだ楽しめます。

 

PB110012

 

駒止茶屋に到着しました。

この尾根は以前下りで通過しましたが

茶屋が沢山あるのに、

どこにも立ち寄ったことがありません。

 

標高が上がるにつれて

だいぶ色づいて来ました。

 

PB110014

 

登山道はとても整備されていて

すごく歩きやすいです。

おもわず走り出しそうになる登山道もあります。

 

PB110015

 

標高が上がるにつれて

朝靄が立ちこめてきました。

今日は晴天を期待してきたのに

ちょっと難しそうです。

 

PB110016

 

木道もかなり整備されていて

歩きやすいんだか歩きづらいんだか

よくわからず

一体誰の歩幅が基準なんだー

と言いたくなる歩きづらさ。

 

PB110018

 

しかし、ところどころの自然に

足をとめて写真をとりまくります。

 

PB110020

 

綺麗ですよね~。

一人でうっとりしてしまいますが

汗だくで登っていきます。

 

PB110022

 

掘山の家に到着

ここからは僕の足で1時間くらいです。

 

PB110025

 

登りはどんな感じかというと

こんな登りが延々と続きます。

写真だとあまりわかりませんが

ヒーコラ言いながら登るのが

結構スキです・・・。Mでしょうか。

 

PB110027

 

お年寄りは掴みたくなるよねー

などとこの看板を見て

独り言を言いながら登ります。

 

PB110028

 

花立山荘が近い雰囲気になってきます。

見晴らしのとても良い場所です。

 

PB110030

 

花立山荘に到着

 

PB110031

 

うーむという景色
やっぱり今日はダメですね~

 

PB110033

 

晴れていれば綺麗に相模湾と大島などが

よく見える場所なんです。

 

最後の登りを頑張って

 

PB110039

 

8:44塔ノ岳に到着・・・。

予定よりちょっと早く到着しました。

 

PB110042

 

うーん 何も見えない。

山小屋のネコが寄ってきましたが

食べ物がもらえないとわかると

サッサといなくなってしまいました。

 

PB110043

 

お湯を沸かして紅茶を飲んで

次は丹沢山を目指します。

 

PB110045

 

PB110046

 

こういう山もたまには幻想的でいいですね~

 

PB110050

 

丹沢山に到着しました。

たぶん初めての山です。

登ったとすると、子供時代に

親父につれてこられたかもしれません。

 

PB110052

 

気温は4℃

油断すると指がかじかんできます。

 

お茶もさっき頂いたので

トンボがえりで塔ノ岳に戻ります。

 

PB110054

 

なかなか急なところもありますが

すたこら戻ります。

 

PB110055

 

塔ノ岳に戻ってきました。

 

PB110044

 

少しガスが晴れましたが真っ白です。

これからも前半は以前たどった逆ルート

地形図をよく見ながら方向を定めます。

 

PB110074

 

これからコンパスを東に振って

新大日⇒行者ヶ岳⇒烏尾山⇒三ノ塔

まで、稜線を忠実にたどります。

 

PB110067

 

一応こんな鎖場もあります。

ナメてかかると落ちるので慎重に登ります。

 

PB110069

 

丹沢の紅葉が綺麗ですね~

もうぼちぼち終わる感じですかね。

 

PB110071

 

12:05

烏尾山荘に到着しました。

おおっ!計画とピッタリの時間で焦ります・・。

 

以前は烏尾尾根を登ってここに到着し

今日の逆ルートで塔ノ岳に行きました。

 

今回は烏尾山荘から三ノ塔を目指します。

ヒーコラのぼって後ろを振り向くと

烏尾山荘がチョコンと尾根に乗ってるのが見えます。

 

PB110072

 

こんな感じ

 

PB110073

 

なんだか可愛く見えますね。

 

PB110075

 

三ノ塔に到着しました~

今日の登りはここでおしまい。

あとは三ノ塔尾根を一気に下るだけです。

 

PB110076

 

丹沢界隈は登山道の整備も良いですし

いたるところに看板があります。

 

PB110078

 

これだけハッキリしていれば

道に迷うことなどないのではないか?

と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、迷いやすいところは

必ず誰かが迷って

草を踏みつけた「踏み跡」があります。

 

この踏み跡をみて、登山道だと思い

同じように道から外れてしまって

遭難騒ぎになるケースがあります。

 

なので分岐では必ず地図を確認したり

コンパスを振って方向を確認するクセが必要です。

 

PB110077

 

僕も長く山をやっていますが

最近はGPSを購入してお守り代わりに持ち歩いてますし

無線もつねに携帯しています。

 

意外と携帯電話って

電波が入らないことも多いですし

なにより、負傷者などと遭遇した場合

助けを求める手段としても有効です。

 

PB110082

 

1:43

無事に風の吊り橋に戻ってきました。

お疲れ様でした。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

一人で山に行く僕の姿をみて妻は

一体なにが楽しいのか理解不能のようです。

 

たしかに、登りはツライし、寒くなったりするし

荷物もあるしで普通に考えたら

結構大変なことだと思います。

 

でも、こうして山に出かけると

季節の流れや空気を感じ取ることができて

それは、会社のデスクや街では

感じることの出来ない空気です。

 

実は今回の山行も

カミサンと約束していたのですが

確信犯的ドタキャンされたので一人で来ました。

 

いつか必ず山にひっぱり出そうと思って

あの手この手で誘っているんですが

なかなかおびき出す事が出来ません。

 

もう寒くなるから今年はむりだなー

来年の春かなー・・・。

 

もー!

 

ったくー!

 

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2015.11.19
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。