ブログBLOG

厳選素材を探す 奈良県吉野編(3)(自然素材の新築・リフォーム)

UPDATE:2014.10.23
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

140125_055 - コピー

 

自然素材・天然素材の老舗

厳選素材住宅の駿河屋 九代目の一桝です。

 

 

 今日は「厳選素材を探す 奈良県吉野編(2)」の続きです。

 

なんだか(1)と(2)は食べ物ばかりの話で厳選素材ネタに入らずスミマセン・・。

 

いよいよ今回の出張の目的であった、吉野の銘木を見て回ります。

 

僕が厳選してお勧めできる木が無いか、

いつものように目を皿のようにして鼻を効かせ、製材所をまわりました。

 

その中でとても素晴らしい床暖房用の桧のフローリングを見つけたので

ここでご紹介したいと思います!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ちなみにこれは、吉野の小学校で使っている

無垢の学校用の椅子です。

 

吉野は学校の椅子も机も無垢なんです。

 

10406386_734002323334963_2586597278892401094_n

 

 

綺麗ですね~

 

こんな机で6年間勉強できたらどんなに素敵でしょうね!

 

さて、さっそく製材所の敷地に入ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

中では丸太の皮むきが行われていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらは、木材といえば何でもかんでも機械(人工)乾燥をしてしまうのではなく

木の特性を見極めて、機械(人工)乾燥と天然(自然)乾燥とを分けていました。

 

簡単に言うと、水分が抜けやすい木か抜けづらい木かということが選別の基準ですが、

 

機械(人工)乾燥を一律してしまえば簡単ですが、

熟練の目でひと手間もふた手間もかけるところが、とても共感できました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

どうですかこの色艶!

吉野の木はこの淡い桜色の赤みと均一で細かい年輪が魅力なのですが

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

機械乾燥にも関わらず、その色艶が残っています!

 

ちなみに乾燥方法は企業秘密なので、ここでは僕が勝手に公開できません・・・。

 

知りたい方は僕に直接聞いてくださいね。

 

ヒントは、丁寧に優しく数回に分けて・・・です。

 

 

それにしても当然ですが、香りもいい!(^_^)/

 

一般市場の床暖房用のフローリング材ですが、あまり好ましくないものが沢山あります。

 

一律、機械で強制的に高温で乾燥させてしまえば、

当然、狂いはすくなくなり、クレームも発生することもないでしょう。

 

しかしこうした素材は、完全に木の油が抜けきってしまい、ウエハースのように軽く

そして、木の本来もっている油分も抜けきり、魅力の乏しい木となってしまいます・・・。

(T_T)

 

 

無垢の床、特に杉なんかを床に使うと本当に暖かい。

 

しっかりと施工すれば冬場の床暖房なんていらないくらいなのですが

やはり暖房効率やお年寄りや体の弱い方のお身体のことを考えると、

暖房器具として床暖房はエアコンより数倍良い

 

そうなると、僕たち「木」の専門家も、床暖房にも対応できるフローリングというのを

いくつか本当にお勧めできるものを揃えておく責任があると思っております。

 

今までは日光のある製材所がつくっている杉の床板が比較的良かったのですが

椅子の生活だと杉はやはり少し柔らかすぎることもあります。

 

そこで出会ったのが、こちらの桧のフローリング!

(*^_^*) 

 

低温で短時間、数回行うことで、木の香りや油、艶などをうまく残しながら

床暖房に対応できるように水分を抜いています。

 

 

しかも!

 

最終的に出荷する前に、

「それでも反ったり割れたりしそうな木はハネる(はずす)」

と言っていました。

 

僕はそこまで丁寧に責任をもって床暖房用のフロア材を作っているところを見たことがありません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この角材に貼ってあるものはなんだと思いますか?

 

実は、製材前に図面をもらって、どの部分にどの柱を使ったら一番美しいか、

製材所が考えて出荷しているのです。

 

昔は届いた柱を大工さんが考えて場所を決めて行ったのですが

 

現在ではプレカットの場合には、工場にそのまま行ってしまい、

せっかくの素材の持ち味が生かせないのが普通です。

 

 

やはり現地に来て、人に会い、仕事を見ないとだめだなぁと新ためて感じました。

 

本格的な冬を迎える前にご相談いただいた、床暖房を希望されているお客様には

なんとか間に合いそうです!

 

 それもこれも、ご案内頂いた中井さんのおかげです!

ありがとうございます!

 

 

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント・幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の 

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

UPDATE:2014.10.23
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。