ブログBLOG

四万十桧は「まな板」に最適だって事、もこみち君も知っている

UPDATE:2016.08.19
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝のテレビ番組 ZIPの料理コーナー

Moco’sキッチンの「もこみち」君が使ってる

まな板って、どこの木か知ってますか?

 

PB270374

 

あれは高知県の四万十川で有名な

「四万十桧」(しまんとひのき)なんです。

高知県宿毛市(すくもし)の四万十桧は

別名「幡多桧」(はたひのき)ともいい

油分が多く抗菌作用が高く

まな板に最適なんです。

 

 

四万十桧(しまんとひのき)

四万十桧(しまんとひのき)

 

P8180452

 

四万十桧の特徴は

赤身部分が淡いピンク色で

とても上品な感じです。

 

年輪も平均的に適度につまっていて

桧の中でも油分が多い方になります。

 

四万十川のある高知県は

日射量と雨量が全国1位の気候ですが

山岳地帯は冬場は冷え込む為に

温暖で育つ環境と、冬場の冷え込みで

年輪とともに強い木に育ちます。

 

赤身の色目は山の地質の影響や

植林されてきた桧の原種によるものと

僕は考えているのですが

同じ桧でもビックリするくらい

山域によっても違ってきます。

 

静岡の天竜は急峻な山で

木を強く育てますが

四万十桧は日照や雨量や台風

四季の温度変化で強くするようで

比較的強い木材と言われます。

 

まな板に最適

まな板に最適

 

なにしろ淡いピンクが美しく

油分も多く抗菌パワーも強いので

まな板にも最適です。

 

まな板といえば

僕が小学校にあがりたてのころ

新しい友達が出来て、その友達宅に

遊びにいくんだと言うと

オヤジはよく僕にまな板を持たせてくれて

友人のお母さんにプレゼントしたものでした。

 

このまな板パワーは絶大で

友人のお母さんにはよく可愛がってもらいました(笑)

 

まな板といえば

榧(かや)や銀杏、柳なんかも良いとされていますが

榧はすでに国産ではほとんど見なくなり

他の木であるならば、僕は四万十の桧をオススメします。

 

 

まな板販売計画進んでます

まな板販売計画進んでます

 

PB270370

 

この四万十桧をつかってまな板つくりたいなぁ~

とずっと考えていたのですが

あるご縁で、先日のカバノキのテーブルを

注文してくれた鷺島さんが、

あるお店でまな板をおきたいのでご依頼下さいました!

 

丁度僕も考えていたところだったので

その場で快諾、

そして今回、四万十桧のサンプルが届きました。

 

こだわり抜いた四万十桧のまな板

こだわり抜いた四万十桧のまな板

 

四万十桧のまな板は、ネットで探すと

有名なところが出てきますが

そことは全く出所も別。

たった二人で製材している

こだわり抜いた製材所さん。

 

「注文がないと挽かないよ」といいます。

そう、丸太で何年も自然乾燥させて

注文してからはじめて板にするために挽いてくれるのです。

 

PB270350

 

しかも「天然乾燥」です。

高知木材センターの浜田さんにお願いしたら

僕が「人工乾燥木材」はあまり使わないことを知っているので

こんな素敵な四万十桧を見つけてきてくれました。

 

天然乾燥した木は油分がたっぷり残っている

いわば本物の木材です。

 

まな板は反ると使いづらいので

現在では機械で強制的に水分や油分を抜く

「機械乾燥」一般的です。

「天然乾燥のまないた」を作っているところも

本当にごくわずかだと思います。

 

機械で乾燥した木材は

木の本来持っているアロマ成分などが

抜け出てしまっている、もはや木のミイラと

呼ぶ人がいるほどのもの。

 

せっかくの四万十桧の高い抗菌作用である

大切な油分をしっかりのこしたこのまな板を

是非手にとって観て頂きたいです!

 

で!いったいいくらなんだ!

で!いったいいくらなんだ!

 

気になります。

まだ、価格を教えてくれません。

僕も知らないのです。

 

特にこちらの製材所は

注文してから挽くので

あるいみ時価なんです。

 

まな板で時価!?

売れないような価格ではしかたありません。

 

ちょっぴり高価だけど大事につかってくれる

いずれ反ったりするけれど

僕たちに預けてくれれば、カンナをかけて

新品みたいにして戻します。

 

駿河屋にきてくれれば

自分でカンナをかけてもらっても

楽しいかもしれません!

 

包丁も使い捨てにする人がいると聞いてびっくりしたのですが

道具は手入れをして長く使って愛着を感じてもらいたい。

まな板だって長く使えたら嬉しいですし、

料理だってもっと楽しくなるはずです!

 

すでのいくつか注文が入ってます

値段が決まったらまたお知らせしますね~!

贈り物にもいいかも~♪

 

P8180453

 

あ、当然ながら四万十桧で

フローリングも可能です!

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

いや~ 眺めれば眺めるほどいいですね

こんなのでまな板つくったら、日々の生活がまた

豊に感じられそうです。

 

このまな板を使ってくれる人は

是非、こだわりの包丁と大切に

そして、砥石なんかもかって、手入れをして

つかってみてほしいですね。

 

こういう生活も、「丁寧」な暮らしだと思いますし

心が豊かになりますよね。

 

なるべく手の届く価格にして

沢山の方に、本物の木の良さを

日々の生活で楽しんで頂きたいです。

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.08.19
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029