ブログBLOG

子供の顔が見られるリビングイン階段は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が帰宅してから、すぐに部屋に閉じこもらないように

 

学校帰りの顔色に気付くように

 

直接子供部屋に入れる間取りでは無く

リビングを通らないと部屋に入れないようにしてほしい。

 

そういうご要望はとても多いです。

 

これを「リビングイン階段」と呼びます。

 

リビングは家族のコミュニケーションの場ですので

それはとても自然な要望です。

 

しかも、ひきこもりなんていうものが増える現代。

 

親としては心配ですよね。

 

でも、リビングイン階段でなければダメかというと

そうではありません。

 

そもそも、個室を子供に与えるときに

 

「子供といくつか約束を決める」

 

事が大切です。

 

この約束は、親が決めてはいけません。

 

子供に自主的に決めさせることがポイントです。

 

マネジメントでも言えることですが

 

上司が決めた目標よりも、自ら決めた目標の方が

部下は達成しようと努力します。

 

具体的目標が設定できない人には

いくつか目標を提案して、選ばせることが大切です。

 

子供とのルールもこれと同じで

自分でルールを提案できなければ

いくつかルールを親が示して、本人に選ばせることがポイント

 

子供部屋とは、子供の社会性を育む場所、能力の芽を伸ばす場所です。

 

しかし、使い方を間違えると、真逆の効果すらあるものです。

 

 

さてさて

 

 

話しをリビングイン階段に戻しますが、

 

「帰ってきて、荷物を片付けたら必ずリビングでお話しをする」

 

というルールを決めれば、リビングイン階段に

こだわらなくても良いのです。

 

住環境的な話しになりますが

リビングイン階段を採用すると、階段とリビングが

当然一体となることで

 

空調負荷が増え、夏は暑くて冬は寒いリビングになり

家族が集まりたくない場所になる可能性もあります。

 

そうすると、それぞれが部屋にこもってしまうなど

望んでいることと逆のことになってしまいます。

 

リビングイン階段を計画する場合には

 

「家の断熱計画」や「空調計画」をセットで

考えることが、とっても大切なんです。

 

 

自然素材住宅についてもっと知りたい!という方は

 ★メルマガ「社長の厳選素材住宅論」に是非ご登録下さい。 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。