ブログBLOG

子供部屋はどう考える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【子供部屋はどう考える?】

 

住まい作りにおいて、子供部屋の概念、いろいろありますよね。

 

今日は一つの例を用いてお話し致します。

 

とある母子家庭のお話し

 

お母さん1人で苦労して娘さんを育て上げましたが、

その娘さんが中学生になって突然非行に走ってしまいました。

 

そこで、宇用曲折ありましたが、

最終的に「住まい方」を変えることにしました。

 

その親子が住んでいたのは階段室型のアパートで、

玄関に入って右側が母親の領域、

左側が娘の領域という住み分けとなっていました。

 

母親との領域の間には、コンクリートの壁で仕切られており、

玄関を通ってしか行き来が出来ない。

 

娘の領域には電話やテレビに冷蔵庫まであって、

お互いに行き来する必要がないようになっていました。

 

まるで母娘の断絶を表しているようでした。

 

このような住まいは「住まい方」に問題があります。

 

いくら電話やテレビを取り上げても、

空間構成自体に断絶されているので、

関係は回復することはできません。

 

結局母親は、娘との望ましい関係を保ちやすい間取りの家へ転居し、

結局足かけ2年がかりで娘を立ち直らせたそうです。

 

その間取りとは、

 

1Fのリビングキッチンに面して母親の部屋があり、

リビングキッチンから階段を上がった2Fに

娘の部屋があるというものでした。

 

つまり、母娘が日常的に顔を合わせ、

言葉を交わせる間取りなんですね。

 

ルールをつくって自立心をうながす間取りもありますが

 

いったんこじれた場合には、こうしたところから

 

きっかけをつくって行くことがとっても大切です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<<あとがき>>

 

住まいや住まい方がまずければ、

そして、それに対処する方法がまずければ、いさかいも増え、

家庭生活がつまらないものになってしまうものです。

 

我が家はというと・・・。

 

以前は狭いリビングを強引にテーブルのあるダイニングスペースと

ソファなど置いたリビングスペースをつくっていました。

 

食事を終えるとすると、ソファに移ってテレビを見る。

 

そんな生活様式に疑問を感じて、思い切って大きな無垢の座卓を

どーんとリビングのど真ん中に置いて、ソファとテーブル、椅子などを処分して

洋風の座椅子生活にしました。

 

照明はペンダント照明3台を天井から低く吊し、優しいライティングに。

 

そうすると、居心地が良いので自然と家族が集まりました。

 

宿題したり、本を読んだり、おやつを食べたり、昼寝したり。

 

いつもそのローテーブルを囲んでます。

 

会話も自然と増え、リビングの住まい方を変えて

本当に良かったなと思ってます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自然素材住宅についてもっと知りたい!という方は

 ★メルマガ「社長の厳選素材住宅論」に是非ご登録下さい。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。