ブログBLOG

子育てママに贈る「自然素材住宅塾」Vol.14です(^_^)b

RELEASE:2016.03.09     UPDATE:2017/12/25
CATEGORY:ブログ, 子育てママのための「自然素材住宅塾」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

自然素材・天然素材の老舗

厳選素材住宅の駿河屋 九代目の一桝です。

 

毎月、駿河屋から郵送でお送りしているニュースレター「空まめの木」に

 

同封させて頂いている「子育てママに贈る自然素材住宅塾」ですが

 

こちらでも画像配信させて頂いております。

 

20130906_118

 

今回はVol.14です。

 

***********************************************

こんにちは。駿河屋の九代目当主一桝です。

僕にはこの春、高校3年になる長女と中学3年になる長男がいます。自分の部屋をひとりひとり与えたのは去年。それまでは二人で一つの部屋を子供部屋としていました。勉強などは主にリビングを使っていました。元々自宅はダイニングとリビングを別けていたのですが、大きな6人掛けの無垢の座卓にして、座椅子の生活にしたら、家族がそのテーブルを囲んで過ごすことが多くなりました。幼児から思春期の子供の生活空間は、とっても大切なんですよ。今日はそんなお話し。

それでは、今月も子育てママにお役にたてる、おうちの中で大切なこと、発信します!

 

【子供の成長に大切な子供部屋の話し】

 

住まい作りにおいて、子供部屋の概念、いろいろありますよね。子供部屋という概念、日本にはもともとありませんでした。欧米型の生活を習うように受け入れてきた戦後に「子供部屋」という概念が出来上がりました。この子供部屋、一体いつから必用だと思いますか?

 

ある母子家庭のお話し。

1人で娘が中学生になって突然非行に走ってしまいました。そこで、宇用曲折ありましたが、最終的に「住まい方」を変えることにしました。

その親子が住んでいたのは階段室型のアパートで、玄関に入って右側が母親の領域、

左側が娘の領域という住み分けとなっていました。

 

母親との領域の間には、コンクリートの壁で仕切られており、玄関を通ってしか行き来が出来ない。娘の領域には電話やテレビに冷蔵庫まであって、お互いに行き来する必要がないようになっていました。まるで母娘の断絶を表しているようでした。

 

このような住まいは「住まい方」に問題があります。

いくら電話やテレビを取り上げても、空間構成自体に断絶されているので、関係は回復することはできません。

結局母親は、娘との望ましい関係を保ちやすい間取りの家へ転居し、結局足かけ2年がかりで娘を立ち直らせたそうです。

 

その間取りとは、1Fのリビングキッチンに面して母親の部屋があり、リビングキッチンから階段を上がった2Fに娘の部屋があるというものでした。

つまり、母娘が日常的に顔を合わせ、言葉を交わせる間取りなんですね。

今でこそ当たり前に言われていることですがやはり大切な事ですね。

 

子供部屋の役割は、親からのシェルター的役割を果たす側面もあります。

しかし普段の生活という観点で見ると、「子供が自分のテリトリーを持って、そこをコントロールする能力を磨く場」でもあります。

自分の部屋を居心地良くすることで、様々な能力が引き出されるのです。

インテリアや片付けなどで空間構成能力も高まります。

 

親はそれを後押しするために、あまり手を出さずに我慢することが大切です。

所有とは自己責任が発生することです。これは社会にでたら一番大切なことかもしれませんね。

 

また、1人で考える時間も大切です。しかし、勉強するところは自由にしてあげましょう。そんな時に、最初にお話ししたようなリビングが役に立ちます。

勉強を個室でずっとする癖をつけると、静かな場所でした集中できない大人になってしまいます。仕事場は必ずしも静かな場所ではありませんからね。

 

今回は子供部屋と間取りの話しをしました。最初の例のように、間取りは家族関係を悪化させるほどの大きな力を持っています。でもその逆に、家族の関係を温かく、強く、関係を築く間取りもあるということですね。

***********************************************

PDFでもダウンロードしていただけます。

 

201408月号「室内空気の大切さ」(保存版)自然素材住宅塾

 

 

※画像をクリックするとPDFが開きます(2ページ)

 

 

201505月号「子供の成長に大切な子供部屋の話し」(保存版)自然素材住宅塾

 

 

 

 

今回も住まいづくりにとって大切なこと。

 

お届けしております。

 

郵送のニュースレターが希望の方は、遠慮無くお問い合わせ下さい。

 

お待ちしております!(^_^)b

 

 

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリフォーム 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声


お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
宿泊体験型モデルルーム 他とは違うこだわりの「自然素材」を泊まって体験!
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
宿泊体験型モデルルーム 他とは違うこだわりの「自然素材」を泊まって体験!