ブログBLOG

子育てママに贈る「自然素材住宅塾」Vol.16です(^_^)b

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

自然素材・天然素材の老舗

厳選素材住宅の駿河屋 九代目の一桝です。

 

毎月、駿河屋から郵送でお送りしているニュースレター「空まめの木」に

 

同封させて頂いている「子育てママに贈る自然素材住宅塾」ですが

 

こちらでも画像配信させて頂いております。

 

20130906_118

 

今回はVol.16です。

 

***********************************************

こんにちは。駿河屋の九代目当主一桝です。

いよいよジメジメの梅雨に突入したころでしょうか。珪藻土(けいそうど)や無垢のフローリングにしたお宅は「部屋干しの乾きっぷりがスバラシイ!」とよろこんで頂いておりますが、皆さんの住まいはいかがですか。冬は雪山に登る僕ですが、梅雨から秋は、渓谷に出掛けて滝を登って山の頂上に行く沢登りばかりしてます。ジメジメはいやですが、マイナスイオンを浴びまくりながら登る滝は爽快ですよ。

それでは、今月も子育てママにお役にたてる、おうちの中で大切なこと、発信します!

 

【ぜん息と食物アレルギーの基礎知識】

以前「ぜん息と食物アレルギーの基礎知識」というテーマでのセミナーに参加したときのお話しをお伝えします。講師は地元すみだの同愛記念病院、増田先生です。

様々なお話しを2時間にわたってお話しして下さいましたが、その中で、興味深かった内容をお伝えしますね。

現代社会では、やはり食物アレルギーは、増え続けているのが実情のようです。

割合でいいますと 

乳児 10% 幼児 5% 学童~成人 2% という比率だそうです。

このように、多くの人は成長するに従って、アレルギーに対する食べ物に慣れてきて、反応が出なくなるのだそう。

だいたい、3歳くらいで半分の人たちは治る(反応しなくなる)ようで、治療方法としても、少しずつ食べることで、治る方に誘導することがあるそうです。

これは、食物アレルギーの経口(けいこう)免疫(めんえき)療法(りょうほう)といって、原因食物を除去するのではなく、

逆に繰り返し食べる事で、食物アレルギーの治癒を目指す治療法だそうです。

 

それにしても、症状の出た特定できる食べ物を、口に入れるということは、大人でも抵抗のあることですよね。小さい子供ならなおさらです。なかなか辛い治療法だと思います。

さて、最近の傾向としては、昔には少なかったアレルギーが増えているそうです。

それは ・魚卵・魚・ピーナッツ。

今はイクラなんて手軽に食べられるようになりましたからね。ピーナッツは化粧品などにも含まれているので、ピーナッツアレルギーの人は注意が必要だそうです。

 

「アレルギーマーチ」という言葉をご存じですか?

僕は知りませんでしたが、アトピー性要因を持った人が

(アトピー⇒食物アレルギー⇒気管支ぜんそく⇒アレルギー性鼻炎)

このように、次々に症状が起こることを言うのだそうです。

なので、アトピーの症状のある方は、ぜん息になりやすいというお話しもありました。

しかし、ぜん息の原因は、公害や気象条件などよりも、住環境が原因となることが大きいと、先生もおっしゃってました。

 

興味深い話しだったのがペットの問題。ぜん息というと、ペットを手放すというのが定説だと思ってましたが、このペットに不随する毛やフケなども、食物と同じように慣れてしまうようです。ですので、現在では、ペットはそのまま飼い続けることが出来るようになったようです。

 

それと、布団に関して、サンヨーとの協同調査をした時の話しもすごかったです。

布団掃除機というものを使って、朝晩、布団の掃除をしてダニの数を調査したらしいのですが、 畳 1千 絨毯 2万 ふとん 3億!!!

これ、ダニの数です・・・。表面というより、布団の中に沢山いるということでした。

ぜん息は夜に気管が収縮するので症状が悪化する傾向があるようですが、布団による影響もあるようですね。

最後に僕から質問させて頂きました。

「アレルギーは先進国特有の疾患で、発展途上国には無いと言われていますが、その原因はなんだとお考えになりますか?」

という質問にたいして、「アレルギー反応を起こすIgE抗体は、本来外部からの細菌に対して、攻撃していたものが、衛生的によくなった関係で、その分様々なアレルゲン(食や空気)に反応するようになったのではないか」とお答え頂けました。

 

人間ももともとは、大きな循環の中で生きる生物の一つですから、自分だけ外れて生きていこうとしても、そうはいかないのかも知れませんね。

***********************************************

PDFでもダウンロードしていただけます。

 

201408月号「室内空気の大切さ」(保存版)自然素材住宅塾

 

 

※画像をクリックするとPDFが開きます(2ページ)

 

 

201507月号「ぜん息と食物アレルギーの基礎知識」(保存版)

 

 

 

 

今回も住まいづくりにとって大切なこと。

 

お届けしております。

 

郵送のニュースレターが希望の方は、遠慮無くお問い合わせ下さい。

 

お待ちしております!(^_^)b

 

 

 

 

 

駿河屋がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声


お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。