ブログBLOG

新築住宅よりも中古住宅の方が重大な構造的リスクが低い場合もあるということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古の戸建て住宅は

すでに完成している新築住宅より、

考え方によっては

実はリスクは少ないものもあります。

 

1 (429)

 

それは中古住宅であれば

重大な欠陥がすでに表面化しているから。

 

つまり、新築の重大な結果は

なかなか表面化してきていないということ。

 

重大な構造的問題点

重大な構造的問題点

 

建物の地盤は新築後の

時間の経過とともに徐々に安定します。

 

なので中古住宅で問題があるとすれば

すでに表面に出てきているはずです。

 

それは床の傾斜であったり

建具の建て付けの悪さや隙間だったり。

または基礎のクラックとよばれる亀裂だったり。

 

そうしたものが表面化していなければ

構造上の問題点は少ないと言えます。

 

また内部からみて壁にシミやカビ、

天井にしみが無いようであれば

結露や雨漏れの大きな問題は、ほぼ無いと言えます。

 

問題が表面化するのは時間がたってから

問題が表面化するのは時間がたってから

 

新築住宅は完璧な状態に見えるかもしれません。

しかし地盤や構造など重要な問題が表面化するのは

しばらく時間がたってからのことです。

 

新築住宅の場合、瑕疵担保責任で

10年の補償がつきますが

これは構造上重要な欠陥に対してだけです。

 

徐々に基礎が傾き、建具の不具合程度しか

表面化されてないのは、築10年程度のこともあります。

 

補償は延長可能ですが

現在問題となっているのは、建てた会社が倒産し

補償を延長出来ないということです。

 

当社も補償を受け継いでくれないかと

相談されることもありますが、

存在しない会社の施行した住宅の補償は

残念ながらお受けすることはできません。

 

前の住まい手がどれだけメンテしていたか

前の住まい手がどれだけメンテしていたか

 

中古住宅のメリットの1つは

重要な欠陥があればすべて出きってしまうこと。

しかし、そうはいっても経年劣化する部分もあります。

 

なので、中古物件はどれだけ適切にメンテナンス

をされていたかが重要です。

 

どれだけ新築時に素晴らしい建物でも

正しいメンテナンスがなされない住宅は

すぐに痛みがでて老朽化が進みます。

 

ようは以前の住まい手がどれだけ愛情を注いで

その住まいの面倒をみていたかどうかで

建物の寿命が変わってくるのです。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

新築ではなく中古の戸建て住宅の購入では

なにかリスクが高いようなイメージを持たれる方も

沢山いると思いますが、

 

実は考え方によっては、すでに完成している

戸建て住宅の方がリスクがあるケースもあります。

 

中古は経年劣化でメンテが必要なものもありますが

重大な欠陥は出尽くしていることが多いです。

 

そうした重大な欠陥のサインさえ

見逃すことをしなければ、実は新築の建売住宅よりも

よっぽど安心な場合もあるということです。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029