ブログBLOG

木の特性がライフスタイルを変える

UPDATE:2015.10.20
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが生活する空間

すなわち住環境に対して

木のもつ吸放湿性能、断熱性能、

柔らかさや、紫外線の吸収などは

 

身体への負担を比較的

すくなくしていると言われています。

 

130424tennenmura (11)

 

こういったことが

「なんとなく落ち着くよね」

という感覚につながっていると言って

良いかもしれません。

 

木の特性である吸放湿機能

木の特性である吸放湿機能

 

特に木が他の素材と大きく違う点は

「吸放湿性」があります。

 

簡単に言うと

湿度が下がると木から水分が出て

湿度が上がると木が水分を取り込む

 

つまり吸放湿するということ。

 

130202TS (21)

 

現代の一般的な住宅建材である

ビニルクロスや合板フローリングなどを

使用せずに、

 

無垢の木をフローリングに使ったり

壁や天井に木の板材を貼ったりすると

温度が上がったり下がったりしても

湿度は大きく変化しません。

 

130424tennenmura (1)

 

 

吸放湿できない合板、ビニール建材

吸放湿できない合板、ビニール建材

 

反対に、ビニールや合板などでできた

「新建材」の住まいは

吸放湿することが出来ない為に

夏などは湿度は上がる一方ですし、

 

エアコンなどで除湿しなければ

蒸し暑くてたまりません。

 

冬は冬で乾燥する為に

どんどん加湿すると

余分な湿度が結露して

カビが生えやすくなったりします。

 

木材の表面を触るとサラっとした

手触り、足触りなのは

吸放湿性のおかげです。

 

スギの断熱性能

スギの断熱性能

 

また

成長が早い分、

密度の低い(軽い)木であるスギは

断熱性能に優れているので

冬に触ると暖かく感じます。

 

内装にスギを使うと

冷暖房の利きが良いのはその為ですし

香りの効果もあってか

空気のやわらかさを感じます。

 

沖縄の住宅

沖縄の住宅

 

沖縄の住宅で屋根の下地に

スギの45ミリもの厚い材料を貼っている

建物もあるのは、高い断熱性能の為です。

 

P1050221

 

このため、日陰と同じで

窓を開けて通風で生活でき

冷暖房負荷がとても低いといいます。

 

特に夏場はコンクリートの家とは違い

蓄熱をしないので夕方からの放射熱で

暑さを感じることも少ないようです。

 

その効果は夕涼みが家の中でできるか

できないかくらいの違いらしく

以前のコンクリート住宅と違い

夏の電気代が著しく減少したそうです。

 

まわりのコンクリート住宅は

冷房の為に窓を閉め切っているのに

この家だけは窓を開け放ち

風を感じる暮らしを続けているのだそう。

 

まとめ

まとめ

 リフォームや新築は

材料や機器などの機能を追求することや

みかけだけのデザインだけを

気にするだけではなく、

 

「住まい方」が「より良くなる」ことがとても重要です。

 

130424tennenmura (20)

 

自然環境や四季のうつろいの中

住まい方が人間性の形成と

子育てに果たす役割は

決して少なくありません。

 

僕たちはカラっとした晴天の日に

窓を開け放つように

さわやかな空気に触れることは

木にとっても、住まいにとっても

当然、僕たちにとっても良いことで

 

エアコンや暖房器具は

補助的であるはずです。

 

僕たちは生物なので

そうした環境のほうが断然気持ちいいし

本来エコロジーだし結果的にエコノミーです。

 

ビルの一室で石油製品に囲まれ

365日空調されている空間は

現代の職場として当たりですが

自ら空気の良い職場を選択するということは

現代の就職活動ではなかなか難しいことです。

 

しかし、自宅の空気は

住宅をつくる素材をご自身の判断で

厳選することで選ぶことができます。

 

つまり主体的に健全な空気、美味しい空気を選べるのは

自宅だけなのです。

また、人生で一番長くいる空間も自宅です。

 

なので自宅の空気環境は

工務店や建設会社、ハウスメーカーのいいなりの仕様ではなく

しっかりと知り、主体的に選ぶことが良い住まいになる秘訣です。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

復興支援でつながりのできた福島へ

団体旅行を企画しているので
明日から二日間、現地へ下見に行ってきます。

 
震災後に現地の少年野球チームをこちらに招いて

親善試合を開催したのですが、

旅行でも少年たちに会える時間がとれるといいなぁと思ってます。

 

その他には浪江町や火力発電所などをまわって

会津若松に入る予定です。

現地の皆さんに会えるのが今から楽しみです。

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2015.10.20
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。