ブログBLOG

残雪の春山 飯豊山

UPDATE:2016.05.07
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク後半は

以前から春の時期に登りたかった

飯豊山へ登ってきました。

 

今回は移籍した山岳会で初の合宿参加もあり

新コミュニティーでの立ち位置に少々緊張しながらも

皆、きさくに迎え入れてくれ、

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

今回の計画

今回の計画

 

WS000000

 

今回の計画は

川入から御沢小屋経由、

長坂を経て地蔵山で稜線にあがります。

 

WS000001

 

ここから西の三国岳まで縦走し

三国小屋から北の飯豊山方面へ進みます。

初日は途中の無人小屋の切合小屋(きりあわせごや)で一泊

 

WS000002

 

翌日は切合小屋から飯豊山を往復して

3日目に同じルートで下山します。

 

装備

装備

 

今回は山岳会で8名での山行でしたので

食料や装備は共同でもちます。

 

共同装備としては

タープ1、スコップ2、ガスノズル2、ボンベ5(冬季用)、

コッフェル1、ラジオ、テント内マット2~3、

ツエルト2、細引き、ランタン、食糧4食分

 

個人装備は以下の内容を持って行きました。

 

WS000003

 

初日

初日

 

P5030016

8:44

 

川入から林道を通り駐車場まで進み

ここから入山します。

駐車場は開けておりますが

ブユ?が多くずっとまとわりついてきます。

 

P5030019

 

頻繁に刺すことはありませんが

私は2カ所刺されました。

 

P5030021

 

標高600m付近からの登り初めで

ブナの新緑が美しすぎて

久しぶりの東北の春山にの懐かしさで

立ち止まっては木々を眺めての登りです。

 

P5030022

 

入山初日は酒も食料も多く

稜線に上がるまでは登りも厳しいので

天気の良い春山は暑さとの戦いですが

 

P5030027

 

上は天候が一旦崩れると真冬並になるので

服装には悩むところです。

 

P5030028

 

僕は真冬用のハードシェル持参で

今回は挑もうと思いましたが

あまりの暑さで雨合羽持参に変更しました。

 

P5030033

10:33

途中の中十五里

 

P5030029

 

標高を上げていくと美しかった新緑も無くなり

標高1200mを越えると徐々に雪が出てきます。

 

P5030035

 

地蔵山から三国岳の三国小屋を目指します。

 

P5030042

12:57

 

岩稜帯の剣が峰を越える稜線は

事故も多いようなので十分に注意します。

 

P5030044

13:30

 

P5030047

 

P5030048

13:47

 

やっと三国小屋に到着

 

P5030052

13:52

 

ここから切合小屋までは3km程度

方向を確認して歩き出します。

 

P5030053

 

途中、稜線の雪がズタズタに崩れるところもありますが

夏道とのミックスとクラックを稜線側によけて

安全なルートを探りながら進みます。

 

P5030055

 

 

P5030057

 

後ろに見えるのが三国小屋。

 

P5030063

15:11

 

途中の七森には雪がありませんでした。

 

P5030064

 

種蒔山から切合小屋までは稜線上は広く

ガスが出たときは非常に迷いやすい地形です。

 

P5030067

16:00

 

切合小屋に到着

入口は埋まっているのでハシゴで二階から入ります。

 

この小屋は100名収用と言われています。

ゴールデンウィークはさすがに混雑しておりましたが

奥に場所を取り、快適に過ごせました。

 

2日目

2日目

 

朝の天気予報でも低気圧の影響があり

風と雨が強く、今後の行動を話し会いました。

今日を停滞日として明日山頂を目指し下山か

もしくは今日の午後の天候回復時に合わせて

山頂を往復し、明日の強風の中、下山するか。

 

結局、2日目の今日、天候回復前に下山しはじめ

剣が峰で天候が安定するタイミングで

岩稜帯を通過することに決定。

土砂降りに近い中、山小屋を後にしました。

 

剣が峰にさしかかったころは晴れ間が覗き

風も納まってきたので安全に下山出来ました。

 

P5040068

 

P5040071

 

P5040081

 

P5040078

 

P5040084

 

下山終盤は新緑のまぶしいブナの森

 

P5040086

14:52

 

大白布沢に下山。

 

帰りは目当ての蕎麦屋が閉店していたので

地元で立ち話していたお母さんに相談したところ

なんと店を開けてくれる交渉をしてくれるとのこと

 

P5040087

龍胆(りんどう)そば

 

別の蕎麦屋さんでしたが

なんと打ち立てを出してくださり

美味しく頂くことが出来ました。

 

打ち立ての蕎麦って全然違うんですね~!

2枚目に打ち立てを出して頂きましたが

食感がまったく違って、すごく美味しかったです!

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2016.05.07
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029