ブログBLOG

狭い家は「動線」を工夫して広くする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家が広く感じるのは、見た目の広さが影響します。

しかし、それ以外に広く感じるもう一つの理由があります。

今日は住まいを広く感じるための

間取りのコツをお話し致します。

 

DSC_0272

 

広さの感覚はなにで感じるか

広さの感覚はなにで感じるか

 

一般的に家の広さは平方メートルや坪数で判断されますが

それだけでしょうか。

実際には、面積よりも広く感じたり、

狭く感じたりすることはありませんか。

 

昭和に流行った細かく区切られた部屋のある家は

どこもかしこも壁だらけなので、

とても狭く感じてしまいますよね。

 

もう1つは「動線」です。

よく、「家事は回遊型にすると使いやすい」

なんて言われますが

 

掃除や洗濯や料理など、様々なことを

忙しくこなすお母さんは

それぞれが行き止まりの部屋だと

非常に動きが効率悪いのです。

 

これを、廊下や扉を工夫して

ぐるぐる廻れるような間取りにすると

とてもストレスフリーになりますし

家も広くなったように感じます。

 

これと同じように、家の間取り全体も

回遊できるように工夫してあげると

家全体が実際の広さよりも

広く感じることになるんですね。

 

動線が長くなると得られるもの

動線が長くなると得られるもの

 

動線が多くなると、

当然ながら風が通り抜けやすくなります。

 

風が抜けるような間取りは、

住まい心地が良いだけで無く

空気環境的にみてもとても良いことです。

 

ジメジメと湿気が溜まることも無く

カビが生えづらく、結露もしづらい家になり

常に新鮮な空気が流れる住まいになります。

 

また、動線を長くするといおうと

限られた面積を廊下が

占めてしまうように感じるかもしれませんが、

単純に廊下を増やすということではなく

廊下の途中に家具や家電を配置することで

空間の無駄もなくなります。

 

回遊型にすることで、

子供ものびのびと走れる家になりますし

子供はそういう間取りが大好きです。

 

 

キッチンへの動線を2つつくる

キッチンへの動線を2つつくる

 

戸建て住宅における勝手口は

いうなればキッチンへの動線の1つです。

 

外部から直接入る動線と

室内を通って入る動線です。

 

この勝手口、

家事に関わるものを直接運び入れられて

とても便利ですね。

それに、ゴミ類を家の中を延々と通らずに

すぐに外に出せるのでもとても便利です。

 

それ以外にもリビングの来客中に

買い物をして入る時などは

いちいち、お客様の前を通って

キッチンに入らなくて良いというメリットもあります。

 

そんな勝手口のような、

キッチンへのもう一つの動線をつくるととても便利です。

 

0027

廊下から水回りへアプローチする扉

 

マンションでも戸建てでも十分に可能なのですが

玄関から廊下を通ってリビングに行く動線と

玄関から直に水回りなどを通ってキッチンに行く動線

これを確保すると、家事などがとてもやりやすくなります。

 

ゴミ出しも楽ですし、

買い物したものを運び入れるのも楽ですよね。

 

まとめ

まとめ

 

一般的に住宅は「〇LDK」などと書くと

間取りが多くて広い家のイメージになるために

不動産を販売する側は、

なるべく部屋数を多くしようとします。

 

これが、細かい部屋を生んだ原因の1つなんですね。

最近もまだまだそうした風潮が残りますが

実際に住まいを探している人は

細かく仕切られた家よりも、

間取りを取り払った家に住みたいと

思う人が多くなってきています。

 

当社にご相談にこられるお客様も

間仕切り撤去なんていうリフォームは結構多いのです。

 

必要の無い間仕切りはどんどん撤去して

家具などで簡易的に仕切りながら

子育て時期やライフステージに合わせて

どんどん間取りを変化させていく住まい方が

今後はさらに増えてくるかもしれません。

 

そうした住まいは、風も通りやすく、動きやすい。

なにより家族の会話の増える

「風通しの良い家族」の住まいと言えるかもしれません。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

明け方にトイレに入って

便座の降りてない便器に座って

ものすごくビックリして目を覚ましました!!

 

便器のひんやり感と、落下するような感覚

並の絶叫マシーンを軽く超えてると思います!
年に1回はかならずやってしまう・・・。

 

 【お問い合わせ】  【著者 プロフィール】

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の 

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

 記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。