ブログBLOG

足の故障をかかえてますがトライアスロンの練習頑張ってます。

UPDATE:2015.09.01
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村上トライアスロン出場が

いよいよ今月20日に迫ってきました。

 

 uid000063_2011072219091825f0536a

 

大会にエントリーをしないと

どうも練習をサボってしまいます。

 

その為、今回のエントリーは

大学院大学友人であり

トレラン仲間の美香さん

トライアスロンデビューをするということで

 

応援も兼ねて、同じ社会人大学院の

ばっしーと一緒に

今年唯一のトライアスロン出場を決めました。

 

やはりデビュー戦は気持ちいいコースじゃないと

その次のトライアスロンのモチベーションに

繋がらないということもあって

 

出場者が異口同音に「素晴らしい」と言う

村上トライアスロンにしたわけです。

 

笹川流れを泳ぎ、海沿いをバイクで走る

想像しただけでも気持ちよさそうです!

 

その大会がいよいよに迫ってきたので

ここ1ヶ月くらい、少し気合い入れて

練習に励んでいます。

 

一旦挫折したトライアスロン

一旦挫折したトライアスロン

 

IMG_3506

 

格闘技と山、スキーしか経験のない僕が

30歳でアイアンマン完走を目指しました。

 

理由はただ単に、

「30歳で大きいことに挑戦してみたかったから」

というだけの理由。

 

周りにやっている人もおらず、

もともと持久系が苦手な僕は

マラソン5㎞でひーひー言う壁を越えられなく

アッサリ撃沈。

 

自分には向いてないかな~と感じて

一旦、諦めていたトライアスロンでしたが

あるきっかけが、いくつか続いたのが縁で

再び挑戦することになったのでした。

 

身体づくりって大切だよねって思った

身体つくりって大切だよねって思った

 

長いつきあいのある同年齢の友人が

脳梗塞で倒れました。

 

また山をずっと一緒に続けていた仲間が

仕事による忙殺、飲酒による肥満などで

全く山に登らなくなってしまったのです。

 

さらに、社会人大学院に在席中は

睡眠時間が3時間程度の生活だったので

入学前の生活習慣であった

運動を一切やめてました。

 

大学院大学はもうすぐ卒業だけど、

細くなった手足と少し出たお腹は

年齢相応の不細工さでした。

 

現代の日本人の平均的老後

現代の日本人の平均的老後

 

僕は住まいづくりにご相談に来るお客様に

「平均寿命」と「健康寿命」の話しをします。

 

現代の日本は、65歳の定年まで一生懸命働いても

なんの器具や介助も必要なく

自分の身体で生きられるのは、わずか5年です。

 

 WS000000

 厚生労働省「健康寿命の延伸に向けた最近の取り組み」

 

それから徐々に弱っていき

ほぼ80歳で人生の幕を閉じるのをご存じですか?

 

 せっかく生まれて来たのに

そんな人生なんて「もったいない!」

未来は現在の結果

現在は過去の結果です。

 

充実した人生を過ごしたければ

やっぱり楽しみながら日頃から身体づくりを

することが大切だよね。

そう思ったんです。

 

そんな事を考えながら

自分の身体に不満を抱えていて

そろそろ身体動かしたいなぁと思った

大学院大学卒業間近

 

たまたま「白馬トレイルラン」大会の

実行委員の方と友人になったのがきっかけで

大学院の仲間と「トレイルランチーム」を結成しのが

トレーニング再開のきっかけとなりました。

 

1233558_609649582420867_586689712_n

 

社会人大学院に入学するような人たちは

どちらかというと、

ハードルを越えていくのが大好きな「どM」な人達なので

大学院の懇親会で誘ったら

すべて未経験者にもかかわらず6名釣れました。

(みんなありがとー!)

 

これが持久系スポーツを仲間と楽しむきっかけになり

とっても良かったと思ってます。

 

この完走経験から持久系スポーツに自信が付き

「そういえば」と思い出したのが

トライアスロンに再挑戦の始まりだったんです。

 

どうやらトライアスロンは短い距離もあるらしく

オリンピックディスタンスという

オリンピック競技種目の距離を行う

トライアスロンがあると知り

去年、挑戦をしたのが始まりでした。

 

「オリンピック・ディスタンス」[1]のレースは、スイム1.5km・バイク40km・ラン10km、合計51.5kmの距離で行う。「ロング・ディスタンス(長距離)のレースは、スイム4.0km・バイク120km・ラン30km、合計154kmの距離で、そして、「アイアンマン・ディスタンス」のレースは、スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km、合計約226kmで行う。

(wiki)

 

去年出場したトライアスロン

去年出場したトライアスロン

 

去年6月には「館山トライアスロン」

通称「タテトラ」でトライアスロンデビューをしました

初出場して3時間切りで無事に完走しました。

 

IMG_0901

 

9月には「九十九里トライアスロン」

通称「99T」に出場し

3時間で完走できました。

 

10712816_865541580137222_5685503527176405189_n

 

トライアスロンを通じて、20代の友人も

沢山できたのがとっても嬉しいです。

 

 

足の故障

足の故障

 

オリンピックディスタンスが完走できたので

次はミドルと言われる距離に挑戦しよう。

まずはフルマラソンからだ!

と去年の暮れはフルマラソンの練習ばかりしてました。

 

しかし・・

 

数日続けて20㎞を走っていたところ、

4日目で足首の異常が始まり

5日目で歩けなくなってしまいました。

 

接骨院に行くと「腱鞘炎」と診断。

足首は普通腱鞘炎にならないらしいですが

負荷をかけすぎたことと

ランニングフォームが原因だそうです。

 

意外と軟弱なんだな~俺の脚って・・・。

と、ちょっとショックを受けました・・・。

 

骨折歴

骨折歴

 

数年前に僕は足首を骨折してしまったことがあります。

理由はここでは特に触れませんが

この骨折によって、足首の可動域が

狭くなっており、正座もあまり出来なくなりました。

 

この可動域が狭くなったことが原因で

ランニングの蹴ったあとの動きがおかしく

足首に負担をかけているということでした。

 

アスリートクラブに行ってみた

アスリートクラブに行ってみた

 

それならと、ランニングフォームを矯正する

インソールを特注で作ってくれるという

神田のアスリートクラブへ行きました。

 

行くと、案の定、足の硬さを指摘

足首の可動域を増やすストレッチと

ふくらはぎを伸ばす台?の購入を勧められましたが

これなら会社で作れるな~と思い

購入を踏みとどまり

 

工作上手のスタッフ、やまもっちゃんに

CADで図面を書いてつくってもらいました。

 

P8310876

 

先端に一枚挟んでいるのは

可動域が広がったので、さらに角度を付けるため

フローリングを一枚挟みました。

 

新月伐採の葉がらし・天然乾燥の無垢の杉をつかう

なんとも心地良いストレッチ台が完成しました。

やまもっちゃんに感謝。

 

実はこれに毎日、朝礼時に乗っかって

朝の朝礼をやってます。

おかげでふくらはぎが伸び

朝から気持ちいいです。

 

ランニングフォームの矯正

ランニングフォームの矯正

 

ランニング時にも調子の悪い右足のフォームを

気にしながら走るようにしました。

 

しかし、どうしても10kmを越えてくると

足首の調子が痛くなるのです。

 

登山ではほぼ平気だったので

トレランで試したところ

30kmくらいから痛み出しました。

 

痛くなると全くダメで

激痛で歩かなければならないほど

痛みが酷くなります。

 

トレランで距離が出せるのは

足首の動きがランニングと違って

色々な方向へ動くからだと思われます。

 

つねに一定の動きであるランニングでは

10kmが限界の足になってしまいました。

 

足はいいからスイムをやろう

足はいいからスイムをやろう

 

facility_2

 

足の調子はもうこんなもんだと諦めました。

仲間に言わせると

「治る前に運動しすぎだ!」

ということのようですが、じっとしてられないんです・・。

 

足の故障を理由に、ランニングも距離を伸ばさず

バイク(自転車)ばかり練習してました。

 

それも、ロードバイクではなく

自宅のエアロバイクで・・。

(あまり練習にならないと言われている・・。)

 

毎週水曜の夜は、ルネサンスでスイムレッスンなのですが

これも、仕事に追われてなかなか出席が出来ませんでした。

 

しかし、ここへきて、いよいよマズイと感じるようになって

立て続けに泳いでおります。

 

去年に比べて身体も重く

1時間で1500m程度泳いでも

腕の疲労が著しく、手が上がらなくなります。

 

うーん 本当に完走できるんだろうか

という感じさえありますが

スイムで普通に泳げれば問題ナシとしてます。

 

結局練習するしかない

結局練習するしかない

 

僕はトライアスロン初心者なので

伸びしろがまだまだ沢山あると思います。

 

なので、結局練習さえすれば

何も問題ないのです。

 

その練習をサボるから自信がなくなるだけであって

練習さえしていれば、自分自身の自信に繋がり

落ち着いてレースに出場できると思います。

 

なんだか今日は、トライアスロン出場前の

自分の気持ちの整理のようなブログになりましたが

現在、このような状況で、大会に向けて

頑張っております!

 

また報告します!

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 昨日から毎週月曜の午後は

東京体育館で大貫映子さんのレッスンを受けることにしました。

この大貫さんはドーバー海峡を初めて泳いだ日本人で有名で

OWS(オープンウォータースイム)のパイオニア的な方です。

 

小柄な身体に意思の強い眼差し

笑顔が素敵な方でした!

 

 

 

 【お問い合わせ】  【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の 

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

 記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

 

UPDATE:2015.09.01
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。