ブログBLOG

電磁波測定士を取得して見えて来たもの

UPDATE:2015.10.01
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「電磁波」というと何を想像されますか?

電子レンジやIHヒーターに近付いてはいけない。

高圧線の下に住む人に白血病が多い

などなど。

 

人によってそれぞれです。

当社に相談に来られる方も

化学物質過敏症の方や

シックハウス症候群の方

もしくは

健康意識の高い方

沢山の方がご相談にみえます。

 

こうした方々に

「電磁波対策について興味ありますか」

と聞くと、一様に「是非教えてほしい」

とおっしゃいます。

 

以下は朝日新聞の「電磁波についての意識」調査です。

 

6.2%・人体に影響を及ぼすと思っているので、対策をとっている。

74.7%・人体に影響を及ぼすと思っているが、対策をとっていない。

19.1%・人体に影響を及ぼすと思っていない。

 

つまり8割の方が影響を懸念している状態ですが

対策が出来ているのが、ごく一部の人だということです。

 

世間では非常に高い関心があるにも関わらず

どう対処してよいのかわかない。

そんな戸惑いが見えて来ます。

 

この度、マーキュリーアカデミーを通じて

電磁波対策の専門家である土田直樹氏

ご縁を頂くことにより、

電磁波対策についてより本格的に学ぶ機会を頂きました。

 

今日は、電磁波測定士2級を取得して

わかってきたことをお伝えしたいと思います。

 

※俗に言う電磁波とは「電磁場」「電磁界」の事であり、「電磁波」と総称で呼ぶ事は専門的視点からは好ましくないが、

社会通念での通称は「電磁波」と一般に認知されているため、このサイトでは「電磁波」と総称して記載する。

 

電磁波測定士って何する人

電磁波測定士って何する人

 

IMG_5851

 

電磁波測定士とは、

「電磁波の専門家」ではなく

「電磁波対策の専門家」です。

 

ですので、電磁波に対する正しい知識と

対策のプロであり、そうした技術、知識を

正しく使いながら

生活の周りにある電磁波の影響を最小限に

抑える為に活動する専門家です。

 

電磁波(電磁場・電磁界)は見えるものでもなく

匂いもないし、そもそも自分自身が

帯電していることすらわからない

扱いが非常に難しいもの。

 

この特殊な技能を

広く社会に浸透させて

電磁波(電磁場・電磁界)対策が

より早くスムーズに普及させて行くことを目的に

一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)

つくられました。

 

電磁波測定士はEMFAが講習を行い

試験に合格した者が電磁波測定士と

なることが出来る資格です。

 

現代社会で複合的に人体に影響するもの

現代社会で複合的に人体に影響するもの

 

私たちの生活の中心は家庭であり、

その拠点は住まいです。

 

現代社会は経済発展とともに

様々なものが進化、変化してきました。

 

私たちの生活をとりまく環境もその一つです。

厚生労働省は

「快適で健康的な居住環境に関するガイドライン」

を設けており、様々な研究機関や団体が

取り組み研究を続けています。

 

そうした中で少しずつ判ってきたことは

シックハウスや化学物質過敏症などの

環境による人体への障害がある事であり。

 

こうしたものは、単一的に症状が発症するのではなく

複数の物質や要因が複合的に影響をすることで

「足し算」ではなく「かけ算」的に

悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

 

食物や花粉や化学物質が複合して

ぜん息やアトピーなどのアレルギー症状が出ることでも

わかると思います。

 

そんな中で、電磁波(電磁場・電磁界)も

電気の副作用として影響が指摘されています。

 

電磁波測定士誕生の背景

電磁波測定士誕生の背景

 

かつては住まいから電磁波(電磁場・電磁界)が

どれくらい発生しているか

正しく測定できる人材はいませんでした。

 

氾濫する不確かな情報や機器は

電磁波(電磁場・電磁界)への不安を煽るばかりで

正しい情報を混乱させ

「何を信じてよいのかわかならい」

という状況を作り出していました。

 

そこで、正確に電磁波(電磁場・電磁界)を

測定出来る人材の育成と対策をおこなうべく

電磁波測定士の制度資格が2006年から

スタートしました。

 

電磁波対策提案の為のEMFA

電磁波対策提案の為のEMFA

 

EMFAは単なる学術研究団体ではなく

電磁波測定士を通じた実践的解決を

見いだすことを目的としています。

 

様々な事象を適切に判断し、

対策方法を提案する為には

実測経験の積み重ねが重要です。

 

この実績の積み重ねが電磁波対策を

つくりだす為の基礎、ノウハウとなります。

 

ドイツのフランクフルトでは

こうした電磁波(電磁場・電磁界)対策をする

約3000人ほどの技術者が

日々測定と対策の為、活動しています。

 

日本は電気消費量世界第三位

日本は電気消費量世界第三位

 

日本は電気消費量が世界第三位

であるにも関わらず、

電磁波(電磁場・電磁界)に対する

知識も対策もノウハウも全くない国でしたが

 

現在では、全国で800名の資格保持者が

現場の状況や測定結果を集め

「実績」が対策のノウハウとして

蓄積されています。

 

まとめ

まとめ

 

今回、私は電磁波測定士2級を取得しました。

電磁波とひとくちに言っても

専門的知見からは細かく分類され

それを行うことで、一般の人にはより複雑な

話しとなってしまっています。

 

私のブログでは

電磁波は「電磁場」「電磁界」を差しながら

電場と磁場という言葉を使って

なるべくわかりやすく皆様に伝えて行こうと思います。

 

特に、安易に不安を煽るのではなく

身近に簡単にできることからお伝えしていけたら

そう思っておりますので

今後の発信に期待してください。

 

12038855_880027925407269_1392752853878738534_o

 

関連ブログ

電磁波と正しくつきあう為に知っていたいこと

電磁波(電磁場・電磁界)を理解し避ける具体的方法

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

昨日は久しぶりに高尾山を30km程走ってきました!

天気も最高で、気持ち良かったです。

 

IMG_6111

 

 今日はトレラン仲間と東京体育館でスイムです。

東京体育館は50mプールなので

距離を稼ぐトレーニングに最適です。

今日は1500mかあら2000m泳いできます!
 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2015.10.01
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。