ブログBLOG

高気密住宅と化学物質濃度は関係するのをご存じですか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

140125_121

 

自然素材・天然素材の老舗

厳選素材住宅の駿河屋 九代目の一桝です。

 

 

今日は、高気密住宅と化学物質濃度の関係をお話ししたいと思います。

 

シックハウスや化学物質過敏症の症状が出てしまう要因の一つに

 

住宅の気密化があげられることは、以前お話しました。

 

 

昔は今のような石油から出来た新建材がなかったことと

 

あったとしても、住まい自体に隙間が沢山あったので

 

いつのまにか換気されていることで問題にならないような住宅でした。

 

 

 

高度経済成長時代に入り、国策で人口を増やし、住宅をどんどん建てた時代

 

住宅はより早く、より安く、効率化を求めて進化(退化?)してきました。

 

 

その一つとしてスチールやアルミサッシが挙げられますが

 

この金属窓の登場で、住宅の気密化が進んだと言えるかもしれません。

 

 

1990年代のシックハウスの社会問題は、まさにこの気密化と新建材が原因です。

 

室内化学物質の濃度は、建材などから発生する量と換気などによって出て行く量で決まります

 

その意味で「高気密な住宅ほど化学物質濃度が高くなりやすい」

 

というのはあたりまえの理論ですね。

 

 

では、なんで高気密化が必要なんでしょうか

 

 

それは主に地球の温暖化防止のためです。

 

 

生活が豊かになって冷暖房時間が長くなってきました。

 

 

気密性の低い家で冷暖房することは、窓を開けて冷暖房するのと変わらず

 

エネルギーの無駄がとても多いのです。

 

 

地球環境を考えることはとても大切ですが、その為に人が犠牲になる家も困りますね。

 

 

 

しかし、

 

化学物質に関しては、「ここまでやれば大丈夫」という基準がまだないので

 

難しい問題なのです。

 

 

厚生労働省が指針値を出しましたが、「この数値を満たせば大丈夫」といった値ではなく

 

強いて言うならば「この値を超えると標準的な人でも障がいが出る」という値なのです。

 

 

化学物質への反応は個人差が大きいので、指針値以下なのに

 

健康障害になった症例も沢山あります。

 

 

特に、小さいお子さんや女性のほうが症状が出やすいと言われています。

 

 

 

住宅を高気密化で建てたという認識があれば、内部の素材を

 

自然由来のもので厳選して仕上げれば、問題が起きることはあまりありません。

 

 

しかし、

 

高気密を意識していなくても、普通の住宅より高気密になるマンションや

 

ツーバイフォー住宅などのように、建て主や工務店が「高気密になっている」と

 

意識していないケースが多いのです。

 

 

 

ですので、住い手は高気密と新建材の関係をよく理解して、本当に安心出来る素材で

 

室内環境を整えることがとっても大切なんですね。

 

 

 

また、自然素材、天然素材といっても、とってもおかしな物があります。

 

 

カタログ上ではまったくわかりませんし、ネットでの評判もいい

 

 

しかし

 

 

仕上がった部屋に入ると、厳選素材とまったくちがう。

 

樹脂、化学性の物質の匂いがとってもする・・。

 

 

当然ながらその場では、そうした話しには一切触れませんが

 

使ってみないとわからないものが本当に沢山あります。

 

 

だから産地に行ったり、生産工程を見たりすること

 

材料に何が使われているか調べることは

 

とても大切なんだと、改めて思います。

 

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント・幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の 

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

 記事が気に入ったら是非シェアしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声


お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。