ブログBLOG

「新耐震基準」木造住宅に、84%が倒壊の可能性あり

UPDATE:2013.10.10
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 耐震
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんおはよう御座います。

 

本日は耐震に関してお話しを致します。

 

最近、ユーズド物件やビンテージ物件と言われる中古の住まいですが

 

一般的に新耐震基準以降である、昭和56年6月以降に建築確認を

 

取得した物件であれば、現在の耐震性能を持っており、

 

安心だという考えが一般的でした。

 

しかし、

 

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(以下、木耐協)は、

 

耐震診断の結果等について調査データをこの度発表しました。

 

http://www.mokutaikyo.com/data/201308/201308.pdf

 

今回で28回目となる今回は

 

「新耐震以降の多くの木造住宅が現行耐震基準を満たしていないこと」

 

を明らかにしました。

 

木耐協は2月と9月に木造住宅の耐震診断結果を発表していますが、

 

今回の発表は9月のものです。

 

調査対象の住宅で、新耐震基準となる昭和56年以降に建てられた住宅も、

 

その84%に耐震性が不足しているという結果が発表されました。

 

理由は築年数による建物の劣化や、

 

平成12年に改正された現行の建築基準法である新・新耐震に照らすと

 

「壁の配置バランス基準などの不足」が理由となっています。

 

耐震性能は、壁の強さや量も大切ですが、一番はバランスです。

 

また、強引なプランとして、1Fと2Fの壁の位置が全く合っていないものも存在します。

 

そうした建物はバランス性に欠け、かならずしも地震に強い建物とは言えないのです。

 

ビンテージ物件をご購入の際は、ご自身の判断だけでなく、

 

できれば耐震に関して詳しい方に、一度見て頂くことをお勧めします。

UPDATE:2013.10.10
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 耐震
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。