ブログBLOG

バックカントリースキーのアプローチにマウンテンバイクを使う

UPDATE:2017.04.10
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春はバックカントリースキーのシーズンです。

雪も天気も安定してきます。

 

豪雪地帯の尾瀬も、ゴールデンウィークからバスが通行してハイカーがどっと押し寄せますが、その前の時期。

林道が閉鎖されている時に、自転車で山に入る人もいます。

 

つまり、車が入れない林道を、マウンテンバイクにスキーを取り付けてアプローチに使うということです。

 

マウンテンバイクにスキーを取り付けて山に向かうなんて、想像しただけで子供みたいにワクワクしてしまいます!

 

 

至仏山でバックカントリースキー

 

至仏山は尾瀬にある山です。

自然豊で美しく、雪もたっぷり付くので山スキーヤーにも人気の山です。

 

至仏山

至仏山(しぶつさん、しふつさん)は、群馬県の北東部、みなかみ町片品村との境界に位置する標高2,228.1mのである。二等三角点「至仏山」が設置されている。日本百名山の1つに数えられており、尾瀬国立公園[1]に属する。標高はオーストラリア大陸の最高峰(七大陸最高峰)のコジオスコとほぼ等しい(ただし登山の難易度は標高だけでは決まらないことには注意)。

(wiki)

 

ゴールデンウィークにバスが開通して、一般の登山者が沢山やってくる人気の山です。

道路はその前に除雪作業が進められていて、開通前はアスファルトの状態です。

なので、人が入らない時期で、なおかつ通行しやすい状態を狙って、自転車を至仏山のアプローチに使う人が増えています。

 

当然、バックカントリースキーヤーもだまっておらず、自転車にスキーをくっつけて、至仏山の登山口を目指す人が増えています。

 

 

僕も狙ってます。

 

当然僕もそういうものには目がないので、バックカントリースキー&マウンテンバイクで至仏山を狙っています。

去年も狙っていたのですが、雪がすくなすぎたことと、タイミングが合わずに断念。

今年は是非とも行ってみようとおもって、先週あたりからソワソワしています。

 

マウンテンバイクに積んでみた

 

マウンテンバイクへの積載はこんな感じです。

現場で養生につかう発砲材のパットをシートポストとハンドルポストに巻き付けて、ウレタンバンドで固定です。

 

P4081100

 

大切な大切なマウンテンバイクは数年前に友達がヤフオクパーツだけで組み上げてくれたオリジナルです。

なので、しっかりと養生をして、バンドでがっちり止めます。

 

ずりおちて自転車が傷だらけになったらカナシイですからね・・・。

なんとアルミフレームなのにフロントフォークとリアがカーボンなので、サスペンションはないけどアルミよりしなやかで、乗り味はマイルドです。

 

P4081103

 

これにブーツをビンディングに取り付けます。

それでバッチリ!

あとは天候と休日のタイミングが合うのを祈るだけです!

 

子供みたいでスミマセン・・・。

UPDATE:2017.04.10
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。