ブログBLOG

一番大切なのは子供部屋ではない

RELEASE:2021.10.12
CATEGORY:ブログ, 子育てと住まい, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

駿河屋の 一桝です。

 

 

子供部屋をどうするかというポイントは、与え方や広さだけではありません。

 

大事なのは

 

「いつまで子供がその家に住むのか」

 

という使用期限です。

 

これは僕のカミサンのように、子供を溺愛している親ほど考えたくないのだと思います。

 

子供はいずれ外に出て、自立してもらわなければなりません。

 

受験の準備や日頃の勉強のために子供部屋が必要なのは、小学校高学年くらいから大学卒業までの12年くらいです。

 

それよりもずっと長く暮らすのは自分たち夫婦です。

 

家は子育ての役割を終えると、夫婦が老後を過ごす場所になります。

 

家を購入する時点では、どうしても子育て中心に見てしまいがちです。

 

いずれ夫婦で住む家であることを忘れてしまうと、子供が巣立ってもいつまでも子供の部屋がそのままに残るような家になってしまいます。

 

家づくりで大切なことは、将来の家族構成の変化を設計図に最初からもりこんで考えることです。

 

子供はいずれ独り立ちします。引きこもりやパラサイト、子供オジサンなど、様々な自立できない大人たちが増えている現在、

 

自分の子供はしっかりと育てたいと、誰もが思っていたはずです。

 

しかし、これだけ多くの「自立できない大人」がいるのはなぜでしょうか。

 

それは、私たち大人が、夫婦の暮らしを中心に考えないからではないか?と思います。

 

夫婦の暮らしを中心に考えない家づくりは、子供の成長に少なからず影響を与えます。

 

日当たりの良い部屋を子供に与え、両親が北側の狭い部屋を寝室にしているようでは、誰が家長なのかわからなくなります。

 

家は夫婦のものであり、子供部屋は居心地をよくしない。

 

そして子供はいずれ自立して行くのだということを、日頃からも本人にしっかりと伝えていくことが大切だと思います。

 

もっと詳しい話しを聞きたい方は、下記から無料のプレゼント動画で「ブログではお伝え出来ない事」を詳しく解説しています!

 

きっとお役に立てると思います!

※不動産探しからの方は両方のバナーもクリックして動画を受け取ってください。

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリノベーション(フルリフォーム) 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リノベーション(フルリフォーム)・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124イイニホン-029オーガニック

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。