ブログBLOG

夏の暑さは気温だけではない

RELEASE:2023.01.10
CATEGORY:ブログ, 健康, 戸建住宅について, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

駿河屋の 一桝です。

 

 

夏の暑さを感じる原因は単なる気温の上昇だけではありません。

 

実は家の周囲にあるものが日射などで暖められて、そこが熱の発生源になって、家を暖めていることが多いのです。

 

なのでこの「熱の発生源」を改善することで、室内の快適さも高まるのです。

 

 

 

暑さの原因の1つに「表面温度」があります。

 

人間が感じる温度「体感温度」は、おおよそ「気温」と周囲のものの「表面温度」の平均だといわれています。

 

なので、「表面温度」の高いものに囲まれると暑く感じるんです。

 

 

 

「表面温度」が高くなる原因の1つは「日射」です。

 

窓から日射が直接入ると、日射によって室内空気や床などが暖められて室温が上昇します。

 

床の温度が気温より暑くなっていたら、さらに室内空気は上昇します。

 

これは、室外でも同じです。

 

 

 

窓の外の土間が日射で高温になっていたら、そこから熱が放出されて窓自体の温度も上がり、窓を通じて室内温度も上昇します。

 

こうしたものが夏に室温を上昇させているとわかれば、それに対して対策をすることができます。

 

庇やカーテン、ブラインド、すだれなどは、そうした事に対する対策です。

 

 

 

でもこうした対策は、

 

「室内側でするより、室外側でするほうが効果が高い」

 

です。

 

 

 

つまり、室内のブラインドより、外のスダレ。

 

窓先のウッドデッキにパーゴラを付けて日陰をつくれば、窓先の表面温度が下がります。

 

 

 

こうした対策をすることで、窓を閉め切りエアコンをガンガンかけるのではなく

 

窓を開け放ち、涼しい風を入れることができるようになります。

 

 

もっと詳しい話しを聞きたい方は、下記から無料のプレゼント動画で「ブログではお伝え出来ない事」を詳しく解説しています!

 

きっとお役に立てると思います! ※不動産探しからの方は両方のバナーもクリックして動画を受け取ってください。

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリノベーション(フルリフォーム) 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リノベーション(フルリフォーム)・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124イイニホン-029オーガニック

< 事業エリア >

東京 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市

千葉 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市

埼玉 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市

神奈川 川崎市

※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。