ブログBLOG

思い出の湖畔のテントサイトを探しに

UPDATE:2017.04.17
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ずっときになっている場所があります。

今から30年くらい前、学生時代によく仲間とキャンプをしに通った湖です。

そこは丁度、入り江のようになっていて、観光地からも離れていてとても静かな場所でした。

 

午前中の講義が終わったら、みんなでカヌーとキャンプ道具を満載にして、よく通ったものでした。

その静かな場所に久しぶりにテントを張って、好きな本とあの頃ハマっていた安いバーボンでももって、また行ってみたいなぁと思うようになりました。

 

今日はそんなお話し。

 

ヒミツのテントサイト

 

学生時代は本当によく通いました。

気持ちよすぎて一泊して、翌日の授業に間に合うために大変な思いをしたり、朝一はサーフィンやって、昼の講義を受けて、午後はこのテントサイトを目指したり。

学生のころから本当にそういうのが大好きで、街に出ずに自然の中にばかりいました。

 

今のカミサンも一度連れて行ったことがありました。

朝起きたら、フライフィッシングをしている人たちが沢山いてビックリしたのですが、誰も釣れていない中、ニジマスを一匹釣って、その場で捌いてムニエルにして、釣れていない釣り師を眺めていたのも楽しい記憶です。

 

しかし場所がイマイチわからない。

夢のかけらを探すような感じでグーグルアースを開きました。

 

 

グーグルアースで探す

 

WS000001

 

ずっと気になっていたけど、その湖のどこだったか?どうやって行ったか記憶がありません。

グーグルアースで「ここらへんだったかなー」と探しても、イマイチピンときませんでした。

 

もうこれは行ってみて、当時の記憶を呼び覚ますしか方法がないと思い、先日の休みに天候不良の登山を中止して、暖かくなってきたのでバイクで湖に向かいました。

 

 

バイクで湖を目指す

 

P4061084

 

僕のバイクはBMWのF650GS というモデル。

以前はハーレーのスポーツタイプに長く乗っていましたが、1200CCで重すぎるのと、タンクが小さく遠乗りに向いてないなどなどの理由で手放しました。

 

IMG_0271

 

手放したくないくらいカッコ良かったんですけどね~・・・。

 

少し気軽にのれる650CCバイクにしました。

ロングツーリングでも疲れないし、視界も高く乗りやすい。

ブルーとレッドのチェッカーがカッコイイと勝手に思っています。

 

天気は午後から雨でしたが、うまくいけば見つけられるかもしれません。

見つけられなくてもそれはそれでいいかななどと考えながら、高速を飛ばします。

 

P4061081

 

平日のサービスエリアはバイクが一台も止まっておらず静かです。

なんと、浅草の有名な洋食屋さんの「ヨシカミ」のカツサンドが売ってました。

 

P4061082

 

「うますぎて申し訳ないス!」

 

という文字に誘われて購入。

 

開けてみると

 

P4061083

 

ビニールにつつまれていて新鮮さに欠けてすこしがっかりでしたが、まずまずの美味しさ。

ゆっくりとブラックコーヒーをたっぷり頂き、バイクとサービスエリアの空気を懐かしく感じました。

 

 

記憶にあるのは小さな桟橋と砂地。

グーグルアースで探すと、なんとなくそれっぽいのが見つかったのですが、はたしてそこなのか~??

 

 

天気は今にも崩れそう

 

現地に向かうのに、ワインディングロードをぐんぐん登ります。

気温も同時にどんどん下がってくるし、天気は今にも雨が降りそう。

 

やばいな~カッパもってきてないしなー

もう帰ろうかな~

 

という気分です。

 

 

湖畔につづく道をいろいろ入りますが、なかなか記憶がよみがえりません。

もう帰ろうかなと思ったとき

 

「あれ?」

 

という景色に出会いました。

 

 

懐かしい場所

 

あれ?という場所に入ると林道になりました。

このデカイバイクで林道に入るのは、以前スリップしたトラウマがあるので、とてもイヤ~な気分なのですが、記憶に導かれるように進みます。

 

進むにしたがってだんだん確信にかわってきて、ヘルメットの中で「おお!」とか「もしかして!!」とか、興奮の言葉を連呼します!

 

なんと!たぶんここ!

 

P4061092

 

林道終点が車が停められるスペースになっているので、ここでバイクを降ります。

 

P4061095

 

 

発見!

 

やはりここでした!

 

P4061090

 

なつかしー!

 

P4061089

 

よくここで焚き火したり、カヌー乗ったり、酒飲んだりしたもんです。

 

場所の確認が出来たので、雨が降る前にトンボ帰りです!

帰りもサービスエリアに寄って、コーヒーで余韻にひたってました。

 

P4061096

 

登山もいいけど、楽しいキャンプ道具満載でみんなとキャンプも楽しいし、一人でテントもってバイクで焚き火と酒と本を楽しみに隠れ家として行くのもいいなぁと感じています。

 

当時購入した古いカヌーでも引っ張り出そうかなんて想像しながら今から楽しみにしています。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

帰りに墓参りを今月していないことを思い出し、東京方面はまだ天気がもちそうだったので急遽向かいました。

天候不良で山に行けない日もありますが、そんな日は普段できないことが出来て、整理整頓やメンテナンスをしている気分です。

 

墓参りがおわってふと気がつくと、満開の桜でした。

 

P4061097

 

久しぶりに顔出した僕への祖先からのプレゼントのように感じました。

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.04.17
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029