ブログBLOG

マンションの住戸数は修繕積立金に影響するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

駿河屋の 一桝です。  

 

マンションは十数戸の小さなコミュニティから100戸以上のビッグコミニュティまで様々です。  

 

マンションは住戸数が多いか少ないかで「あるリスク」に影響を及ぼす場合があります。  

 

それは「修繕積立金」です。  

 

「修繕積立金」とは、住居の所有者がそれぞれ一定割合を毎月出し合い積み立てを行い、建物の定期的なメンテナンス費用をまかなうものです

 

しかし、住戸数が少ないと、必然的に一世帯あたりの修繕積立金の額が増えてくる傾向にあります。  

 

私は以前、  

 

「住戸数が多くても少なくても、負担割合はそれほど変化しないのではないか?」  

 

と考えてましたが、様々な物件をみていくなかで、やはり小さいコミュニティは築年数を経ていくにしたがって、明らかに修繕積立金の額の上昇率が高くなっていくようです。

 

その分岐点となる住戸数はどれくらいか?   私が考えるには「50戸前後」が1つの基準ではないでしょうか。  

 

以前、20戸クラスの物件を調査したことがありましたが、お客さまと購入の決断をする直前に、このマンションの理事会が金融公庫から借金をしていることがわかりました。  

 

それでも他の条件はとても良かったので、   「長期修繕計画」と「今後の修繕積立金の計画」で返済計画と修繕計画をきちんと計画されていればと、再検討の余地もあるかもしれないと思い、管理会社に問い合わせました。

 

しかし管理会社からは

 

「そうした計画はありません」  

 

という返答だったので、お客さまには   「買うべきではない」   というアドバイスをしました。    

 

逆に修繕積立金が潤沢にあるマンションはどんなマンションでしょうか?  

 

それは、住戸数が多く、外壁が塗装メインの仕上げになっている物件です。  

 

こうした塗装メインのマンションは、タイルより高級感が劣ることから最近では見かけなくなりました。

 

どちらかと言うと一昔前のデザインのため、築年数も古い物件に多いようです。  

 

しかし、ビックリするくらい修繕積立金が沢山たまっているケースが多いです。  

 

塗装はタイルに比べて見劣りする仕上げではありますが、タイルは常に「剥がれるリスク」があり、調査と修繕が必要な仕上げです。  

 

修繕費用が潤沢なマンションは、早め早めに修繕ができ、結果的に資産価値を維持しつづけることができるマンションです。      

 

もっと詳しい話しを聞きたい方は、下記から無料のプレゼント動画で「ブログではお伝え出来ない事」を詳しく解説しています!  

 

きっとお役に立てると思います!   ※不動産探しからの方は両方のバナーもクリックして動画を受け取ってください。

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリノベーション(フルリフォーム) 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リノベーション(フルリフォーム)・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124イイニホン-029オーガニック

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。