ブログBLOG

5月にみんなで植えた苗。こんなに成長しています!

UPDATE:2016.06.21
CATEGORY:スタッフブログ, ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
駿河屋スタッフの奥山です。

 

DSC_02151-e1412849203440-150x150-150x150-150x150

 

5月に開催した『つちからの会 稲作体験田んぼ学校2016』

 

DSC_0125

 

今日は、みなさんと一緒に田植えした稲の成長を確認してきました。

 

DSC_0696

 

DSC_0660

 

午前中の幸手市はあいにくの空模様で、今にもドシャ降りの雨になりそうな気配。
カエルだけは元気に跳ねまわっていました(^_^)

 

DSC_0646

 

 私たちが植えたのはココですね。
田んぼも一面 苗の緑色に染まってきました。

 

DSC_0650

 

梅雨の季節になりましたが、苗も茎や葉の数が増えてすくすくと成長しています。
だんだんと立派な苗になってきていますね!高さは30センチくらいでしょうか。

 

DSC_0669

 

 まっすぐに植えられなかった田植えがなつかしいですね。
もう少し成長して葉が広がると曲がって植えた苗も見えなくなってしまいそうです。
ちょっと残念ですね ^^;

 

何はともあれ、不揃いではありますが元気に育っていてなによりです。

 

 

6月の田んぼの水管理が重要な時期だそうです。
実はこの季節、田んぼは水を入れたり抜いたりしているんです。

今の時期は苗が茎を増やす「分蘖(ぶんけつ)」という成長のタイミングで、土の中の根が数を増やします。
また、暖かくなり土は稲藁などからメタンガスなどの根に有害なガスを発生させるので、有害なガスを抜くために田んぼは水を抜いて土を乾かし、新鮮な空気を入れるんです。
根がしっかりと張っていないと収穫に影響が出たり、美味しいお米もできません!
水を抜くのは根を張らせる大事な作業なんですね。

 

DSC_0671

 

 雨が降っていたので土は湿っていましたが、今日の田んぼは水無しの田んぼでした。
そして、写真のピントが合っていませんが、茎が増えているのがわかるでしょうか?
「分蘖(ぶんけつ)」していますね。

 

植えた時は2~3本の苗だったはずですが、こんなに増えていました。
秋までにはさらに茎も増え、太くなり、子どもの片手では掴めないくらいになりそうです。

 

田植えをしてから稲刈りまで、天候気候の影響もありますが、だいたい140日くらいです。
今日で42日目。
収穫まではまだまだですが苗は順調に成長しています!

 

 

 

 

 

駿河屋がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の 

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

 記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

 

UPDATE:2016.06.21
CATEGORY:スタッフブログ, ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029