ブログBLOG

マイホーム資金計画webセミナー(第9回)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住まいと家計のコンシェルジュ」
スタイルワンコンサルティング代表の阿部でございます。

さて今日は、マイホーム購入と生命保険のお話、第2弾。
持ち家と賃貸では保障額が違う?についてです。

さて先日、マイホーム購入時には生命保険の見直しをしたほうが良いと
お話させていただきましたが、本日からは各論的お話をして参ります。

生命保険を設計する上で大事なことは、将来起こりうるであろう
「経済的リスク」にはどんなものがあって、
それが、いつ、いくら必要なのかを明確にすることです。

経済的なリスクは、人それぞれです。

家族構成も違いますし、
持家なのか?賃貸なのか?によっても違います。

そこで、持家と賃貸住宅での要保障額の違いについてお話をさせて頂きます。

まず賃貸の場合万一の場合どうなるか?

もし家計の大黒柱であるご主人に万一あった場合、
その後も賃貸住宅に住み続けるということが前提であれば、
少なくとも、残された家族や配偶者が安心して住むことのできる家賃相当分を
残しておかなくてはなりません。

具体的に家賃が10万円の場合で計算をしてみます。

ご主人が亡くなった時点での奥様の年齢が40歳だとして
女性の平均寿命を鑑みて計算すると、
万一以降44年間の家賃が発生することが考えられます。

計算すると…
年間120万円×44年間=5,280万円
家賃だけで5,300万円ほど必要になるわけです。

残された家族が、奥様の実家に戻り、住居費の負担がないのであれば
必要ないかも知れませんが、
そうでない場合は、賃貸住宅に住み続ける限り家賃は発生します。

なので、万一あった場合、残された家族がどこに住むのか?
それを考えておく必要があります。
仮に、今ご加入の生命保険の保障額が3,000万円だとすると…
足りませんよね?

あなたの保険は、残された家族の生活を守ってくれるものでしょうか?
さて次に持家の場合万一の場合どうなるか?
住宅ローンを借り入れてマイホームを購入した場合、
住宅ローンを借入した人が、団体信用生命保険(団信)に加入していれば、
住宅ローンの返済はなくなります。

団信とは、住宅ローン返済中にもし万一のことがあった場合に、
ローン残高に応じて保険会社が残りのローンを支払ってくれるものですので
団信に加入していれば、万一の場合はローンがなくなるということです。

なので、必要保障額を計算するときは、その後のローン返済の義務がなくなりますし
残された家族が住むことのできる住居を確保できるため、
賃貸住宅に比べ必要保障額は低くなるということです。

このように、賃貸と持家では必要保障額に大きな差があります。

あなたの生命保険は、ライフプランの変化に対応できるものになっていますか?
生命保険の見直し相談は無料で行なっておりますので
少しでも疑問や不安をお持ちの方がいらっしゃったらご相談下さい。

http://styleone-c.com/index.html

※駿河屋でのご資金のご相談は、提携している
スタイルワンコンサルティングが初回無料で承ります。
弊社にご依頼頂いた際には、最後までしっかりとサポート
させて頂きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。