ブログBLOG

アレルギー反応の出づらい家にする為の12の事(その2)

UPDATE:2015.07.05
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アレルギー性鼻炎が家の環境で納まると思いますか。

 

という問いかけで始まった前回のブログ

「アレルギー反応の出づらい家にする為の12の事(その1)」

 

アレルギーの原因が住環境だけだとは、当然ながら断言しませんが
さまざまな試みを試してみて、どうも改善できないなという方は
自然素材のみでつくられた”宿泊体験型モデルルーム”があるので
試してみませんかとお勧めしてますとお話ししました。

 

今日は4~6の理由についてお話します。

 

 

4.化学性の塗料・ワックスを使っていない

 4.化学性の塗料・ワックスなどを使っていない

 

IMG_7122

 

俗に言う「自然塗料」には、重金属などが入っているものがあります。

 

顔料が含まれているものは、定着させる為に重金属が必要です。

 

また、一般の塗料は水性ですがテキサノールやメチルピロリドン

などが含まれている場合もあり、安心は出来ません。

 

ここでは荏胡麻と桐の油を混ぜたものを使っています。

その他にも、当社1Fの物販店「空まめの木」で販売している

蜂蜜をつくった蜂がつくった蜜蝋で仕上げている部分もあります。

 

多くの塗料は混ぜ物ですし、工場で生産しております。

工場で生産している塗料は、見学をさせてくれる工場はごく希です。
(試しに見学を申し出てみて下さい)

健康障害がある場合、何が混入されているか解らない素材では

アレルギーや健康障害の原因物質を特定することが出来ません。

(家によって健康障害が引き起こされているかわからない)

 

 

 

5.化学肥料・農薬を使った畳を使用していない

 5.科学肥料、農薬の畳を使っていない

 

市場の8割は中国産の畳と言われていますが、

年々その割合も増加傾向です。

なにより日本の家から新築の度に、

リフォームの度に畳は姿を消しています。

 

SAMSUNG

 

高度経済成長時代は畳農家さんも潤っていたのだと思いますが、

安く早くを優先して、日本人が中国で畳を作り始めたことから

現在の安い畳は全て中国で生産されたものとなってしまいました。

 

中国の畳が良くない理由は農薬の規制がわからないということです。

また、昔の一部の日本の畳のように、色合いを良くする為に、

化学染料で染めている。

さらには、中国で生産されるイ草の農薬基準がどうなっているか

私の目で見て確認が出来ていません。

また輸入にあたり燻蒸、防虫処理もされている可能性が高いということです。

 

イ草は夏の暑い時期に大きく成長して、内部の発砲性の芯材がふくらみます。

 

これが日本独特の踏み心地になるのですが、中国産のイ草は、

真夏の過酷な刈り取り作業を避けて、「早刈り」といって、

少し早めにかりとる為に、内部の発砲性の芯材が育っておりませんので、

踏み心地も日本のものと異なります。

 

畳の芯材は、昔は稲わらで出来た藁床(わらどこ)でしたが
現在はほとんどポリスチレンボードなどを使っています。

 

ここで使用している畳は、熊本県八代産の有機に近い状態で栽培された畳で
藁床は宮城県産(放射能測定済)の昔ながらの本物の畳を採用しています。

 

当然ながら天然の泥染めです。

(幼児がいる場合には泥初めを行わない場合がある)

 

 

 

6.樹脂などの入った塗り壁(漆喰や珪藻土など)を使っていない

6.樹脂などの入った塗り壁(漆喰や珪藻土など)を使っていない

 

漆喰(しっくい)や珪藻土(けいそうど)は、よく見ると「しっくい風」だったり「珪藻土風」
のものもあります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※土佐漆喰の焼成過程

 

見た目が漆喰でも、実際は違う素材が入れられていたりします。

 

その中には、健康を害するものとそうでないものがあるので注意が必要です。

 

また、乾燥期間や施工のしやすさなどから、樹脂などを混入させるものもあります。

天然素材100%でも、食品糊の比率を高めて固めている為に、

カビが生えやすかったりします。

 

そうした樹脂や接着剤などを使うこと無く、凝結できる素材を選ぶことが大切です。

 

今回は4~6の理由についてお話しました。

 

次回は7~9の理由についてお話します。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 毎週火曜は錦糸町のクライミングジムにいっているのですが

ルートが最近まったく変わらないので

秋葉原のボルダリングジムに浮気することにしました。

 

山もやりたいけど、9月の村上トライアスロンに向けて

スイム、バイク、ランもそろそろやらなくちゃならないし・・・。

午後はルネサンス曳舟でマスターズ水泳行ってきます!

 

 

 

 

 

 【お問い合わせ】  【著者 プロフィール】

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の 

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

 記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

 

 

 

 

UPDATE:2015.07.05
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。