ブログBLOG

キッチン料理の効率をアップする「ワークトライアングル」「人間工学」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的にリフォームをするときは

なんとなく、今の間取りに収まるように

キッチンを入れ替えたりする程度だと

言う方が多いのですが

 

0428__0235

 

実はキッチンそのものの配置を

変えることで便利さは一気にUPします。

 

しかし

それには基本的ルールがあるんです。

 

そのルールは

「ワークトライアングル」と言われるものや

「人間工学」をもとにしたもの。

 

それらをしっかり知ってから

プランを考えなければ

使いづらいキッチンへリフォーム

してしまうことにもなりかねません。

 

今日はそのルールの

「ワークトライアングル」と「人間工学」

についてお話しします。

 

ワークトライアングルとは

ワークトライアングルとは

 

ワークトライアングルとは

「コの字」型、「L字」型、「二」型など、

「I」型キッチン以外の場合に

 

冷蔵庫、シンク、コンロの前の中心を

直線で結んだ三角形のことを言います。

 

WS000001

 

この三角形のひとつの辺が

2歩から3歩で歩け

三角形の辺の合計が3.6m~6mであれば

無駄がなく使い勝手がよい

と言われています。

 

距離が長くなればなるほど

無駄な動きが多く疲れやすくなります。

 

短すぎる場合には

調理や配膳がしづらかったり

収納などのスペースが不足して

使いづらいキッチンとなります。

 

「I」型の場合には三角形とならないので
冷蔵庫を含んだ間口を
2.7m~3.6mにすると

使いやすいと言われています。

 

人間工学とは

人間工学とは

 

人間工学とは一般的に

「人間が本来持っている能力と限界を明かにして、

物や空間の設計をそれに適合させること」

というものです。

 

具体的には使いやすさや使い勝手を

追求する科学です。

 

人間工学

人間工学(にんげんこうがく)は、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問である。また、人々が正しく効率的に動けるように周囲の人的・物的環境を整えて、事故・ミスを可能な限り少なくするための研究を含む。

(wiki)

 

人間工学的に見るキッチンの使いやすさ

人間工学的に見るキッチンの使いやすさ

 

bf06f1781ef0f6534cc9bf2b4b41ce37_s

 

キッチンは様々なものを出したり

仕舞ったりったりしながら

調理や後片付け、配膳など

様々な作業を効率よく行うスペースです。

 

いかに効率の良いレイアウトにするかで

その後の料理の手間ひまも効率も

大きく変わってきてしまいます。

 

以下の図は

キッチンスペシャリストハンドブックから

引用した資料ですが

ご自身の身長を踏まえて

この寸法を多少前後させれば

ご自身にぴったりの寸法が

見つかると思います。

 

使用頻度、大きさ、重さ、

作業の種類を考えた収納位置

 

WS000003

 

 

WS000002

 

キッチンプラン作成の基本公式

キッチンプラン作成の基本公式

 

キッチンプラン作成には

最低限基準となる寸法(公式)が

ありますので、それを知っておき

リフォームのプランニングに生かして下さい。

 

キッチンワークトップ高さ=使う人の身長÷2+3~5㎝

楽に取り出せる吊戸の取手位置=使う人の身長×1.2

調理スペース=まな板の仕様や盛りつけを考えると最低45㎝

 

まとめ

まとめ

キッチンはほとんどの主婦が

毎日立つ場所です。

 

なので、効率が良くなれば

料理はだんぜん楽になり

効率が悪いままだと

料理の手間ひまがとてもかかります。

 

しかもリフォーム後や新居が

現在よりも効率が悪くなると

ストレスは想像を超えるものだと思います。

 

今日お話ししたことは

キッチンの設計の基本中の基本です。

現在のキッチンと比べてみると

もしかしたらもっと効率UPになる

ヒントを見つけられるかもしれません。

 

関連ブログ

キッチンを「使いやすく」「居心地良く」リフォームするコツ

 理想のキッチンを設計者に伝えるコツ

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

様々な奥様とキッチンについて話しをすることがありますが

お一人お一人のキッチンのこだわりは

まさに千差万別!

 

まったく気にしない方もおられますし

細かいディティールにまでこだわる方もおります

 

それにしてもキッチンはシンプルが一番です。

新しい機能はたいがい最初に故障したりして

数年で消えていくものもあります。

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。