ブログBLOG

初期の頃建設された超高層マンションは十分に注意して購入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超高層マンションは様々な問題が

専門家から指摘されていますが

 

e682ea1d596967e9cd162e493bd22daa_s

 

その中でも初期の頃に建てられた

超高層マンションは

構造的にもまだまだ実績が無かったため

問題が起きる可能性を指摘されています。

 

超高層マンションの歴史

超高層マンションの歴史

 

ウィキペディアに詳しく書かれていますが、

日本はもともと住居の高層化の法整備が

進みづらかったようです。

 

もともと戸建の持ち家に住むこだわりが強いことと

災害面での高層住居への不安が強かったことが

その原因と言われています。

 

また、特殊な消防車やはしご車などが

配備できていない自治体が多かったことも

原因の1つです。

 

最初の高層マンションは昭和49年に鹿島建設が

18階建ての自社の社宅を豊島区に建設したことが

マンションの高層化のはじまりで

 

その後住友不動産がさいたま市に21階建ての

分譲マンションを竣工させたのが高層マンションの

第一号と言われています。

 

その後超高層マンションは昭和62年に大阪で

97m以上のマンションが分譲されました。

 

マンションの高層技術が高まると規制緩和で

平成9年に法改正で容積率600%まで許可され

これをきに、超高層マンションが増えることとなりました。

 

超高層マンションの問題点

超高層マンションの問題点

 

超高層マンションでは様々な問題点が

指摘されていますが、

揺れや災害時の弱さなどは

皆さんがご存じの通りです。

 

しかし、それ以前に構造的な問題があります。

それも初期のころの超高層マンションは

まだノウハウが蓄積されていないこともありますので

中古で超高層マンションを買う場合には注意が必要です。

 

超高層マンションの構造上の問題

超高層マンションの構造上の問題

 

初期のころの超高層マンションは

十分なノウハウが蓄積されていなかったので

日照や風圧、防災などについて

当初では想定できなかったことが起きていると言われます。

 

共用廊下の空調や換気が不十分な物件もあり

とても過ごしやすいとはいえないものもあります。

 

それよりも構造上の問題では

躯体は100年を越える耐用年数ですが

建物の外部をつくっている部分は

在来工法による部分も多く

維持、修繕に関しては将来どうなるのか

はっきりしたことがわからないという専門家もいます。

 

超高層マンションの大規模修繕は

一般の工事とは比べものにならない技術を要するし

価格もとても高額になります。

 

また、免震構造の場合には、いずれ免震装置の交換が必要ですが

修繕積立金にその費用を参入していないケースもあると聞きます。

 

また、超高層マンションはひとつの建物に

価格が大きく違う物件が存在します。

 

その為所得格差はあきらかなので

修繕の費用については話しがまとまらなくなる

可能性が高くなっています。

 

いずれにしても、超高層マンションの歴史はまだまだ浅く

将来を予測できないことも多分に含んでいます。

 

くれぐれも超高層マンションを購入する際は

よく検討されることをおすすめします。

 

関連ブログ

高層マンションに住む事による健康障害説は庶民の「ひがみ」なのか

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

フィリピンの児童養護施設の改築工事が終わり

確認作業にいってきました。

子供たちから大歓迎を受けて

1日は子供たちと思い切り海で遊びました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。