ブログBLOG

日本の住宅におけるエネルギー消費量

UPDATE:2013.09.21
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは

 

今日は日本の住宅におけるエネルギー消費量についてお話しします。

 

さて

 

日本の住宅はヨーロッパに比べてどうだと思いますか?

 

 

日本はよっぽどエネルギーロスが多く、

ドイツなんかはエネルギー消費量が極端に少ないようなイメージではないでしょうか。

 

ここで、このグラフをご覧下さい。

書類ベースでしかグラフを持っていないので、ネットでリクシルさんのページから拝借してきました。

WS000001

 

出典:国土交通省委員会資料

 

これを見ると、おや?日本が一番エネルギーロスが少ないではないか!

と思ってしまいますよね。

 

しかし、それは違います。

 

 

原因の一つは人口減少です。

日本には約4700万の世帯がありますが、人口は減少に転じて、

1世帯4人という家庭が減少し、1世帯3人や2人、もしくは単身世帯が増えております。

 

これに対して住宅は5400万戸と世帯数をはるかに上回っています。

 

もう一つの原因は、人口の80%が関東よりも西の暖かい地域に住んでいるということです。

 

しかも、セントラルヒーティングは日本では普及しておらず、一部屋ずつの部分空調で、一時的な運転をしながら過ごしております。

欧米諸国は全館冷暖房が普通の生活ですので、圧倒的に光熱費を使うのです。

 

数字のトリックだけを見てしまうと、以前、国土交通省が言っていた、

 

日本の世帯当たりエネルギー消費量は、世界の先進国に比べて少ないので、

次世代省エネ基準以上の省エネ推奨は不要

 

ということに疑問を持たなくなってしまいます。

 

ところで、この数字の内訳をみると

家電と給湯が圧倒的に多い

 

やはり日本人はきれい好きで風呂好きなんですね。

あとは家電が大好きだということも分かります。

 

アメリカの照明・家電・その他 って何でしょうね?

知っている方是非教えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UPDATE:2013.09.21
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。