ブログBLOG

犬を室内で飼うための無垢の木のフローリング(床)の選び方

UPDATE:2015.11.11
CATEGORY:ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットの飼育率が高まっていますが

特に犬を飼う世帯が増えています。

 

IMG_3638

我が家のハナ(5歳女子)

 

犬を飼ううえで無垢のフローリングって

傷やシミだらけにされそうで

心配という方は多いと思います。

 

今日はペット飼育の現状と

床の素材を選ぶには

どういったものがあるのか

お話ししたいと思います。

 

20軒のうち3軒は犬を飼っている

20軒のうち3軒は犬を飼っている

 

一般社団法人ペットフード協会の調査によると

2014年の犬の飼育頭数は1034万頭

 

飼育率は15%を超えるそうです。

つまり20軒のうち2軒は犬を飼っているということ。

 

また犬の室内飼育率が上昇しており

ここ数年で犬の室内飼育率は80%を

超えてきているようです。

 

犬の室内事故

犬の室内事故

 

室内で犬を飼育するために

一番考えるべきは転倒事故を

防ぐということです。

 

室内飼育の犬のうち

1/3が一年間のうちに何らかの怪我を

していると、2014年のペット総研の

調査でわかっています。

 

事故は脱臼や骨折、椎間板ヘルニアなど

転倒を原因とする事故は

約10%にものぼります。

 

特に、事故の発生場所は

リビングが39.1%を占めているそうで

犬の転倒事故を防ぐためには

床のスベリを抑えることが大切です。

 

肉球でも滑らない新建材

肉級でも滑らない新建材

 

合板のぴかぴかのフローリングは

犬の肉球でもよく滑ります。

なので、最近は肉球でも滑らない

床材が販売されています。

 

しかしこうした建材は

VOC(揮発性有機化合物)が含まれており

室内環境を悪化させますので

おすすめ出来ません。

 

特に、こうした物質は

床付近に沈殿する特性があるので

床で生活することの多い乳幼児

身長の低い幼児

そして、床付近で生活するペットは

影響を受けやすいことで知られています。

 

なので、出来るだけ新建材を

使わないことが、ペットの為にもなります。

 

どうしても無垢の床フローリングにしたい場合

どうしても無垢の床フローリングにしたい場合

 

合板フローリングなどの新建材を使わず

室内飼育の犬に優しい床材とは

どんなものでしょうか。

 

傷もシミも許せない

 

もしくは、広葉樹などの堅い木を選び

ウレタン塗装をし、さらに

肉球の滑らないコーティングをすることで

滑らないということでは

犬に負担のかからない無垢の床になります。

 

しかし、尿や食べこぼしなどの水分は

長時間放置することで、しみになることも

十分ありうるので、心配な場合には

ペットのトイレや食事場所は

タイル張りにするなど

仕上げを変えることをオススメします。

 

合板フローリング同様

ある程度の固さがあるので

傷には強いですが

犬の足への負担はあまり変わりません。

 

傷もシミもOK  足への負担を抑えたい

 

トイレのしつげが出来ている前提であれば

フローリングは無垢の杉などの

やわらかい木が良いでしょう。

ツメもひっかかり、足への負担がやわらぎ

合板や無垢の堅い木より滑りません。

 

杉の無垢のフローリングに荏胡麻塗装をかけて

荏胡麻のワックスを2回程度塗れば

汚れはそれほど気になるほど付着しません。

 

しかし、傷はつきやすので

傷を気にしない方にのみオススメです。

 

 

まとめ

まとめ

 

傷のつかない合板フローリングなどは

そもそも堅いので

犬の足に負担をかけます。

 

フローリング自体を柔らかい杉などに

することで、犬の足への負担がとても和らぎます。

 

新建材でペットにやさしい

と言っている建材はすべて

化学物質を多量に含んでおり

床付近で生活する犬にとっては

全く優しくありません。

 

現代では犬の化学物質過敏症が

問題視されるほど増えております。

 

引っ越し後や犬の飼育直後

痒がったり、脱毛したら

犬の化学物質過敏症を

疑ってみる必要があります。

 

犬に一番優しいのが

柔らかい杉の床材をつかい、

荏胡麻の塗料とワックスをすること。

 

それによって、汚れやシミの心配はありますが

食事やトイレの場所のみタイル張りにしたり

 

余ったフローリングを

トイレや食事スペースに敷き並べたり

シートを敷くことで

それほど汚れの心配はなくなります。

 

お手入れしやすさ

傷のつきづらさも大切ですが

 

可愛いワンちゃんが

どういった環境を望んでいるか

健康でいつまでも元気でいるためには

どうしたらよいかを考えることも

大切ではないでしょうか。

 

関連ブログ

室内でペットを飼う人はリフォームの時に注意すべき事

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

IMG_6582

 

昨日は寒川様に御札を頂きに行ってきました。

新年度恒例の行事として毎年通っていますが

なぜ、東京なのに神奈川の寒川神社まで行くのか?

 

もともと僕は、氏神様である牛嶋様への参拝だけを

していたのですが、

 

あるとき、姉の夢枕に寒川様が現れたことがありました。

そこで、翌日神棚の中をよく片付けたところ

寒川様の神鏡が出てきたのでした。

 

それを見て、父が

そういえばオヤジ(祖父)がうちは寒川様なんだ

とか言ってたなぁ

という話しから、毎年お参りに行くようになったんです。

 

不思議な話ですよね。 

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UPDATE:2015.11.11
CATEGORY:ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。