ブログBLOG

雪山での単独行者が絶対に携行すべきエマージェンシーセット

UPDATE:2015.12.20
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山では予測していたことでも

実際にトラブルが発生すると

対処するのが難しいものです。

 

特に一人での雪山では

できる限り対処できる

生きて帰れるだけの準備が必要です。

 

雪山は雪のない時期の自然とは全く違う様相で

それ故にとても美しさもありますが

準備を怠ると、命の危険が高くなります。

 

なるべく安全な雪山登山をするためにも

必要な準備をするのが

雪山登山を楽しむ人の最低限のルールだと思います。

 

先日は救急セットの中身

ご覧にいれましたが、

今日は雪山でのエマージェンシーセット

 

つまり雪山危機脱出セットについて

お話しします。

 

雪山のエマージェンシーセット

雪山のエマージェンシーセット

 

僕が山に入るときは

先日ご覧いただいた救急セットの他に

危機脱出セットを持って行きます。

 

救急セットが左で

危機脱出の為のエマージェンシーセットは

真ん中と右側です。

 

IMG_6677

 

大きさはこれくらい違います。

 

何が入っているのか

何が入っているのか

 

実際に入っているものをお見せします

これは雪山バージョン

 

IMG_6676

 

エマージェンシーシート

基本的に冬は必ずツエルト持参で

夏場の日帰りなどは

エマージェンシーシートで良いかもしれません。

 

防水マッチ

以前、ライターが使えなくて

かなり焦ったことがある

 

ライター

必ず2コ以上携行

石が飛んだり濡れたり故障します

出来れば100円ライターではなく

信頼出来るライターがオススメ

注入するガスで性能もかわります。

詳しくはコチラ

冬山雪山高所登山で携行すべきライターとは

(2016/1/9公開)

 

ワイヤー

アイゼンやワカン、スノーシューなど
様々な補修用として

細いと結んでも切れてしまいます

出来ればステンレス製が良い

 

ヘッドランプ(予備)

破損、紛失は致命的なので

軽量なものを1つ予備に欲しい

僕は小型のものはシングルテントの

ランタン代わりにしてます。

 

メタ(メタ用のゴトク共)

ガス切れや焚き火の着火剤として

ビバークのお茶を沸かすのにも

 

プライヤー

ワイヤーを使った補修に役立ちます。

最近はさらに軽量小型のプライヤーを使ってます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

無線(144Mhzと430Mhz帯)+アンテナ

当然アマチュア無線免許が必要です

簡単に取得できるので是非挑戦してください。

 

細引き(靴紐)

靴紐が切れたことはありませんが

紐はなにかと役に立ちます。

 

スパッツのゴム

やはり切れたときのことを思うと欲しい

 

各種電池(エナジャイザー)

エナジャイザーの電池は液漏れもせず

低温下でも性能を発揮するので

山岳使用機器の電池は

少し高くてもエナジャイザーがおすすめです。

 

スマホバッテリー&コード

 

 

GPSを携行

GPSを携行

 

GPSは常に携行するようにしています。

登山中はあまり使わず1/25000地形図とコンパスですが

重要な局面での確認作業に使ったりします。

 

また冬山ではホワイトアウトと呼ばれる

足下を含めた視界全体が霧で見えなくなる

状況にも陥ることがあります。

 

その際にGPSはとても頼りになります。

スマホではマイナス15℃とか20℃では

機能しなくなるので

GPSはとても頼りになります。

 

IMG_6675

 

右側がGPSです。

 

ツエルトは必携

ツエルトは必携

 

ツエルトとは布で出来たシェルターのようなもの

と考えて良いかもしれません。

ツエルトは必ずオールシーズン持って行きます。

フレームの無い、簡易テントのようなものです。

一人が横になれるくらいのサイズ

 

広げるとこんな感じです。

 

IMG_2884

 

長い細引きを持って行くと

テント型に使えて室内が広くなります。

細引きがなく、中に入るだけでも大分違います。

 

ヒトココ

ヒトココ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ご存じの方も多いと思いますが

最近少しずつ認知度が上がってきた「ヒトココ」

 

遭難した場合でも3ヶ月ほど信号を発信しつづけて発見を助けます。

 

初期遭難で生存者を探すということもありますが

捜索が長期にわたった場合、

他者に迷惑をかけないという意味合いも強い機器です。

 

単独で山に入るような方は

是非携行することをオススメします。

 

今日の「わかった!」

今日の「わかった!」

 

雪山単独で行く人は

それなりの技術と経験があり

今更ここで調べる人も少ないと思いますが

 

僕が調べた時は意外と情報が少なかったので

僕の場合をすこしまとめてみました。

 

先日、山岳会の新人さんが

「スマホのGPSがあるから大丈夫です!」

と言っていたのですが

やはり1/25000地形図とコンパスが

使えるようになることが一番大事です。

 

その上でGPSはお守り程度

特にスマホのGPSは冬期に使えることは

低温下で作動しないと考えて良いでしょう。

 

結局、地図の読図力と経験値

そして自分の命を守れるだけの体力を

まずつけることが先決です。

 

関連ブログ

登山における救急セットのおすすめの中身とは

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

といいつつ、デカイ荷物を最近担いでないので

軟弱化が進行している僕は

今シーズン、なんとしても体力UPを目指したいと思い

日々頑張っております!

 

それにしてもトライアスロンやトレイルランなど

荷物がほとんど無い状況での有酸素運動は

登山の脚力UPには全く結びつかないということを

強烈に実感しております。

 

心肺機能UPには良いかもしれませんが

重い荷物を担げる体力をつけるには

重い荷物を担いで鍛えるしかないんですかね~・・・。

 

頑張ります・・・。

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2015.12.20
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。