ブログBLOG

子供の勉強机のサイズとは

RELEASE:2021.09.14
CATEGORY:ブログ, 子育てと住まい, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

駿河屋の 一桝です。

 

 

皆さんが子供の頃の勉強机はどんなものでしたか?

 

僕はスチールの頑丈などっかで拾ってきたようなグレーの机を使っていました。

 

昭和の中小企業で使われていたようなものです。

 

サイズは幅1mもなかったように感じます。皆さんのお子さんは、「学習机」と呼ばれる幅1m前後で片側に引き出しのあるタイプでしょうか。

 

机の上には小さな本棚があって、ライトまで設置されていたりしますよね。

 

日本の住宅事情にマッチしてコンパクト設計です。

 

でも、こうした机は実は子供の勉強には不向きなんです。

 

こうした机は教科書とノートを広げると少し窮屈な感じではないでしょうか。

 

資料集や参考書を広げようとしても無理だとおもいます。

 

子供の興味に火がつくと、次から次へと調べたくもなるものです。

 

こうした興味の火を消さないためには、少し広めの机で勉強するのが理想的です。

 

特に勉強の癖をつけさせるためにはなおさら環境が大切になります。

 

年齢てきにもまだ幼い時期なので、リビング隣接の場所に家族のワークスペースとして長いカウンターを設けることをオススメしています。

 

こうした拾いスペースは、子供の興味を広げるのにも十分なスペースがあります。

 

カウンターがなければダイニングテーブルでもかまいません。

 

小さな学習机があって、そこで勉強するのであれば袖机を足してあげるのもよいでしょう。

 

子供の発想は自由で、時に画用紙をはみ出してまで絵に夢中になる時がありますよね。

 

そして、もう一つ大事なこと。

 

勉強が終わったら全て仕舞い、何もない状態に戻す習慣をつけさせることです。

 

これが習慣になると、常に机が綺麗な状態ですので、調べたい時にすぐに調べたりする習慣がつきますので、興味あることを調べる癖がつき、

 

自然と学習へのハードルが下がってくるんです。

 

もっと詳しい話しを聞きたい方は、下記から無料のプレゼント動画で「ブログではお伝え出来ない事」を詳しく解説しています!

 

きっとお役に立てると思います! ※不動産探しからの方は両方のバナーもクリックして動画を受け取ってください。

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリノベーション(フルリフォーム) 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リノベーション(フルリフォーム)・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124イイニホン-029オーガニック

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。