ブログBLOG

住宅の解体理由「暮らしに合わなくなった」に陥らない知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の住宅は20年から30年程度で解体されているという現実があります。

その理由は老朽化だけではなく「暮らしに合わなくなってきたから」です。

 

では暮らしの変化にフレキシブルに対応出来る住宅であれば、解体される数はもっと減ったかもしれません。

 

では暮らしの変化にフレキシブルに対応出来る住宅と出来ない住宅とは、何が違うのでしょうか。

 

 

 

暮らしの変化に対応するとは

 

1 (253)

 

暮らしの変化に「対応出来る住宅」と「出来ない住宅」とは、一体なにが違うのでしょうか。

それは主に間取りだったり建具(扉や戸)などの寸法、住宅の設備などです。

 

間取りは家族の変化によって柔軟に変更できないと、とても不便を感じる家になってしまいます。

子供が小さいときは、積極的にスキンシップの取れる間取りが必要です。

中学生になってくると、少しずつ自立心が芽生えてくるので、テリトリーの形成を助ける部屋やスペースが必要になってきます。

 

子育てが終わったら、夫婦が楽しめる間取りに戻したり、趣味を楽しめたりする間取りになると休日も充実するでしょう。

 

でも、子育て世代から老後まで、全く同じ間取りというのは想像できますか?

 

無駄なスペースも出来るし、そうした場所は物置か納戸として使うしかなくなってしまいます。

 

間取りを自由に変えられない家というのは、生活の質、住まい方、行き方すら雑になってしまう可能性を秘めています。

 

なので、生活に合わなくなってくると解体して立て直すという考えに至ってしまうのは、ごく自然なことなのだと思います。

 

しかし、近年はスクラップアンドビルドではなく、なるべくリフォームをして住まいましょうという考えが一般的になってきています。

 

それでも、間取りの変更の出来る家と出来ない家があるのです。

 

 

 

 

 

暮らしの変化にフレキシブルに対応出来る住宅

 

P1220280

冬山大好き家より快適

 

木造軸組工法の住宅

木造軸組工法の住宅は現代の一般的な住宅です。

柱と梁で構成されており、壁を強くして地震に耐える住宅です。

 

日本では一番多い住宅の工法です。

こうした工法の古い住宅は日本に沢山あります。

こうした住宅の耐震補強工事を推進する国が助成金を出している関係で、構造計算ソフトも一般的に流通しており、少し勉強をすれば使いこなすのは簡単です。

 

なので、古い住宅の耐震補強の計算をしながら、間取りの変更なども結構簡単にできるものです。

 

木造軸組工法の住宅は、間取り変更などフレキシブルに対応出来る住宅なのです。

 

 

 

ラーメン構造のマンション

 

1 (316)

喜多方ラーメン

 

ラーメン構造と聞いてラーメンを思い浮かべる方も多いと思いますが、全く関係ないです(笑)

「ラーメン」とはドイツ語で「額縁」という意味です。

柱と梁で構成される構造を建築用語で呼ぶのですが、マンションも柱と梁を床(天井)で構成されるラーメン構造です。

 

マンションは、そうしたラーメン構造の鉄筋コンクリート造の構造体の中を、造作工事と呼ばれる内装工事をほどこした住宅です。

なので、中にあるものは基本的に全て解体、撤去できますし、ある意味耐震的視点から考えれば構造体として全く関係ないので自由自在です。

 

唯一、制約があるとすれば、水回りの移動が出来るマンションと出来ないマンションがあるくらいです。

 

ここら辺を知りたい方は僕の過去のブログ

「マンションの水回り位置を大幅に変えたい場合の手法と注意すること」

を読んで頂ければ理解出来ます。

 

なんで「ラーメン構造のマンション」と限定しているかというと、間取り変更が出来ない「壁構造のマンション」というものもあるからです。

 

 

 

暮らしの変化にフレキシブルに対応出来ない住宅

 

1 (129)

当家の墓石 ぜんぜんフレキシブルではない

 

 

では「暮らしの変化にフレキシブルに対応できない住宅」とはどんな住宅でしょうか。

 

 

 

壁構造の鉄筋コンクリート造

ラーメン構造のマンションのところで少し触れましたが、「壁構造の鉄筋コンクリート造」の住宅があります。

昭和40年あたりの公団型のマンションなんかに比較的多いように感じますが、他のマンションでもたまに壁構造のマンションもみかけます。

 

この、壁構造という構造は、一般的に柱と梁で構成しているのではなく、壁そのものに強度を持たせて構造計算をしています。

なので、柱や梁という概念はないのです。

 

あるとすれば、壁のような形の柱、サッシやドアの上の壁を梁と考えることでしょうか。

(実際、鉄筋の組み方は壁だけど柱や梁のように組む)

 

逆に言えば、壁が柱や梁なので、簡単に撤去や移動が出来ないということです。

 

つまり

 

「間取りの変更が出来ない」=「暮らしの変化に対応出来ない」

 

なので、壁構造の鉄筋コンクリート造のマンションは暮らしの変化に対応しづらい住宅と言えます。

 

 

 

ツーバイフォー住宅

2×4住宅とも書きますが、ツーバイフォー住宅はもともとアメリカから来た住宅を建てる工法で、合板を貼り合わせて壁を強くして建てる工法です。

 

壁構造の鉄筋コンクリートの合板バージョンとも言えます。

 

こうした工法も安易に間取りを変えることが出来ないので「暮らしの変化に対応できない」もしくはしづらい住宅と言えます。

 

 

 

ハウスメーカーの特殊工法

ハウスメーカーの特殊工法の住宅があります。

間取りの変更は普通の会社では出来ません。

構造計算が出来ないし、新築当初の構造計算書もありません。

 

出来るとすれば、新築したハウスメーカーに依頼すれば、出来るかもしれません。

 

 

 

今日の「わかった!」

 

住宅が数十年で解体されてしまう理由の1つに「暮らしに合わなくなってきたから」という理由があります。

 

「暮らしに合わない住宅」というのは、家族の変化によってフレキシブルに間取りの変更が出来ない住宅というのが大きい理由の1つです。

 

こうした「家族の変化にフレキシブルに変化できない住宅」とは、壁構造の鉄筋コンクリート造のマンションだったり、ツーバイフォー住宅だったり、ハウスメーカーの特殊工法だったりします。

 

逆に「家族の変化にフレキシブルに対応出来る住宅」とは、ラーメン構造のマンションだったり、木造軸組工法の住宅だったりします。

 

住宅を新築したり、購入したりするときは、ここらへんの視点も合わせながら検討することが大事です。

 

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

昨日は勉強会のあとの懇親会は久しぶりの神谷バー。

神谷バーは住所が浅草1-1-1でも有名です。

 

創業者は神谷伝兵衛で、私の祖父を可愛がってくれていたと聞いています。

昔の神谷バーのお酒のケースなどは駿河屋の木を使ってくれていたのだそう。

 

お世話になっておりますという気持ちで乾杯しました。

 

相変わらずデカイ 大生

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。