ブログBLOG

珪藻土と漆喰で悩んだら

RELEASE:2022.03.24
CATEGORY:ブログ, 健康, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

 

駿河屋の 一桝です。

 

 

珪藻土(けいそうど)と漆喰(しっくい)どちらの左官屋さんがコテで塗る「塗壁」(ぬりかべ)です。

 

どっちがよいのかなー?

 

という方も多いと思います。

 

 

 

〇色

 

白い壁が好きな方に漆喰の白さは魅力なのではないでしょうか。

 

でも、珪藻土に白土と呼ばれる白い土を混ぜたり、ゼオライトやパーライトなどの鉱物をまぜて作ったもので白に近い材料もあります。

 

真っ白い壁は室内では少しとげとげしくなります。

 

コピー用紙の白さを壁にあててみると

 

「なんかちがうなー」

 

と思ったりすると思います。

 

ちょっとアイボリーがかった白でも、かなり白く感じますし、それくらいの白さのほうが暖かさを感じるとおもいます。

 

 

 

〇質感

 

珪藻土と漆喰での違い二つ目は、

 

「フラットかコテ波か」

 

です。

 

漆喰はコテでしっかり押さえるので、コテムラがなくフラットに仕上がります。

 

珪藻土はフラットに押さえることが出来ないので、なんとなく陰影を付けたり、意図的にクシで引いたような柄をつけたり、波もようを付けたり様々なことが出来ます。

 

壁に職人の手作業のような暖かさを求めたい場合には、珪藻土のほうが良いかもしれません。

 

※漆喰でもコテムラを付けられるものもあります。

 

 

 

〇調湿効果

 

漆喰も珪藻土もどちらも調湿効果はありますが、性能が高いのは珪藻土の方です。

 

漆喰はもともと防火の為にお城などに塗られていたものですが、古民家でも使われていますし、そうした壁は調湿効果があります。

 

しかし、漆喰自体ではなく、古民家の漆喰の下に塗られている土壁とともに「調湿効果」があるので、現代建築の石膏ボードの上から塗るだけでは、珪藻土ほど調湿効果は期待できません。

 

調湿効果を求めるなら珪藻土のほうが性能は高いです。

 

 

 

〇メンテナンス性

 

珪藻土も漆喰も、一部のメーカーが自然由来成分以外を入れてつくっているものは、補修などしづらいものがあります。

 

厳選珪藻土でには樹脂などの化学物質を混ぜておらず、自然由来成分のみなのでキズや、ガビョウの穴などは、水を含ましてなじませるだけで再び土のように戻り、補修可能です。

 

 

 

もっと詳しい話しを聞きたい方は、下記から無料のプレゼント動画で「ブログではお伝え出来ない事」を詳しく解説しています!

 

きっとお役に立てると思います! ※不動産探しからの方は両方のバナーもクリックして動画を受け取ってください。

 

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリノベーション(フルリフォーム) 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リノベーション(フルリフォーム)・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124イイニホン-029オーガニック

< 事業エリア >

東京 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市

千葉 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市

埼玉 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市

神奈川 川崎市

※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。