ブログBLOG

マンションはリノベ前提で買うなら床の構造をチェックを忘れずに!

RELEASE:2021.02.23
CATEGORY:ブログ, マンションについて, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。  

 

駿河屋の 一桝です。  

 

 

中古マンション購入費用とリノベーション費用を考える時、  

 

どのようなバランスが一番良いかは、購入する物件の年代によって大分変わってきます。  

 

それは、断熱工事をするかどうかで、大きく変わってくるからです。  

 

通常、2000年以降のマンションであれば、最低限の断熱性能は確保されていると考えてよいでしょう。  

 

なので予算に余裕がなければ、2000年以降のマンションで断熱工事はしないという選択でも可です。  

 

それ以外に大きな要素となってくるものがあります。  

 

それは、床の構造にあります。  

 

マンションは新築時の建設コストを抑えるために、床のコンクリートに直接フローリングを貼っている物件があります。  

 

これを「直貼りフローリング」といいます。  

 

こうした物件に無垢のフローリングを貼るには「二重床」にする必要があります。  

 

二重床にするために、全体の床を解体して再度組み直す必要があります。  

 

その為、キッチンなどのみずまわり、扉などが古くなくても床の高さ全体が上がってしまうことになるので、

 

全てをやり直す必要が出てくる可能性があります。  

 

なので、二重床になっておらず、床のコンクリートに直接フローリングが貼ってある  

 

「直貼りフローリング」  

 

の物件を購入する場合には、そうした高さ関係に十分注意して購入するようにしてください。  

 

もっと詳しい話しを聞きたい方は、下記から無料のプレゼント動画で「ブログではお伝え出来ない事」を詳しく解説しています!  

 

きっとお役に立てると思います!   ※不動産探しからの方は両方のバナーもクリックして動画を受け取ってください。

 

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古マンション探し×「自然素材」を使ったリノベーション(フルリフォーム) 叶える理想の住まい
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リノベーション(フルリフォーム)・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124イイニホン-029オーガニック

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。