ブログBLOG

バスルームやトイレの事故を考える

UPDATE:2013.05.23
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭内事故の調査によると、バスルームでの事故死が全体の28%を占めています。

その中で、お年寄りの87%がお風呂で亡くなっています。

事故の主な原因は溺死と転倒です。
溺死には心臓発作のような、何らかの疾病が原因で起きたもの
またはヒートショックなども含んでおり、特に高齢者にリスクが高くなっています。
ヒートショックのリスクを避けるためには、浴室暖房を採用したり
窓ガラスや壁の断熱性能を上げるなどのように
温度差を減らすことがとても大切になってきます。
また、転倒の防止には、水はけのよい床材や手摺の設置など
そして浴槽自体のまたぎの高さを低い物に代えるなどのリフォームが
必要です。
トイレでも同様の問題があります。
冬期のヒートショックは当然のことながら
転倒がとても多い場所です。
手摺を設置して立ち上がりをサポートしたり
扉は引戸や外開きにが望ましいです。
なぜなら、内開き(トイレ内部に開く扉)ですと、トイレの中で倒れた場合
ドアを明けることが出来ないからです。
さらに、昭和の戸建て住宅にありがちな、トイレのちょっとした段差を
解消することも重要です。
ヒートショック対策には、トイレに小さな暖房器具を入れたり
窓の断熱性を高めることをお勧めします。

参考)厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii06/deth18.html

UPDATE:2013.05.23
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。