ブログBLOG

「なぜリフォームで失敗してしまったのか」から学ぶ大事なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅をリフォームしようと思う理由は人それぞれ違っています。

お風呂やキッチンなどの設備が古くなったので新しくしたい人や、建物自体の老朽化により、メンテナンスをする人。

家族の成長による間取り変更やイメージチェンジ。

それらを大きくまとめて一言で言うと「もっと快適に暮らしたい」ではないでしょうか。

 

でも、「もっと快適に暮らしたい」という言葉は漠然としすぎて、方向性がわかりません。

このままスタートしてしまうと、思わぬ失敗をしてしまいます。

 

今日はリフォームで失敗をしたお話しを伺ったので、許可を頂いてお伝えしながら

「なぜリフォームで失敗してしまったのか」から学ぶ大事なことをお伝えします。

 

 

間違ってしまったリフォーム

 

 

ある方の聞いた話しです。

 

A子さん(40代)は、両親から受け継いだ小さな戸建て住宅に、ご主人と子供2人と暮らしていました。

 

キッチンがもう大分古くなってきたので、そろそろ変えるためにリフォームを検討したそうです。

キッチンの交換とともに、リビングの方向を向いた明るいキッチンにして、リビングのイメージもあかるくするプランをたてました。

 

家族からも了解をもらいプランと見積もりをリフォーム会社からもらったそうです。

 

そのプランを見て、子供たちは個室の子供部屋を望み、ご主人はタイル張りの寒いお風呂をユニットバスの広くて暖かいお風呂にしたいと言い出しました。

 

結局、予算があわず、子供たちに個室を与え、ご主人のためにお風呂を新しくするプランに変更したそうです。

 

結果、個室を与えられた子供たちはリビングに出てくることが無くなり、ご主人は長風呂になり、キッチンとリビングは今まで通り暗いままで以前よりも家族が集まらなくなったと聞きました。

 

 

 

なぜリフォームを失敗してしまったのか

 

 

A子さんは古いキッチンを交換して、家族の団らんをつくりたかったはずです。

 

しかし、そこをしっかりと認識していなかったために、家族の勝手な要望に流されてしまいました。

 

本来リフォームは家族の中の1人だけが考えるものではありません。

 

そこで暮らす家族みんなで話し合い、何を優先するのか、その為の優先順位はなんなのか、ということをじっくりと話し合わなければならないのです。

 

特に、その場の不便さだけで対処療法的に行うリフォームも失敗します。

 

必ず家族の長い時間軸でかんがえながら予算の配分や貯金をすることも必要です。

 

リフォームは家族みんなで相談して考え進めるものでありますし、家族の長い時間軸で計画的に進めるものでもあるのです。

 

 

 

今日の「わかった!」

 

 

リフォームを思い立つ理由は人それぞれですが、家族の中の1人で進めると失敗します。

 

必ず住んでいる家族全員で相談をしながら全員参加型で進めるのがとても大切です。

 

その話し合いの中で、「今回のリフォームの目的は何か」をちゃんと決めることです。

 

「リフォームの目的は何か」を決めることで、方向性が定まり、家族の意見をまとめることが出来ます。

 

また、横道に逸れそうになった時にも、方向性が定まっていれば道を間違うこともありません。

 

私たちはそうした方向を導き出す「家づくり羅針盤」というものを活用しています。

 

家族全員がこの「家づくり羅針盤」を書き、家族と共有することで、お互いがお互いの家に対する思いや考えに気づき、お互いを尊重しながら正しい方向を、正しい順序で進めることが出来るのです。

 

リフォームはその場の欲求だけでなく、長い時間軸で考えることも大切です。

 

家族の成長とともに変化する家に求める機能は、長い時間軸で考えないと見えてきませんし、予算の適切な配分や貯蓄まで思いが行き届きません。

 

くれぐれも一時的な1人の思いだけで突っ走らないようにしてくださいね。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

嬉しいことに昨日は以前所属していた山岳会の友人が、自宅の相談にきてくれました。

 

勤務先と遠距離であったり、住まい方がしっくりこなかったりと感じている様子だったので、思い切って売却や購入、資金計画であるライフプランの提案をしました。

 

以前は家をつくることしか出来ませんでしたが、こうした切り口で、友人の最善を多面的に探すことが出来るようになったことが嬉しかったです。

 

そういえばハナシは変わりますが

ここだけのハナシ、昨日地元のある方がご自宅の相談にみえました。

 

帰り際に言っていたのが、僕たちが長年地元の障がい者施設のお祭りの手伝いなどをしているのを知っていたこと。

 

地元の皆さんはしっかり見ているんだなぁと背筋が伸びる思いでした。

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。